ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

いよいよこの日が来たか…というのが率直な気持ち。


それは長年連れ添った”三河ナンバー”を返却し、”宮城ナンバー”に更新すること。

本来は…住所変更後1か月以内に速やかにナンバー変更しなければならないが、宮城で三河ナンバーを付けているレア感と名残惜しさでギリギリまで変更を拒んでいた。


しかし、これ以上引っ張ると自動車税脱税になってしまう可能性があるので、覚悟を決めて準備して変更手続きを行った。





イメージ 1

久し振りに陸運局に出向いての手続き、とても面倒だが更にそれに拍車をかけるのが陸運局の少なさと場所。

愛知県はさすがは車産業の街、小さな県ながら支局がたくさんあって旧アジトからも近かったので楽だった。



ところが宮城は県でたった一つ、仙台市の東に1件のみ、手続きだけで80km以上の移動が必要!!




イメージ 2

それなりにクルマの登録数は多い宮城で陸運局一つなので、当然混雑している、御覧の賑わいだ。



イメージ 3

2つの建物を行ったり来たりしてナンバー取り外し、7年共に過ごしたこのナンバー、思い出がいっぱいだなぁ。
(少し泣けてきた


ナンバー返却して手続きして新”宮城ナンバー”の交付を受け、取り付け。
最後に封印確認して約1時間の儀式、終了〜!長かった〜。


イメージ 4

ナンバーの文字・数字が変わっただけで異常な違和感…本当は新アジトに住むならこれが必然なのだが、慣れるまでは時間がかかりそうだ。




さて、こうして宮城ナンバーになったコルトだが、その直後にまたしてもヘッドライトが不点灯事件が発生。

今度は以前修理したのとは反対の助手席側の異常…
どちらも寿命に近かったという事か。



そんなわけですぐに修理に入った、慣れたものでフロントバンパー取り外しも15分あれば可能!

イメージ 10


完全に外さなくてもライト回り脱着ができることを悟ったのも大きい。


イメージ 5

どうせライト外すならということで気に入らなかった前回交換のHIDバーナーをHIビームバルブと同じPHILIPS製に変更もする。


イメージ 6

イメージ 7

ここで手に入れていた中古ヘッドライトから、おそらく故障個所と思われるアダプタを取り外し、交換。


イメージ 8

見事ヘッドライト修理完了、やはり2度目の作業は早くできて我ながら感動だ。

そして新たに取り付けた純正交換型高効率HIDバーナー…前取り付けたものとケタ違いに明るいし、色合いが良い。

今回は完全に『安かろう悪かろう』を実感。
ここはケチるべきところじゃなかったなーと反省、良い勉強になった。




その後日、今度は内装のリペアを実施。
内容としてはシフトノブとシフトブーツの交換だ。

実は夏の車検時にシフトノブのシフトパターンがすり減って見づらくなり、車検時に注意受けるかもと指摘されていた。


イメージ 9

確かに読めなくはないがくっきりとはしていない、7年分の摩耗だな、一番手が触れるところだし仕方ない事。


イメージ 11

そしてそこから目線を落とすとノブ根元のブーツの表皮剥がれがあることが分かる。

ここも良く動かすとこだし直射日光受けやすい所なんで劣化もするだろう、ここがぼろいと一気に車が古く見えるのでキレイにしたい。



イメージ 12

それぞれ交換部品を用意して作業に入る、純正のシフトノブは結構な値段するので某ネットオークションで半額で入手のジュラコン製に。
シフトブーツも見た目綺麗な中古部品を某ネットオークションで調達した。



イメージ 13

さて交換作業に入る、コルト購入時にクイックシフトとか取り付けた時以来のセンターコンソール外し。


イメージ 14

シフターとのご対面も7年ぶり、そしたらクイックシフトの各丸軸受け部分の摩耗粉がたくさん落ちてるっ!!


イメージ 15

当然常に摩擦が生じるところだから仕方ないが、今までメンテしたことなかったから衝撃だった…


新たに入手したドライ型フッ素潤滑剤を吹き付けておいたが、この影響でシフトフィールが激向上!!


本当に気付かない部分ではあるがメンテナンスは大事だなと再認識させてくれる出来事だった。


RALLIARTジュラコンノブだが、ネジの中身に切削屑がたっぷり入ったまま…
これ、本気で売り物なのか?と疑うほど。
もしかして出品者のお手製とも勘ぐったが、製品だと書かれているのでそれは信じよう。
にしても粗末な造りだとぶつぶつ言いながら切削屑を取り出して、ネジに合うアタッチメント取り付けてねじ込む。



シフトノブ&ブーツ交換完了、ノブにパターンが刻まれていないのでパターン明示を貼り付けて全作業終了。


イメージ 16

ノブは径が小さくなった分、最初は握りに違和感あったがもう慣れた。



やはり小物とはいえ、劣化部分が更新されれるととても気持ち良い。
こうして今日も元気にキビキビ走る愛車コルトであった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事