ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

昨日4/13は1日めいっぱい作業していて疲れ果ててよく眠れた。


そして目覚めた次の日はチューンナップしたばかりのTyrell FXをコルトに積み込んで、一路気仙沼を目指した。

気仙沼では以前訪れた気仙沼大島へ渡る橋が先週開通し、陸路で上陸できるようになったのだ。
去年9月にツールド東北後に訪れて以来の大島へ、橋を渡って行ってみようという試みだ。




イメージ 1

そんなわけで気仙沼フェリー埠頭近くまで来ると今までなかったコインパーキングが設置されており、景色は様変わりしていた。

やはり日々復興は続いているんだなと実感する瞬間だ。



ここでFXを走行状態に戻し、iphoneでルートを確認し出発する。


途中にはいくつか大島へのルート案内があり、迷う事は無かったが…


イメージ 2

やはり同じように大島に渡ろうとする車の列が続き、渋滞気味。
石をはねないように注意しながら車の列の横を走り抜け、大島大橋の方へ走っていった。



新しい道にトンネルを抜けた先に橋の交通情報を表示した電光掲示板、発見。


イメージ 3

『気仙沼大島大橋、祝開通』


その先に橋があったが、歩道や出入り口付近の駐車場は混雑しており、邪魔にならないように素早く写真撮ってスルー。


イメージ 4

船での移動も味があって良かったが橋で簡単に渡れるのはとてもスムーズで楽になったなと思う。


イメージ 5

橋の周りの景色も晴天も手伝って素晴らしかった。




さて、大島へ渡ると前回来た時とは打って変わって車の列が続く続く。。。




こうなってしまうのも考え物だなあと思いつつ注意して走って向かうは、
大島の最高峰・亀山!


スプロケや昨日チェーンリングを交換して登坂能力も上がって、更に自分もZWIFTで体力を取り戻しつつあったのでヒルクライムリベンジだ。

去年は亀山山頂近くまで車で行けたが、今は交通規制して途中からは専用マイクロバスでしか行けなくなっていた。
誘導員さんのOKをもらい亀山に挑むも、途中でマイクロバス通るために足付いたから結果はドローか?


ともかく最後の最後は斜度が一気に上がりキツイことに変わりない亀山をそれ以降は足付かずに走ったから、良しとしたい。




イメージ 6

相変わらずの大パノラマは迫力満点で上り甲斐のある景色だ。


少し景色眺めた後に呼吸整えて下っていく。



イメージ 7

下り切った先にある元フェリー乗り場の港…なんだかとても寂しい。

やはり去年1度船でこの島に渡った経験は大きいなと思う、便利と引き換えにそんな景色が時代と共に消えていくんだと勝手に思い吹ける。


イメージ 8

帰り道に造船所もあってその迫力に圧倒される。



あっという間に駐車場まで帰ってきて昼食とする。


近くにある一時期は混雑で待たずに入れなかった気仙沼かもめ食堂に運よくスルーで入店できた。


イメージ 9

イメージ 10

醤油ラーメンと角煮丼のセット、うまかったです。




そして着替えてから別の場所に向かう。


開館した3/10に入れなかった気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館だ。

イメージ 11

イメージ 12

ここは被災した元・向洋高校の跡地をそのまま残し、震災当時の津波の恐ろしさを伝える施設して開館した場所である。

ツールド東北等で近くは何度も来たことはあるが、この中を覗きここで何が起きたかを知るのは初めてであった。
シアタールームで衝撃の映像を見た後に実際の校舎内を見て回ると、そこには想像以上のものが広がっており言葉が出なかった。


イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

この地で起きた災害は本当に…本当に自分が想像する以上に巨大なものだったんだと今更ながら思う。


何度も東北を訪れ、今はその地を拠点として生きている自分ではあるがまだまだ知らない事ばかり。

これからも少しでもこの地に貢献できるように頑張ろうと改めて考える1日となった。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事