ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

さて、ようやくGWの自転車旅についてを書いていこうと思う。



東北に越してきた時からいつかは実行しようと考えていた
『実家まで自転車で帰る』という一つの目的。


最短で行けば300kmもない距離だがきっと面白い場所も景色も期待できない。

なので東の三陸海岸線をずっと北上していくルートを行こうと思う、約450km。
決して近い距離ではないが今まで経験してきた全てを使って(輪行含む)、のんびりと何日かに分ければ全く問題ない距離。




計画は1年以上前からいろいろ考えてはいたものの、なかなか実行に移すチャンスが無く…





こういう時こそ大事なのが”勢い”



そう、ちょっとしたことでも本当に無謀なことではない限り始めてしまった方が良い結果になる事、良い思い出になることが多いと感じてきた。

確かに最近の練習不足や準備にかける時間の少なさから心配はあれども、やってみたらきっとうまくいく!きっと楽しいはず!と自分を鼓舞して忙しかった3月4月を過ごしてきた。



以前書いたブログにあるように最低限の準備は済ませておいたので、出発準備日として設定していたGW初日を目一杯使って無事に用意は整った。




体調は問題ないが、心配なことはいくつかあった。




それは天気…なんと気温が例年よりも低いらしく、実家到着予定の3日後は雨に降られそうなのだ。

とりあえず旅するなら天気対応は絶対条件、荷物は多くなるが雨具と着替えを追加で用意している分、荷物がかさむ。。。






それでも出発当日の4/28は気持ち良い快晴で出発、空気に風は冷たいが太陽がさんさんと降り注ぐ空は旅立つ日にはとても良い日だ。

今年の春は到来が遅く、アジト近くでもちょっと前まで桜が楽しめたが流石にもう終わりだった。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

それでも途中ではソメイヨシノがまだ咲いていたり、他の品種の花は満開だったり、鯉のぼりや菜の花が景色を彩る。

なんだかんだ言って春が来ているんだなと実感しながらゆっくりとペダルを漕いだ。




無理しないで行けるスケジュールを組んでおいたおかげで、時々足を止めて景色を愛でる余裕がある。
自転車旅はこうじゃなくちゃな。

急いでいるつもりは無いが、運よく追い風が続きCR1も新タイヤのおかげか軽快に走ってくれて、予定よりもスイスイと距離が蓄積されていく。





イメージ 4

あっという間に気仙沼市の境に到着、去年の夏の道の駅スタンプラリーライド以来の越境だ。

ここまで来ると気温も上がってきて軽装備に変更しても良さそうな感じ。


イメージ 5

先ずはロングタイプのグローブを指出しに変更、レバー操作とカメラ操作が格段に楽だ。





イメージ 7

そして待望の海が目に飛び込んでくる、春の日差しは海の青をより鮮明に見せてくれているようだ。


イメージ 6

トイレ休憩に道の駅・大谷海岸に入ると流石は全国10連休のGWなだけあって、混んでる混んでる。




その先から気仙沼市の街中を走り抜けるが、交通量が多いし路肩に砂利は多いし道路は凸凹で本当に走りにくい。

イメージ 8

ようやく街を抜けてゆったり走れるかな…と思ったのもつかの間、今度は狭い道で苦戦…






当然、『安全第一』!









クルマ・歩行者に細心の注意を払いながら進んだ。

イメージ 9

時間は昼前だったが、少し空腹感が増してきたのでコンビニで小休止と補給。
だいぶ快適な気温になってきたので、買ったパンとコーヒー片手に今後のルートを予習。
もうそろそろ宮城県を抜けて岩手県突入の県境が現れるはず。


アジトから真北に進めば数十分で岩手県一関市だが、海沿いの陸前高田市まではそれなりの距離だな(笑)

補給を済ませたら軽くストレッチして体をほぐして再出発。
予定は3日間の走行、その間、自転車もカラダもトラブル無いよう走るために。






つづく

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事