ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

4/30に三陸海岸線を列車・自転車で2泊3日で旅をし実家到着。
その後、令和初めを2日間過ごし5/3に期間の途に就くこととしていた。


2019年GWは世紀の大連休だったので混み合うと輪行が困難と思ったので、早めの行動だ。
クルマならいつでも気軽に戻ってこれるしね。


そんなわけで5/3早朝に準備済まし出発、当初は自転車乗って7km先の新幹線駅に自走で向かう予定だったが弟が運んでくれるという事で言葉に甘えた。


駅構内は連休の影響でそこそこの人だったが、輪行袋は迷惑にならない程度。




イメージ 1

始発時間を選んでおいて正解だった、予約していた車両最後部席後の荷物置きスペースも使えて安心の移動。




そして約50分であっという間に盛岡駅、ルートラボのデータだと実家からここまで約140kmで山越えもある。
時間にして6時間以上かかる、新幹線、速いなあと実感。


イメージ 2

盛岡駅、快晴で風が気持ちいい、最高の自転車日和だ。





イメージ 3

輪行袋からCR1出して出発準備、完了。


出発直後は街中なので進んでる方角も分かりにくいし、ストップ&ゴーが多くて大変だったが、それもすぐに終わった。


イメージ 4

背中にまだ雪化粧の岩手山を背負いつつ、アジト方角の南へひた走る。



今回も当然ながら大きな国道を避けての走行、ということは田舎道走行がメイン。
なので当然補給に苦しむ…コンビニがなかなか見つからず。

イメージ 7

最初のコンビニポイントは一つコンビニ停まらずに素通りしたら40kmも走らなきゃいけなくなり。。。


そうそう、今回の旅ではBrytonのルートナビ機能が大活躍


イメージ 5

あまり詳しいルート表示は無いが、それでもルートが合っているか、標高差はどれくらいかが分かるだけでもかなり安心感が違う。
自分の体力コントロールもしやすく、買っておいてよかった〜と今更ながら感動していた。



紫波町を抜け、北上市に入るとまた景色が変わってきた。


イメージ 6

それでも三陸海岸ほどの魅力は無く、少し寂しいが遠くに見える山々の景色は涼しさを与えてくれる。



イメージ 8

桜の名所・展勝地にはたくさんの観光客、寒さが残った2019年春だったがもうすでに桜はすべて葉桜。
それでもこの北上川沿いの空気感はのんびり過ごすには良いかもしれない。





北上市を抜けた先は水沢江刺、なんだか祭りもやっていて賑やかだった。

イメージ 9

75km地点で2度目のコンビニ休憩、なんかおいしい食事処見つけるのも面倒だったので軽い昼食で済ます。


イメージ 10

チョコミントドーナツ、なかなか微妙な味わいだった(笑)



昼過ぎると少し汗ばむ気温になってきて、水分補給が増える。

それでも巡行してると気持ちいいが、冬用のインナーはちょっと暑いな…着替えるの面倒なので最後まで走ったけどさ。



平泉町に入ったら久し振りに国道4号線に合流し、勝手知ったる道を走る、やはり交通量が多く緊張する。


イメージ 11

一関市からは歩道をゆっくりと走行、途中で水分補給の為に自販機前で停車、こんな時のコーラが抜群にうまい!!




イメージ 12

そして6日ぶりに宮城県に入る、何度かこの看板下を通ったが今回ばかりは心の底から『帰ってきたっ!』という気持ちが湧いた。

後は下り坂メインなのでブレーキコントロールに気を付けながら進む。
風は少し向かい風だが、これがアジト付近では当たり前なので慣れちゃったな。





イメージ 13

アジト近所の鉄道公園では保存車両に乗り込めるイベントやってて、家族連れでにぎわっていた。








イメージ 14

そして遂にゴール!!6日ぶりに愛車コルトのもとに戻ってきた。



イメージ 15

本日の走行距離130km、平均時速は久し振りに26km/hを超えててだいぶ激走だったんだなと最後に思い返す。
ルート全体が下り基調というのも影響あると思うが、景色単調でひたすら走ってたのが一番の理由。


こうして無事にGW自転車旅はトラブルも無く楽しく終えることができた。


終わってみて少しスケジュールやルートに心配事はあったけど、勢いで飛び出して良かったと思う。

ここ最近は忙しさでまた自転車乗る機会が減ってしまっているが、このブログを1か月ぶりに書いて少しモチベーションが戻ってきた。
丁度梅雨時期で外は雨模様だが、先ずは室内トレーニングからやっていこうと思う。





おわり

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事