ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

5/18、いつものように早朝目が覚めてしまう、いかん、仕事のクセだ。


この日は明日のイベント移動日で昼過ぎ出発で十分間に合うので、ゆっくり寝るはずだったのに。。。

一度目が覚めると2度寝できない体質なので、先ずは出発準備をするがすぐに終わってしまう。
さて、どうするか?とコルトに積み込まれたCR1やそのほか荷物のせいで広くなった部屋を見渡す。



イメージ 1

そんな時に目に入ったホイール、フルクラム レーシングクアトロ
主にREACTOに履かせている練習ホイール。
そういえばずいぶん長く乗ってるけどハブメンテしてないな…




イメージ 2

そこから勢いでホイールメンテ開始、気が付けばフロントハブのカバーを外していた(笑)
フロントハブはフリーが無い分、構造は単純、なので初見でいろいろ確認しながらでも十分対応できた。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

MAVICのメンテやってた経験が生きて、両端のキャップ外して玉当たり調整のスペーサー緩めて取り外す。



イメージ 6

へぇ〜、クアトロってシールドベアリングだったんだ(←無知w)って感じでずっとカップ&コーンだと思っていた真実を知る。

上級グレードは確かそうなんだよな、カップ&コーン。




イメージ 7

そんなわけでベアリングはまだスムーズに動いていたので、汚れだけ落としてキャップ類にMAVICのミネラルオイル塗って組み直し。

玉当たりだけ自分好みに調整して、完了。





イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10

次は問題のリアハブ、先ずはフリー側のロックナット外し、ここは逆ネジのようなので注意して作業する。
どうやら年式新しいものはネジに問題がある場合が多いようだが、中古で買ったこのクアトロは対象外だったので気にせず作業。




イメージ 11

それなりに固かったが無事に緩んでナット外れた。





イメージ 12

ゆっくりとフリーを外すと、うわっ、汚い。。。

流石はノーメンテだっただけはある、グリスがある分マシだがね。



イメージ 13

反対側のロックナットも外す、こちらは正ネジなのでいつも通りの作業、そして中央のシャフトを抜く。


イメージ 14

イメージ 15

そんでもってハブ内のグリスをいったん拭き取り、内部確認。


イメージ 16

特に異常摩耗や変なところなし、リアもシールドベアリングなのを確認、フリー側も古いグリスを拭き取る。



んで、グリスはシマノベアリングで使っていたエーゼットの高速ベアリング用グリスを塗って組み直し。

イメージ 17

組むのは部品の欠品や組み立て順序を注意すれば全く問題ナシ、組めた。



イメージ 18

折角なのでスプロケも洗浄してピカピカのクアトロに生まれ変わった。


イベント前日に勢いでメンテ作業、時には勢いって大事だと思った瞬間、これでまたしばらく活躍してもらうとしよう。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事