ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

さて、前回からまたしても時間経ってしまったが、いよいよ秋田のイベントレポートを書いていく。




5/19本番の朝、まだ朝日の上らない時間に起きて準備、次第に空が明るくなる。


イメージ 1

後で『このイベントは過去1度も雨にあっていない』と聞いて驚いたが、それを象徴するように雲の間から太陽がのぞき込んでいる。




ホテル出発してものの数分で会場到着、ありがたい。


イメージ 2

早速コルトからCR1出して準備開始。


イメージ 3

そしていつもの癖で早めにスタートゲートに移動したら、ほぼ最前列。
ゲート向こうからさす朝日が眩しい。



待ちぼうけ、ようやく始まったスタートセレモニー、その前に恒例のラジオ体操!


イメージ 4

主催の男鹿市市長さんが元気よくあいさつし、いよいよ男鹿半島1周のライドイベント開始だ。
第1エイドまではスタート地点から細かいアップダウンを経て北上して、海岸線を走る。



イメージ 5

うっすらとした雲がかかる空だが、遠くに見える風力発電風車の群れが映える景色だ。


イメージ 6

砂混じる道に入ると遠くに見えた風車軍も目の前。
ハイペースの集団に付いていったせいであっという間に第1エイド・キャンパルわかみに到着。


イメージ 7

イメージ 8

ここでのエイドメニューは男鹿特産の魚醤しょっつるを使った”男鹿しょっつる焼きそば”

イメージ 9

カニの爪なんかも入って豪華なメニュー、味も良く、スポーツにはちょうど良い塩っ気でパワー充填。



さて、次は20km先、ロングコースの最初の山・寒風山(かんぷうさん)の頂上がエイドだ。
道はひたすら南下するのだが向かい風が邪魔をする。
第1エイドまで楽だったのは風のおかげもあったな、ここですでにソロでのんびり走る。


イメージ 10

右折の看板に従い向かう目の前にポコンと山、そして頂上に何やらの施設…
きっとあそこが目指す場所だろうと自分のカンが伝える。


そのすぐ後に集団が後ろから迫ってきたので、後ろに付いて引っ張っていってもらう。
この先の山はどうしたってスローペースになるので脚を温存だ。




イメージ 11

そしてついに始まる寒風山、キツイ…


しかもここから気温もぐんぐん上がり、2重につらい、ボトル2つにして来ればよかった。。。
とっくにインナーローのペダルをヒイヒイ言いながら回していくと、独特の景色に変わる。


イメージ 12

イメージ 13

そして素晴らしい景色が広がる…が、ゆっくり見ている余裕がないくらい斜度がきついままの上り坂が続く。


ようやく着いたかな!?と思うとスタッフさんに右折指示、その先にもっとキツイ坂。
思わずうぎゃーと叫びたくなるが、叫ぶのに必要な呼吸を使う余裕なし!
もう必死だ。
しかも電池の充電が不十分だったようで、ここでアクションカム動画撮影終了www
悲しい、悲しすぎる。。。



本当は更に上の頂上にそびえるタワー目指して戻ってこなきゃいけないエイドの休憩所、ごめんなさい、上らずに入りますw


イメージ 14

キツイ上り坂のご褒美、美しい男鹿半島の景色、海に山に植わったばかりの田んぼの景色、呼吸が整うまで眺めていた。




イメージ 15

落ち着いたら補給をもらいに行く。


イメージ 16

ここでは”あんぷらもち”と呼ばれるあげ餅がふるまわれたが、この上り坂越えてきた我々には中々飲み込めなかった一品であるwww



何とか飲み物で胃袋にあんぷらもちを流し込んで補給完了。

さあ、ここから一気に下って南の海を目指す!






つづく

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事