ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全289ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ようやく辿り着いたフロントアッパーマウント、ここからが作業の本番だ。


とはいえ、この後の作業は慣れたものなので一気に作業がはかどる。



イメージ 1

イメージ 2

あっという間にフロントストラット取り外し、足が無くなった姿はやはり寂しい。



イメージ 3

ラグルスと比較、だいぶコンパクトになっている。
持ってみるとバネ下重量軽減にもだいぶ貢献してくれそう。
シブい黒のボディにレッドアルマイトの指し色、自分のコルトのカラーと合っていてドレスアップ効果も抜群。




…まあ、普段は全く見えないのだがね。




このままただ取り付けるのではなく、もう一つあるパーツをおごる。
それは、キャンバーボルト


イメージ 4

フロントに少しネガティブキャンバーを付けて、コーナリング時の踏ん張りをもっと効かせたいという思いだ。
一般的なストラット式車高調キットなら、アッパーマウントにキャンバー調整機構がある場合が多いがラグルスは固定式なので。


しかし、初めて使うカム式キャンバーボルトはなかなかセッティング出すには難しく、悩む。


イメージ 5

何となく、『ここだっ!!』ってことで固定をするが、正直左右合っているか自信がないwww




イメージ 6

一応足回りも変えたしキャンバーも付けたってことで、先ずはタイロッドのロックナットを緩め、狙った方向へ少し調整しておく。
後からロックナットを緩めるのに苦労した経験があるから、先行作業だ。



イメージ 7

車高調の敵・錆対策、持ってたTEIN純正の強力錆止めスプレーをガッツリ吹き付け。
これで迫る冬の融雪剤地獄を乗り越えられるかは分からないが、少しでも保険をかけるという意味での施工だ。






イメージ 8

一旦着地させてみると、おお、純正とあまり変わらずのベストセッティング!

というわけで取り外したワイパー周りをせっせと取り付ける。



そうしてすべてのパーツが元に戻た後は、サイドスリップの測定に入る。

イメージ 9

足回り、特にキャンバーいじった時は必須の作業、昔から愛用しているストレートのテスターで測る。
過去にキャンバーいじった後に調整が必要だという事を知らずにそのまま走って、
スタッドレスタイヤを1日で丸坊主にした苦い過去がある…


ネガティブ側に調整したのでタイロッドは短くする方向に少しずつ調整し、テスターで何度か測る。


イメージ 10

イメージ 11

自分の今までの感覚的にわずかにトーイン側にしたかったので、中心から外れた位置で完了とした。




全ての調整を終えて、各部確認。




イメージ 12

フロントはキャンバーボルトで最大1.75°角度が付くらしいが、見た目はもっとついているように見える。
これでコーナリングがもっと気持ちよくなれば、ドライブの楽しみが上昇だな。






全ての作業を終えて、工具類も片付け終えてからの愛車写真をパチリ。





イメージ 13

元々通常のコルトからローダウンされているRALLIART ver.Rだが、今回のラグルス車高調セットでもそこまで車高短にならずイイ感じ。


イメージ 14

本当は車高は上げたいくらい(雪国では降雪時に困るので)だが、やはり車高低い方がカッコよく見えるので、このまま。



実際、ラグルス車高調specSに交換してからの乗り味は、どうか?



やはりへたりがあった純正からは明らかに動きか見違えている。
コーナリング初期の踏ん張り、ストロークの縮み方向の動きに余裕ができて、ロールの動きに違和感がない。
更にネガティブキャンバーを付けた影響と思うが、大きなRのコーナーでの安定感がだいぶ向上した。


うん、見た目が問題なくても機械部品なのだから確実にヘタっていたんだなと実感できる。

本当は冬突入前にヘタった純正に戻して…と思っていたが、やめた。
めんどくさすぎるwww(ただのサボり)


というわけで、3か月前の話題をようやく更新した。
この勢いで残った話題も更新頑張ろうと思う、今日この頃だった。



おわり

開くトラックバック(0)

さて、暑い日々が懐かしいコルトの足交換レポート続き。


昨今のコンパクトカーは限られたスペースで最大の移住空間を作り出すべく、過去のクルマ造りとは違った構造でそれを成し遂げてきた。

その中で実際には空間は大して広がっていないが、乗っているヒトに広いと感じさせるための工夫も様々とされている。

その一つが屋根の高さとフロントガラスの手前空間の広さだ。
頭に屋根が近いと圧迫感があり、それはフロントガラスとの距離にも共通して言える事。




そのせいで愛車コルトのフロントアッパーマウントは、
通常では全くアクセスできないほどの閉そく感…


イメージ 1

この構造のせいでフロント足外すのにワイパーを外すという迷惑な手順が必要となる。
昔、ラリー・ダートラやってた時に死ぬほどやった足交換だが、それにワイパー外しが付いてくるのは初めてだ。



嘆いても足は外れてくれないので(笑)、おっくな気分を後ろ足は交換済みという事実を突きつけて、自分を突き動かす。



イメージ 2

ここでいつか使うと買っておいたワイパーアームリムーバーという工具を初使用。
最初は使い方に戸惑ったが、やってみると安心確実迅速にアームが外れる。




…車屋じゃなけりゃ、必要ないな(笑)




ワイパーアームが外れたら、他のサイトで検索した通りカバーのクリップ類を外していく。
意外と手ではクリップの引っ掛かりを取りにくいのでプライヤーを使うのだが、ベントノーズ(先が曲がったタイプ)が役に立った。





イメージ 3

プラスチックカバーが外れて、ワイパーの駆動部が露出。


イメージ 4

次にこのワイパー駆動部のハーネスカプラーを外し、固定ボルトを確か3か4箇所
(忘れた)外して、



イメージ 5

駆動部をハーネスに気を付けながら取り出す。




いやいや、まだアッパーマウントには到達できない…

イメージ 6

もう一枚のワイパーモーターマウント部のスチールプレートを外さねば。



何箇所かボディと締結されているボルトを外して、


イメージ 7

ようやく自分がやりたかったポイントが見えるとこまで来た。


…長いよ、めんどくさいよ、これ。
メカニック泣かせの構造だ。





愚痴ってても進まないので、外した部品群を整理してまとめて置いておく。


イメージ 8

う〜ん、部品多過ぎ!(笑)





イメージ 9

アクセスしたかったアッパーマウントの固定ナットに辿り着くのに、ここまで40分。

車両設計者を軽く恨む瞬間だった。。。





つづく

開くトラックバック(0)

今回から8月頭にやった愛車コルトVRの足交換について書いていく。


気が付けば早3か月…
あんなに暑かった日々は寒さに震えだす日々に移っているんだなぁ。



長時間の作業したのは本当に久し振りで、暑いながらも楽しかったのと自分の作業スキルが下がっている悲しさを感じた(泣笑)


足交換を考えたのは、そろそろ足回りのへたりが無視できなくなってきたから。
6年前にコルト買ってから約9万km、付いている純正ショックでずっと走ってきた。

確実にコーナーでのロール感が強まり、ワインディングロードでの軽快感が失われていた。
折角のスポーツモデル、走りが損なわれては魅力半減だ。



そんな中、一応そのまま純正交換(ついでにアッパーマウントも)しようとアジト近くの三菱ディーラーへ出向いて値段を確認。




…純正品、意外と高いぞ。




そんなわけで社外品を探すことも始まった。

ネットでいろいろ探すが、元々レアな車種寄りだし絶版になってから時間も経っているので、ヒットするものは少なくあまり悩まずに済んだ。


自分が選んだのがLargus(ラルグス)というメーカー。

かなり多くの適合車種対応の車高調spec Sが安価ながら評判が良く、しかもアッパーマウントまでセット。
純正交換だったらスプリングコンプレッサー買ってアッパーマウント交換もして…と、作業も増える。
車高調キットで買えば、今の純正足回りをそのまま取り換える作業で終わるので、
(めんどくさくなければ)冬用に戻す選択もラクになる。



思い立ったらすぐに実行、確認すると丁度在庫あったようで即納。
届いてブツ見てたら、そりゃ早く着けたくなるもんだ。




イメージ 1

キット到着の週末に暑さに負けずに作業を開始した(日差し強くても風が涼しかったので、その気になった)

う〜ん、今この写真を見ると季節がずいぶん変わったなと思い知らされる。。。


少しずつめんどくささも心の中に現れ始めたが、やりだせば夢中になる!と先ずは後ろ側をジャッキアップ。



イメージ 2

イメージ 3

左右の純正脚回りを確認、後ろ側は過去にアッパーマウント変更したことあるので思い出しつつ作業を進める。

前回はリアショックのロッド回り止めがモンキーレンチだと難しく、電動インパクトで無理矢理外したがそのアイテムも今回は無い。
(バッテリー過放電で使用不可になったのだ)

もしここで交換作業が滞ったら足交換はやめにしようと挑んだが、
その心配はKNIPEXのプライヤーレンチのおかげで皆無だった。



イメージ 4

バッチリロッド上面の2面をつかんでホールド、ナットも無事に回りアッパーマウント取り外し完了。


イメージ 5

取り外したリアショック回り、とても10万km直前の物とは思えないほどのキレイさ。
ウレタンの社外アッパーマウントもあまり痛みは無く継続して使えそうだ。



ラグルスのパッケージを開けてリアショックとスプリングキットを取り出し、純正と比較する。


イメージ 6

イメージ 7

ショックもバネもだいぶ短くなる、あまり車高下がってほしくないので取り付け後に調整だな。



イメージ 8

ササッとラグルスを組み付けて、リアトーションビームをジャッキアップしてボディにセット。



イメージ 9

バネの自由長が短くなってセットがかなり難しい…何度も左右行き来して取り付け部からズレないように気を遣う。



イメージ 10

アッパーマウントナット組付け、ラグルスは六角穴で固定なのでヘックスレンチとハイオフセットメガネで締め付け。


イメージ 11

最後に減衰力調整ノブを取り付けて完成!!


ロックリングナット類や取り付けの緩みが無いか確認し、着地させ、車高を確認。



イメージ 12

おっ意外とほぼ希望の車高になっている。
特に調整する必要が無く、一安心。



工具類をまとめてコルト前方に移動。


イメージ 13

さあ、ここからはワイパー部品類を外す必要があるという未知の領域のフロント側交換に入る!



つづく

開くトラックバック(0)

Abex@今年の人間ドッグ終了。


先週は土日共に仕事でフル出勤…寒さも手伝って厳しい2日間だった。
んで、今日はだいぶ遅い今年の人間ドッグで会社休み、終わってゆっくりしている。



そんな今月はいよいよ冬支度を本格的に始めた。


イメージ 1

スタッドレスタイヤも初めて新品4本セットを買った。

流石に本格的な冬を、愛知時代から数えて5年間使って去年冬を越えた中古スタッドレスタイヤのままで過ごすのは、怖い。


しかし、新品のスタッドレスタイヤって本当に高い…


イメージ 2

そんなわけで今回もアジアンタイヤのナンカン製をチョイス。


イメージ 3

かなり安価ながらIN/OUT指定のある本格的な雰囲気のタイヤで、少し安心感もある。
とはいえ、実家の青森に比べれば圧雪路やアイスバーン走行が少ないアジト付近では、ある低度履きつぶしするつもりじゃないと。

2シーズンは持ってくれれば、十分期待に応える能力だ。







イメージ 4

アジト内も冬支度で灯油を購入してきて、約半年ノーメンテの石油ファンヒーターも出して動かした。


灯油は空っぽにしたつもりでいたが、まだ中に結構入ってて火が点くかどうか?



イメージ 5

心配でしょうがなかったが、初期の点火が不安定ながら無事に始動、ホッとした。







イメージ 6

イメージ 7

そんな自分の行動に応えるように(別に応えなくても良いのに…)、もう朝はコルトが凍り付く寒さ。



イメージ 8

そしてついにYahoo天気でも雪マークが現れ始める(結局、今日は雨で少し暖かいが)






もうすぐこのアジトに移って1年経つ。

宮城県民になったのは今月でもう1年経った、時が経つのは早い、こっち来てからはなおさらだ。



さて、忙しさで自転車乗れない日々が続いて体重も増加気味で体の動きも鈍さが目立ってきた。

このままでは寒さに負けてしまう…という事で室内ローラーを出そうと思う。
ってか、さっき出した。






イメージ 9

ZWIFTも今月から有料会員復活かな?

とにかく元気に冬を乗り切ろうと考える、久し振りにのんびりの月曜日であった。

開くトラックバック(0)

11月最初の更新

Abex@忙しい日々。

結局サボりにサボって11月最初の更新となってしまった…


気が付けば11/7の”立冬”を過ぎて二十四節気ではすっかり冬に突入の時期だ。


その言葉に違わず、寒い日々がアジト付近を襲った10月末から11月頭。
雪は降っていないので頑張って自転車通勤もしたが、かなり寒さが厳しい。

特に自分は指先の冷えに関してはかなり弱いので、冬グローブ装備しても厳しめ。




イメージ 1

先日はサイコンの記録した気温は4℃…愛知県では真冬レベルだ。


東北はそんな寒さに襲われていたが、今年から導入したドロップハンドル用の防寒ハンドルカバーがかなり温かい!!ので助かっている。


イメージ 2

イメージ 3

確かに見た目はカッコ悪いのだが信じられないくらい暖かい。


手のコタツの異名を持つこのアイテムだが、決して名前負けしていない。

元々の本家仕様は下ハンドルも握れるように改良されたみたいだけど、自分にはこれで十分だ。




ありがたや、ありがたや。




この冬突入直前は嫌なことばかりじゃない、自分が好きな酒・ビールの限定品も多いのが嬉しい。


特に東北産ホップを使った華やかな香りの限定醸造ものがたくさんあって選びたい放題(笑)


イメージ 4

イメージ 5

毎年あるキリン一番搾りを筆頭に黒ラベルにクリアアサヒなど。

酒飲んで乗り越えるんやぁ〜、とはのんべえの自分らしい生き方だ。


イメージ 6

そんなわけでそれなりに元気でやっている。

さて、たまった話題を書き始めるのはいつになるのやら。。。

開くトラックバック(0)

全289ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事