ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
さて土曜日にはいろいろなものが届いた。


先ずは悲しいものから。


イメージ 1

自動車税納付書、今年も来ました…ちゃんとナンバーも変えたので宮城県からの通達。
今年もきっちりと納めさせてもらうから、ちゃんと正しい使い方をしてもらいたいと願う。





そして嬉しいものは…
5月出場予定の自転車イベントの参加確認書類関係。
今月は2週続けて2回イベントに参戦する。



イメージ 2

先ずは初参加の秋田県男鹿半島を走るイベント、



イメージ 3

そしてもう一つは去年初開催で参加した相馬復興サイクリングである。
去年は台風でロングがショートコースに変更になった、アレ。
この相馬復興サイクリングは会社の後輩たちを引き連れての参加となる。

自転車に興味持ち始めた彼らを引きずり込むべく(笑)、一度近場のイベントに参加しようという事にしたのだ。
とはいえ安全に走らせる責任は当然あるので、楽しみつつ気を引き締めて参加せねばと。

初参加の後輩がいるのでショートコース参戦となっているが仕方ない。
ロングは来年の楽しみに取っておくのだ。




そんなわけで先ずはソロ参戦予定の来週の準備の一環として、GW旅に使ったメイン機のCR1のメンテ開始。
作業はズレて隙間が開いてしまったバーテープの交換とSTIレバーのフード交換だ。



イメージ 4

気に入っているシェイクスのソフトフード、もうシボがあったことが分からなくなるほど摩耗しているので交換。


イメージ 5

今度はレッドカラーを調達し、更に以前買っておいたショップオリジナルの赤シリコンバーテープを取り付けてイメチェンだ。



イメージ 6

フードの新旧比較、全く違うものになっている(笑)
2年強の間、ありがとう。


そして、バーテープだが…あまり自分の気に入った触感ではないな、これは。。。
しかもクッション性高いのは良いが少々厚みがあり過ぎて握りにくい…

今回は隙間開いたままのバーテープじゃいやなので使うが、すぐに交換する可能性大だな。




イメージ 7

先ずは2つとも交換完了、フードの取り付けはコツを思い出すまでは苦戦した。
バーテープ巻きは相変わらずうまくやれない、練習・経験あるのみだなと自分を鼓舞する(笑)


とりあえず消耗品は交換完了し、洗車後の各部の動作確認と注油も済ませた。
後は出発前に準備すればいいだろう、来週が楽しみだ!!

開くトラックバック(0)

5/11㈯、怒涛の9連休明けの1週間もアッと今に過ぎて、前日の夜には会社の仲間達と飲んで軽く二日酔いで起きる(笑)


おかげで予定していた外出も怪しいなあなんて思ってたら、誘っていた後輩が2度寝で寝坊(笑)


ある意味、結果オーライ(笑)





とはいえ昼過ぎには頭痛も治まり、なんとか活動できる体になったし天気も良く気持ちいいので、翌日予定していたコルトの作業を前倒しした。






イメージ 1

先ずはエンジンオイル交換、あったかくなったんで上抜きもスムーズに進み、快適。



次にプラグ交換。

去年夏は余ってた中古プラグ装着でしのいだが、そう高価なものでもないので新品を用意して交換することにした。


先ずはカバー外して点火系の部品取り外して…なのだが、


イメージ 2

この赤いカバー、ずいぶん汚れてみすぼらしいなあ。。。



イメージ 3


イメージ 4

そして、ダイレクトコイルまで外して新品プラグと焼き付き防止剤にトルクレンチ用意して取り外し開始。




イメージ 5

するとどうだろう、1・3番のプラグがオイルまみれ!!


うーん、前回オイルにじみあることは自覚していたが、もう目をつぶっている訳には行かない状態だな。



オイルシール交換を計画せねばっ!




とりあえずは無事に新品プラグに交換完了、次の作業に移る。


だいぶペダルタッチがソフトになってきたので4輪のブレーキオイルの交換、去年夏ぶりの実施。


イメージ 6

今回も手伝いできるメンバーが見つからなかったので一人作業。

ライン内のオイルを一気に変えるべく、リザーバーに給油→キャリパーのプラグからオイル抜き取りの作業を何度も繰り返した。



ここまでの作業でおよそ1.5時間、日も傾いてきたがまだまだ明るい。

さて、さっき汚いと嘆いていたエンジンカバーを風呂場できちっと洗ってバリアスコートして、エンジン内部の目立つ部分は拭き取り。


イメージ 7

その後の写真がコレ、まだまだ冬の汚れはあるがずいぶんとキレイになった気がする!

目立つカバーが光沢あるだけでずいぶんイメージ変わるなあ、これで気持ち馬力+10PSだな(笑)





イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

最後に中華製の怪しめなエアロワイパーとエアコンフィルタを交換、これで梅雨の時期の準備も万全だ。

こうして予定は前後したもののコルトのメンテがしっかりできて充実な1日だった。





…この後はアジト内で自転車をいじるAbexであった。
趣味が忙しいのは大歓迎である。

開くトラックバック(0)

GW旅の準備を

4月後半、愛知出張から帰ってきてすぐにGW突入だったわけだが…
出張行ってても、自分の仕事は進まないので残したままでは連休に入れない!


そんなわけで1日仕事をして、これなら連休明けになんとかなるだろうというところまで片付いた。




急いでアジト帰って、仕事より真剣に旅準備をスタート!!

まだ、タイヤ交換したくらいで装備も荷物もまともに準備してなかったのだ…





一応は2か月前からプランを立てて必要なものを揃えて、と事前準備は終わっているので何とかなるだろう。
そんなわけで用意しておいたバッグ類を旅の相棒であるメイン機・SCOTT CR1に取り付けていく。


各バッグにアイテムをうまく分配し、残念ながら雨に降られそうな天気の為、少し雨装備を多めに入れた荷物をサドルバッグに突っ込んだ。


最後に輪行袋をくくり付けて、完成!!


イメージ 1

実に2年ぶりのGIANT大型サドルバッグを付けた旅仕様のCR1の姿。



今回新たに某ショップオリジナルのアイテム・R250フレームバッグも装着して積載力アップ。
頑張って荷物減らしたつもりだが、これに6リットルの小さなバックパックを背負って走る。

まだまだ身軽に旅するのは自分には難しいみたいだ(笑)





イメージ 2

最後に荷物詰め込んだらタイヤとのクリアランスが狭いので、輪行袋のストラップをサドルレールに巻いて固定強化。

先ずは自転車は旅に出かけられる準備完了だ。




さて、次は自分の身に付けるアイテムのチョイスだが…
その前に輪行の練習をアジト内で実施。

今回、輪行袋を持つのは当然輪行(電車に自転車を持ち込んで移動すること)を旅に取り入れたからで、緊急用のアイテムではなく積極的使用アイテムなのだ。







しかし、CR1でこの輪行袋使うのは実に3年振りなのだ。







Tyrell FXは元々折り畳みなので全く問題ないが、3年前の輪行もうまくいった記憶が無い。
今回はこの輪行準備が旅のスケジュールに大きくかかわるので手間取るわけにはいかない。
それにしても良い世の中になったものだ、Youtubeには様々な輪行講座動画があり、その中でもこちらをじっくり鑑賞してポイントを学んだ。


そしたら久し振りにもかかわらず15分ほどで過去に例を見ない程、うまく輪行モードにすることができた。

一気に自信が付き、晴れて自分のコスチューム準備に精を出すことができたわけだ。






こうして、自分のGW旅前日が終わり、
いよいよ旅本番の朝が来たのである。

次回からGW自転車旅の詳細を書いていこうと思う

開くトラックバック(0)

半年振りの愛知出張

さて、話はGW前の1週間の事である。
半年振りに愛知県の本社へ出張だった。



気が付けば去年10月以来と知って、時間は本当にあっという間に過ぎていくんだな〜と思った次第だ。

折角行くので仲間達に連絡入れたら、飲みに行ったりその他のイベントをやってくれそうでワクワクした。





…仕事の方は憂鬱なことが多かったのだがね(笑)





イメージ 1

仕事は月曜からだったのだが、週末に前乗り、最寄りの新幹線駅より出発、約1か月前に友人の結婚式の為に乗ったせいか特に感動もない。


さて無事に愛知に到着した後は迎えに来てくれた仲間と共に一路コメダ珈琲へ。


イメージ 2

いまや宮城県にもあるコメダ珈琲だが、愛知程気軽に入れる場所にたくさんあることは無いので、この気軽さが良いんだよな。
いつものたっぷりブレンドコーヒーで談笑して楽しい時間潰し、昔の行きつけの店が開店したのを見計らって飲み会開始!




次の日は完全に花が散った桜の下でBBQ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

相変わらず楽しいメンバーが集まり、ワイワイガヤガヤ、良い時間だ。

当然ビールもしこたま飲んで、その夜は酒飲まない仲間誘って〆のラーメン横綱


イメージ 6

イメージ 7

愛知住んでるときは気軽に味わえたこの味が、今はたまらなく愛おしいなあ。


さらに次の日は昼に大府の継承あっ晴れに後輩と向かった、やっぱ食べたくなるんだよ。


イメージ 8

イメージ 9

開店と共に入店、まぜそば5ばか+デラ盛りを調子に乗って注文して、あわや食べ切れないかと思った。。。



その後、ドライブしてデザートに美浜の塩ソフトを食べる。


イメージ 10

JAF会員優待でハート形のイチゴマシュマロトッピングで恥ずかしいほどキュートになった(笑)





こんな感じで仕事前の週末はたっぷり楽しんで、いざ!!仕事へ向かうと…
予想通り疲労困憊。


イメージ 11

東海限定のBOSSデミタス飲んで気合入れつつ、乗り切った(東北限定BOSSデミタスもあって飲み比べ)。



そんな夜は麺屋しずるでエネルギー補給!

イメージ 12

しかし、疲れすぎて注文間違えてガッカリ…やはりしずるは太麺じゃないと…
(間違って細麺メニュー頼んでしまった)


気持ちが消化不良だったので2日続けて麺屋しずるに行くという初の暴挙に出た。


イメージ 13

今度はやはり愛知県という事で台湾ラーメンメニューを頼んで、愛知最後の夜を終えた。





…結局食べてばかりの話になってしまったが、こんな楽しみが無ければ頑張れないからな!!



こうしてアジトに帰ってきて、そのまま怒涛のGWへの突入となった。

この出張のせいでGW明けの仕事がずいぶんと久し振りに重く感じられて、今現在やられている訳で…完全に5月病のAbexであるwww

開くトラックバック(0)

昨日4/13は1日めいっぱい作業していて疲れ果ててよく眠れた。


そして目覚めた次の日はチューンナップしたばかりのTyrell FXをコルトに積み込んで、一路気仙沼を目指した。

気仙沼では以前訪れた気仙沼大島へ渡る橋が先週開通し、陸路で上陸できるようになったのだ。
去年9月にツールド東北後に訪れて以来の大島へ、橋を渡って行ってみようという試みだ。




イメージ 1

そんなわけで気仙沼フェリー埠頭近くまで来ると今までなかったコインパーキングが設置されており、景色は様変わりしていた。

やはり日々復興は続いているんだなと実感する瞬間だ。



ここでFXを走行状態に戻し、iphoneでルートを確認し出発する。


途中にはいくつか大島へのルート案内があり、迷う事は無かったが…


イメージ 2

やはり同じように大島に渡ろうとする車の列が続き、渋滞気味。
石をはねないように注意しながら車の列の横を走り抜け、大島大橋の方へ走っていった。



新しい道にトンネルを抜けた先に橋の交通情報を表示した電光掲示板、発見。


イメージ 3

『気仙沼大島大橋、祝開通』


その先に橋があったが、歩道や出入り口付近の駐車場は混雑しており、邪魔にならないように素早く写真撮ってスルー。


イメージ 4

船での移動も味があって良かったが橋で簡単に渡れるのはとてもスムーズで楽になったなと思う。


イメージ 5

橋の周りの景色も晴天も手伝って素晴らしかった。




さて、大島へ渡ると前回来た時とは打って変わって車の列が続く続く。。。




こうなってしまうのも考え物だなあと思いつつ注意して走って向かうは、
大島の最高峰・亀山!


スプロケや昨日チェーンリングを交換して登坂能力も上がって、更に自分もZWIFTで体力を取り戻しつつあったのでヒルクライムリベンジだ。

去年は亀山山頂近くまで車で行けたが、今は交通規制して途中からは専用マイクロバスでしか行けなくなっていた。
誘導員さんのOKをもらい亀山に挑むも、途中でマイクロバス通るために足付いたから結果はドローか?


ともかく最後の最後は斜度が一気に上がりキツイことに変わりない亀山をそれ以降は足付かずに走ったから、良しとしたい。




イメージ 6

相変わらずの大パノラマは迫力満点で上り甲斐のある景色だ。


少し景色眺めた後に呼吸整えて下っていく。



イメージ 7

下り切った先にある元フェリー乗り場の港…なんだかとても寂しい。

やはり去年1度船でこの島に渡った経験は大きいなと思う、便利と引き換えにそんな景色が時代と共に消えていくんだと勝手に思い吹ける。


イメージ 8

帰り道に造船所もあってその迫力に圧倒される。



あっという間に駐車場まで帰ってきて昼食とする。


近くにある一時期は混雑で待たずに入れなかった気仙沼かもめ食堂に運よくスルーで入店できた。


イメージ 9

イメージ 10

醤油ラーメンと角煮丼のセット、うまかったです。




そして着替えてから別の場所に向かう。


開館した3/10に入れなかった気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館だ。

イメージ 11

イメージ 12

ここは被災した元・向洋高校の跡地をそのまま残し、震災当時の津波の恐ろしさを伝える施設して開館した場所である。

ツールド東北等で近くは何度も来たことはあるが、この中を覗きここで何が起きたかを知るのは初めてであった。
シアタールームで衝撃の映像を見た後に実際の校舎内を見て回ると、そこには想像以上のものが広がっており言葉が出なかった。


イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

この地で起きた災害は本当に…本当に自分が想像する以上に巨大なものだったんだと今更ながら思う。


何度も東北を訪れ、今はその地を拠点として生きている自分ではあるがまだまだ知らない事ばかり。

これからも少しでもこの地に貢献できるように頑張ろうと改めて考える1日となった。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事