ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
「う〜〜〜ん、どうしても調子が…」


210kmのTDT最長コースである気仙沼フォンドに参加中の自分、残りも40kmを切ろうかというタイミングではある。
そんな時に自分の脚でも体力でも時間でもないところに気が散って、集中できずにいた。



それはリア変速がうまく決まらないという事だ。



TDT本番直前1週間でワイヤー類を全交換したわけだが、そこからほぼぶっつけ本番で挑んでいるわけで走行距離も長いからワイヤーなじみの変化でこうなることも仕方がない。

リアの7〜9枚目辺りで変速が決まらず『カラカラカラ…』

シフターを起用に中間まで押し込んで無理くり変速をさせ、だましだまし走っていたのだがこれがとてもストレスに。


ちくしょう、やっぱりメンテの直後にロングライドは良くないなあ、今更ながら反省して走り続けた。






この変速の調子が悪くなってきたのが北上川近くに来てからであったのが幸い。
リアス式海岸のアップダウンが少なくなってきたおかげで、変速の決まりにくいギアをあまり使わずに走る。


平坦路が目の前に広がると何かから一気に解放されたようになり、体が軽くなった。
往路では向かい風の区間も風向き変わらずで追い風に。


おかげで文字通りスイスイと進んでいき、TDT気仙沼フォンド最後のASである北上ASに到着した。


イメージ 1

本当はここで変速調整すればよかったが、もうすぐゴールと言う高揚感と少しでも時間を残したいと足早に動いている間に忘れていたw



イメージ 2

最後の補給は…ここでもご飯類、玄米ご飯。


このご飯だけでは物足りなかったのだが、これにぶっかける”ウニめかぶ”が本当に絶品だった。

イメージ 3

南三陸ASでお腹が受け付けないと話していたmacさんも「うまいうまい!」と口に運んでいた。

優しい味わいにめかぶのツルリ感のおかげでご飯がスルスル入り、ウニの濃厚さが後味にグッと深みを増している。

意外と多いかなと思った容器内の玄米ご飯は一瞬で無くなった。


この補給で最後の区間、元気いっぱいに走れたなあと今になって思う。

早朝から我々を照らしてくれていた東から上った太陽は、気が付いたら西の空へ高度を下げている時間。
それだけ長い時間をサドルの上で過ごしている、ここまで走ったのは180kmの道のり、そりゃ時間も経つだろう。

そんなTDT2018も残りわずか、よし、ゴールを目指そう!と最終ASを出る。



イメージ 4

そこから10kmほどで北上側を渡り、橋の終わりで信号停止。


イメージ 5

左手には大川小学校が西日を浴びている。
遠くから手を合わせ、北上川沿いの平坦区間をひた走る。

この区間はもう手に取るようにわかる、今まで参加したTDT全4回すべてで走った区間だし、いよいよゴールと言う感動と寂しさを味わうのは毎回同じだ。


ただ、3年前の2015年よりも余裕がある気がする。


距離は伸びだが、それ以上に自分が成長しているのだろうと自信になった。





そして遠くに石巻専修大学が見え、辺りも暗さが目立ち始めたころ、遂にスタートを切ったTDTゲートをもう一度くぐり、無事にゴール!!


イメージ 6

サイコンの指し示す時間によるとスタートから11時間25分の出来事だった。

TDTの上りを見ながらバイクラックの元へ移動しているときに安心したのか、不思議なくらい上半身の力が抜け疲れを感じた。

本当に、本当に疲れたけど、本当に楽しかった!!




長年目標としていたTDT最長コースを完走すること、無事に達成して感無量だった。


イメージ 7

バイクラックに愛車CR1をかけて、先ずはお疲れ様!


最後まで変速は調子悪いままだったので、帰ったらすぐに調整してやらなきゃな。


イメージ 8

イメージ 9

サイコンの確認、210km走行・消費カロリー3900kcal、そして大会終了まで約30分のゴールだったようで、予想通り時間目一杯使っての完走となった。




完走証を受け取り、先に北上フォンド100kmを完走したあーさーと無事回収され戻ってきたクマキチと合流した。

イメージ 10

みんな、お疲れさまでした。クマキチが思ったより元気で何より、階上ASのクリームサンドをむさぼっている姿見て安心したwww





こうして、ケガ無く事故無く(リタイヤはあったが)楽しくTDT2018は幕を閉じた。

今年から自分が受け入れる側になり、2人の仲間が愛知から来てくれたわけだがよく来たなあ、ありがとうという気持ちでいっぱいになった。
ボランティアスタッフさん方が言っていた『ありがとう』はこんな気持ちなのかな、と勝手に思ったり。



これで自分が立てた目標であるTDT最長の気仙沼フォンド完走は達成、次は何を目標にしようか?


イメージ 11

そこで思う事は意外とTDTの事を知らない東北の人が多いこと。

これだけ大きな大会ながら、まだ地元に浸透しているとは言えない部分もあると住んでから知った。
それならばもっと身近な人に参加してもらえるように声かけよう、自転車好きになってもらおうと思う。



というわけでTDT2019はもちろんエントリーするとして、新しい仲間を迎えて一緒に走れるようにやっていこうと思う。

次はワンウェイフォンドも面白いかなとTDT2019開催の情報を待つ、今日この頃であった。






おわり

開くトラックバック(0)

大谷海岸ASを出発し、南を目指す。風は緩やかに南風、そう、追い風だ。


リアス式海岸の特徴であるアップダウンの連続は上り続けるヒルクライムよりも脚を削られる印象。
なので、追い風効果は絶大で後半の余力を残すには本当にありがたい。



それに加えて気持ち良い快晴の青い空、自分が出場できなかった2年前の2016年はずっと雨だったらしい。

この素晴らしい景色は雨じゃ映えないよなぁ、太陽と青空様様だ。




それでもなんだかんだで疲労はたまっているので、とにかく淡々とペダリングして先へ進んでいたら、次のASに到着していた。

イメージ 1

蔵内AS、2015年の南三陸フォンド参戦時に立ち寄った懐かしのAS。


ここは小さな漁港がASとなっているのだが、我々気仙沼フォンドと南三陸フォンドの両ライダーが集まっているので大混雑。


イメージ 2

なんとかパイロンそばのスペースに自転車置いて補給をもらいに行く。



イメージ 3

イメージ 4

ここの補給は3年前と変わらずのわかめスープとカボチャまんじゅう


どちらも疲れた体に染み渡る懐かしい味…だけど、少し物足りないくらいだ(笑)







補給を済まして混み合うASを足早に出発しようと自分のiphoneを確認すると…


『リタイヤしました、回収待ちです』


遂にクマキチが完走を断念、苦しそうな表情だったのでやはりというのが正直なところ。
それでも130km以上を走ったのだから(今年ほぼ初自転車の割にはw)本当に頑張った。




『お疲れ様!じゃあ、専修大学で会おう



と返事をして、蔵内ASを出発した…このASは出口がプチ激坂なので脚攣らない様に慎重に上る。



出口さえクリアしたなら、後はオーバーペースと無理矢理なトルク発揮をしないことを念頭にペダリングして走っていく。







そして、自分的にとても楽しみにしていたホテル観洋の南三陸AS到着した。

イメージ 5

ここもまだ多くのライダーが残っていたが開設時間はもう残り少ない。




イメージ 6

これこれ、楽しみにしていた補給の熱々フカヒレスープをいただく。

はぁ〜、寒いというほどでもないが水分補給は基本冷たいものになるので、こういったあったかい補給は内臓を生き返らせる。

macさんはちょっとお腹が受け付けないと補給を遠慮していたようだけど、大丈夫だろうか?
内臓が丈夫なことは良いことだと自分は思った、こういう状況でもいろいろおいしく食べられる体に感謝だ。




補給が済んだらボトルに給水して出発、まだまだ続く起伏の激しいコースは最後の最後まで油断できない。


しかし、ここまでくればおのずとどう走ればよいか体が覚えてくる。
アップダウンと一緒にペースもうまくコントロールして進む。







イメージ 7

往路でも立ち寄った神割崎ASにもう一度ピットインし、給水して再び走り出す。
流石にこの辺りからは時計を見る回数も増えた。


スピーディーに補給を済ましてASを再出発して来たおかげで、まだ1時間ほどの余裕が残っている。



とはいえ、走行距離はまだ175km…ゴールまでは30km強を残している。
トラブルや足攣りでストップしたら貯金は一気に失われる。

けど、ここまで来たらただひたすらペダルを回すのみ、
ゴールは向こうからやってくるんだ。






つづく

開くトラックバック(0)

Abex@ゆっくりまったりの週末の夜。

先々週は取引先の都合で工場稼働、先週は機械の搬入があったので出勤で2週連続で休日出勤となっていた。
そのせいでこの2日間が休日だったのが久し振りで本当にゆっくり過ごせた。


それでもだらけていたわけでなく、オンラインサイクリングZWIFTも50kmほど走ったし体も少し動かしたぞ。




今週はこんな知らせからスタート。



イメージ 1

ふと応募していたチューハイ&揚げ物クーポンが当たったのだ。


イメージ 2

金曜日の仕事上がりに早速コンビニで使って、晩酌に当てた。




また、新しく買ったポータブルオーディオWALKMANが届いた。

イメージ 3

今までも音楽はスマホじゃなくポータブルオーディオで持ち歩いていたが、4GBじゃ足りなくなり16GBにアップ。
そしてBluetooth機能も付いてワイヤレスリスニングできるように。
これでコルト内のオーディオ配線も省配線にできるし、外出時に音楽聞きたいときはワイヤレススタイルできるようになった。





イメージ 4

カラーがビビットピンクなのだが…本当は以前使っていたようなメタリックレッドが欲しかったが設定が無く、似ているこのカラーにした。

うーん、部屋にピンク物は置いてなかったのでずいぶん目立つ。
でも、黒じゃ物足りないし、その他のカラーは中間色過ぎて好きになれなかったのだ。

まあ、そのうち慣れるだろうしPC上から見る色合いよりも濃くてキレイなので良しとしよう。





昨日土曜日は天気も良く絶好の外出日和だったが強風だったので、自転車ではなくドライブすることに。
ふと自分が住む地方にあるとある山へ行ったことないなあと思い立ち、雪道も走りたいしと勢いで西へ向かう事にした。


その前に腹ごしらえだ!


イメージ 5

前に調べた地元の食堂で人気のカツカレーを食べる。


イメージ 6

写真では分かりにくいがかなりの盛りでカツも肉厚ジューシー、わかめスープもたっぷり。
味も懐かしいお家カレーな感じでサクサク食べてしまった。




ご馳走様でした、また来ます。




そして西へ30km走ると標高は600mに迫り、地上からは想像できないほどの銀世界。

しかし、キレイなだけじゃないのが雪の怖いところ、タイヤが取られ曲がらないし上り坂で進まなくなりそうになったり…




いつ止まるっ!?

いつ曲がれなくなるっ!?

そもそも目的地に辿り着けるのかっ!?




標高が上がるにつれて道と壁の見分けがつかなくなり、時折吹く風で地吹雪が起こり目の前がホワイトアウト…

こりゃダメだ、事故る前に戻ろうと目的地700m前で勇気ある撤退を選択した。


いやぁ、久し振りに嫌な汗かいたな、下り坂もブレーキ踏んだらすぐにABS作動、サイドブレーキのレバーを握りっぱなし。







イメージ 7

イメージ 8

なんとか視界確保可能なとこまで下山して風景写真をパシャリ。

本当に冷や汗ものの雪道ドライブ、無事に帰ってこれたから良かったがLSD装着無しのFF車で挑むモノじゃないなと痛感した1日。

終わってみたら楽しかったが、真冬は踏み込む場所じゃないと分かったし、今年の春に雪が落ち着いたらまた来ようと思う。





さて、明日2/4は”立春”、暦の上では春来る。


ようやく寒さも和らいで春の匂いがしてくる期待が高まる時期。

あとちょっとの我慢だが、早く来てほしいぞ、春!!

開くトラックバック(0)

クマキチを無視して(笑)歌津ASを出発、いよいよ折り返し地点となるコース最北端・気仙沼市へ向けて走る。

ここまで来てもまだ脚にも息にも余裕がある、パワー温存作戦はしっかりと成果を出しているといえよう。



夏の道の駅スタンプラリーライドで通った景色に入っていく。

イメージ 1

まだ記憶が新しいので距離感も鮮明で、この先に復路のASとなる道の駅・大谷海岸の前を通ることも分かっている。


イメージ 2

そんな道の駅・大谷海岸のASスタッフさんたちもホテル観洋と同じく我々にエールを送ってくれていた。

大きく手を振ってそのエールに応えるのだった。




さて、その先は気仙沼市街へ突入していくが…交通量が増え、道路がうねり走りにくい。

今までも多少復興支援工事のトラックが多い道ばかりなので凸凹も多く感じたが、市街はそれを凌駕する走りにくさだ。
バイクを安定して走らせることを意識しながら進む。





そしてTDT最北端のASである階上(はしかみ)ASに到着した。

イメージ 3

ASの場所は階上小学校の入り口、狭い空間にライダーとASスタッフがひしめく。



イメージ 4

早速、自分のTDT参戦4度目にして初の補給を受け取る、クリームサンド・冷凍イチゴに学校の生徒からの応援メッセージ!(これはハートの補給だ



イメージ 5

1年生のこの子、ありがとう!!絶対完走するよ!!




ゆっくりと味わって休憩したかったが…「ASの開設はあと15分です」

なんと初めてAS閉設のアナウンスに出くわしてしまった。
やはりゆっくり走っている分、時間は厳しくなってきたようだ。

受付でもらったコースマップとAS開設時間を再確認、この先からは多少時間的余裕はありそうなので慌てずマイペースで行けそうだ。



ただ、AS内も時間ギリギリで到着するライダーであふれてきたので、自分とmacさんで足早に出発することとした。







クマキチ…きっとこのASには間に合わないだろう…南無(笑)







ここから先は気仙沼市街の中心部付近を走るのだが走りにくさMAX、信号の多さが時間浪費を感じさせストレスだ。
今までが(過去走った経験からでも)走り易いルートが多く、それがTDTの魅力と思っていたがここは辛抱の区間だった。



そんな中、ライダーが交差するポイントで対向車線を走るクマキチ発見!!
どうやら何とか走り続けているようだ、しかしその足取りは重い。

自分は助けに行けないけど頑張ってくれ!





いろいろあったが市街を走り抜け、大きく迂回するように国道45号線に合流し南下ルートとなる。

が、そのすぐ後にまた国道45号線をそれ東へ後でこれが三陸復興国立公園・岩井崎へ向かうルートと知る。




イメージ 6

その先には間違いなく津波被害にあったであろう大きな建物と逆にそれ以外目に付かない、震災被害特有の景色が広がった。



イメージ 7

目の前に残る震災被害を伝える建物、気仙沼向洋高校の校舎だったという事。

3階まで津波でガラスが割れたりしたままの状態…今目の前の景色を見て、7年前の天変地異の恐ろしさに改めて身が震えた。





イメージ 8

その先でエールをくれる家族がいた、全力で手を振り返す。




岩井崎の駐車場まで来たがどうしても時間的余裕が欲しい我々は足早にその場から走り去った。




再び国道45号線に戻り、南へ向かってひた走る。





そして往路で通った大谷海岸ASへあと少しのところで…!、自分のアクションカムのバッテリーが切れた…


イメージ 9

この大谷海岸AS 200m先の看板が最後の映像、モバイルバッテリーを積み忘れてこの先は動画撮れなかったのだ…南無…
(なのでこの先は一気に写真が減るw)







イメージ 10

イメージ 11

そんなわけで大谷海岸ASに到着、時間的にはここで昼食エイドとなる。




楽しみの補給はこれ、ホタテ炊き込みご飯と磯のり味噌汁


イメージ 12

イメージ 13

う〜ん、雄勝ASとホタテがダブっている…いや、間違いなく美味しいんだ、これは。


ただ、ただ!やはり前にも書いたシーフードカレーの魅力に勝るものが無いのだ!!

そんな悔しさを感じつつの補給だったが、ホタテの磯の香りに更に海苔の味噌汁の優しい塩っ気が染み入る。






ここまで130km、残すところ80kmで現在時刻は13時、残りは4時間半。
正直余裕があるとは決して言えないペースだが、力は残せている、今日は走れている!



焦らず行こう、時間目一杯使って完走するんだと大谷海岸ASを出発するのだった。






つづく

開くトラックバック(0)

時は2018年11月19日、この日は人間ドッグで1日仕事休みをもらっていた。

宮城に来て初めての人間ドッグだったのでどれくらい時間かかるのか読めなかったので、朝一から病院へ突入。
そしたら意外と早く終わって暇になってしまった…ので、ドライブ兼ねて南へ。





向かったのはまたしても多賀城市、気が付けば一昨日行ったばかりの場所。




そして辿り着いたのも一昨日来た

イメージ 1

ラーメン☆ビリー多賀城R45店!!
早速、醤油味以外のラーメンを食べに来た、塩ラーメン!
(こうやってまとめてブログに書くとこの1週間は二郎系ラーメンまみれだったなぁw)



躊躇せずに券売機で塩ラーメン、と思ったがトッピングと量に悩み、味玉付きで普通盛りをチョイスした。
オーダー時に「ヤサイ・ニンニクマシで」とコール。


そして到着の塩ラーメン味玉付き ヤサイニンニクマシ

イメージ 2

おおっ、初のヤサイマシは山の高さが際立つなあ、これぞ二郎系のヴィジュアル。







では早速、いただきます!!







先ずは初の塩ラーメンという事でスープから行くことにし、レンゲで淡い色のスープをすくう。

イメージ 3

一見、ビリーの真っ黒な醤油スープを知らないと特に変わったところのないラーメンに見える色。
しかし、鼻をくすぐる香りからもそれとは違うと分かる、明らかに魚介系のそれを感じるのだ。


そして口へ運ぶ、おお、良いじゃないか。


スタンダードな豚骨特有の甘みにコク、そして追いかけるように魚介風味がやってくる。
これこれ、自分はこの味が好きだ。
一気にテンションアップ、人間ドッグ受けてきて少し健康に気を使わねばという感情は消え去ったw


イメージ 4

ヤサイと一緒に隠れていた豚を頬張り、うまいうまい。



イメージ 5

そして麺へ移行する、醤油の黒さを吸っていない麺はなんだか新鮮で味わいもより小麦を感じ、味のバランスが向上していると感じる。

まあ、単純にスープの好みが合っているせいで評価底上げなんだろうけど、改めてバランスの重要性に気が付く。
カラメにしているのに味わいがマイルドなので加速して食べ進めていく。




イメージ 6

食べ終えた後の器に残るスープが完飲間近、本当にうまかった…きっと昨晩の人間ドッグ用絶食も影響してるんだろうけど。









ご馳走様でした!!








この塩ラーメンは他店では提供がない多賀城R45店オリジナルだそうで、この店、指名店になりそうな予感。

ヤサイマシで十分お腹いっぱいになったので大満足な昼食だった。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事