ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
2019年になったが、去年残っているネタを順次更新していこうと気持ちを奮い立たせる。

先ずは久し振りのラーメンネタ、味は自分の舌と脳の記憶を掘り返して書いていく(笑)




時は2018年10月27日、忘れもしないこの日は楽しみしていた航空自衛隊松島基地内を自転車で走るイベントの日だった。

ところがピンポイントの豪雨予報と朝からの雨で中止となり、2度寝から目覚めた後の話である。
特にやることもなく何となく昼前に街の方へ買い物に出かけた。

その帰り、そういえば朝飯も食ってないなあ…なんて思いながら帰路に着いていた時、左手の店先でのれんをかける姿を見てハッとした。








「そうだ、いつも混んでるラーメン屋がここじゃないか!」







すぐ近くの左折路入ってUターンし、すかさず駐車場にコルトを停めた。



イメージ 1

西屋 志波姫店


気が付けば駐車場がいっぱいになる店で、この日は運よく開店時間に飛び込んだ形、まだお客さんもまばらだった。


カウンターの奥、窓の側の席に座りメニューを眺める。

イメージ 2

ほほう、結構豊富で悩む。


ここはやはり、初めてはオススメの1品をという事で考えたが、意外とオススメも多いじゃないか!


その中でみそネギラーメン(辛口)をチョイス、珍しく普通盛り(笑)
味噌・ネギ・太麺という自分の好みをすべて取り込んだわけだ。



イメージ 3

数分待ってスピーディーに着丼、これがみそネギラーメン(辛口)だ。

なるほど、スープに辛みがあるわけじゃなく、ネギに辛みが絡めてある。






では、いただきます。







イメージ 4

麺リフト、太麺と言っても自分が期待するほどの太さではないが、辛みネギの下の野菜もたっぷりでヘルシー感満載。
麺は見た目通りの期待を裏切らないド直球の味と食感、地方のスタンダードなのかやはり麺の茹で加減は柔らかめ。

スープはあっさり味噌味でごまと炒め野菜の風味が効いていて、尖ったところは無いが誰しもが好きになれる味と思う。
その合間に野菜に辛みネギを頬張ると角が出てきて食べ応えが生まれる。

それにしてもこのネギ…ネギ本体の辛みこそ穏やかだが、絡めた唐辛子が後からじわじわと攻撃してくる。
食べ進めると口の中がピリピリ、スープすする時も温かいスープにトゲが生じる。

予想以上に辛みはしっかりで、これはあまりオススメできない部分でもあるかも。


最後にはピリピリ感だけが残ってラーメンの味が分かりにくくなってきた、これはあまり好きじゃない辛みだな。。。






ごちそうさまでした。




と、いうわけで次回以降は辛みの無いタイプのラーメンを選んでみようと思う。

気が付けば店内は大勢の人。
他のお客さんが『特製ラーメン』を注文している声をよく聞いた。
醤油系のラーメンのようだが、次はソイツだな!!





イメージ 5

会計後に外に出ると駐車場がカオス…自分は建物側にコルト停めたのだが、目の前ギリギリに大きなワンボックスが、ドーン。


オイオイ、これ、自分以外や長いクルマだったら出れないぞ。
次は近いし自転車で来るか、雨じゃない日にと思った雨の昼下がり。

開くトラックバック(0)

嗚呼、冬休み最終日2019

「誰か助けてくださいっ!!」





そんな昨日の後輩の嘆きから始まった本日1/6。

本日で10日間の長い冬休みが終わる…
贅沢はいえないが10日と言ってもあっという間で寂しい限り。



同じ境遇の大学の後輩Fコシ、嫁さん家族の実家でのんびりしており、
昨日仕事場のある関西へ戻ろうとしていたようだ。
彼は新千歳空港からのフライトで戻る予定ではあったが、
悪天候・猛吹雪で飛行機が欠航。

各ニュースで大きく報じられたからご存知の方も多いだろう。



代替え便として「いわて花巻空港→伊丹空港」という乗継便が
提供されたが待ち時間が6時間以上…

流石にかわいそうで連絡して時間つぶしに付き合う事にした。




アジトからいわて花巻空港は約1時間、昨日オイル交換も済ましたし
ドライブにはちょうどいい距離。

無事に到着していたFコシを拾って先ずは食事に向かう。
彼は初東北上陸という事で地元のメニューや観光を提供しようと思い、
軽く調べておいた。


イメージ 1

とは言っても行った店はチェーン店の焼き肉屋に開店時間ピッタリに一番乗り、
ここで先ずは盛岡冷麺+焼肉のランチをお見舞いだ。
(実は自分も初めて入ったチェーン店だったりw)


両者とも朝飯抜きだったので空腹、自分は調子に乗って麺大盛り!

イメージ 2

自分もFコシも十分満足な量と味で評価は上々、これからも世話になろうと思った。

食った後の時間つぶしはやはり温泉でしょという事になり、
急きょ花巻温泉郷に向かった。




空港付近は天気良くても温泉郷のある山間に進んでいくとチラホラと雪が舞う。




すぐ近くに台温泉というところもあるという事でちらっと回ってみたが、
とても雰囲気の良い温泉で気になった。


次の機会に是非行ってみようと思う。



少し引き返して大きなホテルの日帰り入浴に入ってみることにした。

イメージ 3

手ぶらで行ってもこの規模なら何でもあるでしょ?という目論見はもろくも崩れ…

「バスタオルの貸サービスはありません、ハンドタオル販売はあります」

タオルを買って入浴料¥430払って入浴、とても良い泉質でしっかりあったまった!





随分のんびりと入っていたがまだ時間はある。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

という事で花巻と言えば宮沢賢治の故郷、賢治ゆかりの観光地などを巡って
最後に空港へ戻ってきた。

自分も花巻を巡ったのは初めてだったので楽しかったし、
Fコシの憂鬱な待ち時間が楽しい時間として過ぎたのならば嬉しい限り。


お互い明日からの仕事始め、頑張ろうと声掛けして別れるのだった。






アジト戻って家事や洗濯の合間縫って軽くローラー&ZWIFT。


イメージ 7

今年は短くていいから少しでも多くの時間自転車に乗ろうと思う、
続ける習慣をつけることが必要なんだ。



去年は生活スタイルが変わり過ぎて変化についていけてない部分があったが、
今年はそれを払拭する、これを目標に行こう。


やっぱスポーツで汗かくのは気持ちいいし、風邪や病気に負けない体にしなければ。
よし、今日はゆっくりと眠りについて明日に備えよう。




いよいよ2019年の本格的なスタートが始まるなあ。。。

開くトラックバック(0)

去年10月末の交換から6000kmオーバー走ってしまった愛車コルト。

本日買い物冒険ライドの後、冷たい風が強烈に吹き荒れる中ではあったが実家より
アジト帰還も果たしたし、オイル交換を実施。



こんな風が強い日にオイル交換とは気が狂ったか!?
と言われそう。。。

何故ならジャッキアップしてオイル抜いたら風で廃油がまき散らされる
可能性大だから。






しかし、今回ジャッキアップは必要ない。






イメージ 1

(エンジンオイル上抜き装置)を入手したからだ。

この装置は一般的にどのクルマにも備わっているレベルゲージの穴から
オイルを負圧で抜き取る装置。
なのでジャッキアップせずに古いオイルを抜き取れるのだ。



早速、エンジン始動させてアイドリングしてオイルをある程度暖める。
(そうじゃないとオイルが固くて抜き取りができない)



イメージ 2

エンジンを止めて(始動したままだと吹き出すこともある為)、取扱説明書を見て
チューブ類をセット。



そしてハンドルをポンピングしてタンク内を負圧にしてオイルを抜き取る…

イメージ 3

チューブ内に古いオイルが上がってくる、真っ黒だ。





イメージ 4

あれ?あんまり勢いがない?オイルだから水と違って固いし、
しかも自分は10W-40という固めのオイルを愛用しているので余計に。


イメージ 5

それに装置の公称能力は0.7L/minという事で約3Lのオイルが完全に
吸引されるまで、およそ5分ってところ。

そんなわけで風強いのでオイルエキストラクターの足に転倒防止の為、
工具バックを置いてその他の作業を進めた。







『ズズズズ…』空っぽになったグラスを吸うストローのような音が聞こえた。




イメージ 6

おお、しっかり抜けてるな。

タンクの段付き部がレベルゲージの役割になっているので、
抜けたのは2.8Lってとこか。






イメージ 7

オイルフィルターも交換時期だったのでエンジン側・右前輪タイヤを外して
フィルターにアクセス。


…ジャッキアップしてないので下のクリアランス確保が大変だったな。




無事にフィルターも交換してタイヤ戻す前に摩耗度確認。

イメージ 8

う〜ん、新品で買ったスタッドレスだがフロントは明らかに減ったなあ。

まあ、タイヤ変更後に舗装路・高速道路を走ってることが多いので仕方ないか
(リアはやはり減らない)。
来シーズンは前後交換して2シーズンは持ってほしい。



こうして交換作業の抜き取り・交換は終わったので、いつものLINK POWER
3L入れてアイドルして漏れがないこと確認。

道具の使い方を確認しながらだったので時間はかかったが、
初の上抜き作業無事完了である。





ジャッキアップいらずはやはり楽、何より下にもぐる作業が無いし
その分リスクも減るので安心だ。


さてそうなると去年の車検から変えてないMTオイル交換が次の課題。

本当はディーラーにクラッチ交換頼むついでに変えてもらおうと早半年…
さて、どうしようか?




新年早々悩みの種が頭に浮かんだのだった。

開くトラックバック(0)

Abex@実家生活から戻っております。




去年30日から昨日4日AMまで実家帰省し、ゆっくりと、本当にゆっくりと
過ごさせてもらった。


平日は高速道路のETC割引非適応なので少しケチって2つ手前のICで降車。

そして途中にある登米市佐沼にもあるラーメン屋・優勝軒の一関バイパス店で
ラーメン初めしてきてからアジト帰還となった。

イメージ 1

相変わらず多種を選べず、自分の気に入ったはずれの無いメニュー頼む姿勢は変わらずの辛味噌小富士ラーメンだった。



前回のブログを書いてから荷物積んで移動して文字通り食っちゃ寝のひどい生活を
5日間も送ったから、仕事に復帰できるか不安でしょうがない(笑)

そんななまった体を元に戻すべく、降雪の無い宮城の年明けだったので
早速自転車出して軽く走った。
愛車はロードツアラー、のんびり走るにはちょうど良いマシンだ。





時間も遅めだったので近所の神社に初詣と新通勤路開拓を目的として走った。


イメージ 2

この神社、通勤路のすぐ近くにあったのだが、結局移り住んで1年経ってこの初詣が初めての訪問。


鳥居をくぐって右手におみくじが置いてあった。


イメージ 3

お賽銭とお参り後に一番右手のおみくじを1枚引いたのだが…中吉
しかしその忠告文があまりにも的を射てるようで驚愕した。
おかげで凶だ大吉だという部分はどうでもよくて、忠告文の教えをしっかりと胸に刻みアジトに戻った。




イメージ 4

軽くという事で10kmの走行だった。
それでも体動かしたことで眠りに入るのはスムーズだった。






さて本日、実家では昼前まで寝てしまっていたのにアジト戻ると
それなりに早く目が覚める。
天気良く暖かい、ならば本日も自転車乗ろう、買い物は自転車で
少し遠回りして行ってこようと思った。




しかし、外出たらものすごく風が強い…でも行こう。




本日もロードツアラーで走る。

せっかくのグラベルロードだ、今まで走ったことない砂利道なんかも走ってみようとREACTOでは避けていた道も攻める。


イメージ 5

確かにサクサク進むことはできないが35Cのブロックタイヤとリム汚れに左右されないディスクブレーキは安定感を生み、平然と走れる。




調子乗ってグイグイ進んでたら少し迷う(笑)




田んぼのあぜ道でiphone片手にルート確認、強烈な向かい風に翻弄されながら本ルートに戻ったりしてみた。



イメージ 6

途中で今まで知らなかった場所をいくつも通り、新鮮な驚きも感じる新年だ。





無事に買い物完了し帰り道は勝手知ったる道の方面へ。

それでも道が拡張されていたり増えていたりしていやがうえにも
時間の経過を感じる。


イメージ 7

気が付いたらちょうど1年前に初めて来た記憶のある長沼まで足を伸ばす。


去年は雪が多かったし水門前の水が凍っていたが今日はそんな雰囲気はゼロ。
いかに寒く厳しい冬だったのかを改めて知る、おかげで風以外の要素は快適に思う。





イメージ 8

ただ、やはり日陰は残雪と路面凍結があり気軽にアチコチ出かけるのは危険であることは変わりない、大人しくしておこう。。。



イメージ 9

こんな感じで36km走行、グラベル路と向かい風のせいで距離以上の
心地よい疲労感。
あとは普段着で走ってたから汗冷えが厳しい…
高機能ウェアってすごいんだなと改めて実感するのであった。






こうして2019年の車輪生活もスタート、去年よりももっと積極的に乗っていこうと
決意し残り1日の連休を楽しもうと思う。

開くトラックバック(0)

2018年を振り返る

Abex@ようやく年末の大掃除完了。



27日で仕事納めして28日から冬季休業に入ったわけだが、先ずはアジト内の片づけから開始。

全然手が付いていなかった自分の生活空間、それはそれはひどいもので…




そんな中、28日の夜は会社のメンバーと忘年会、若い衆が計画してくれて参戦。


イメージ 1

ビールに肉にとたらふく食った。


今年から始まった新工場も何とかケガ人発生も大きな問題もなく今年を締めくくることができて、本当に良かった。



皆、来年も宜しくな!





大掃除の続きを昨日はやってようやく落ち着きを取り戻し、年を越しても良さそうな状態に持ってこれた。
それで力尽きてぐったりの夜だった(笑)





今日はこれから実家へゆっくりとドライブで向かおうと思う。




やはり年末年始は家族そろって新年を迎えるのがいい。





イメージ 2

年末らしく白い世界になっているアジトや東北地方、ニュースでは関東や西日本側でも雪だとか。
慣れない地方には大変なことだろうけど、我々は慣れたもの…と言って油断してはならない。

いつもつけているラジオから事故による道路通行止めのニュースが流れる(実家帰省には影響ない路線だった)
やはり冬道雪道は通年で最も注意が必要な時期だ、夜は避けて明るいうちに移動しようと思う。




ただ、やはり年の瀬は今年の振り返りと反省、そして来年への意気込みをまとめる必要があるだろう。
そんなわけで今は今年撮り溜めた写真や動画を見返している。





今年一番のトピックスはやはり生活空間が19年ぶりに東北の地に戻ったことだ。





高校卒業してすぐに実家を出て、北海道→愛知と移り、こうして宮城の地へやってきた。
地元近くに戻ってきたとはいえ、やはり東北の地の事は離れていた分疎い部分が多く新鮮だった。
その新鮮さは12年ぶりに道の駅スタンプラリーという形で走り回ることに没頭させた。



実はちゃっかり11月には東北道の駅をすべて巡り、2018年スタンプラリーは完走していた。

昨日、その完走証と記念ステッカーが届いた。



イメージ 3

なんて良いタイミング!!本当に良い記念となったな。




おかげでコルトの走行距離が一気に伸びた。

記録が正確に残っていないが去年11月19日の時点で走行距離が91412kmでオイル交換の記録がある。

イメージ 4



イメージ 5

そしてGWに10万km超えて、今日現在で119500km、実家往復で確実に12万kmを超える。

今年1年で間違いなく2万km以上走ったはず、これは道の駅スタンプラリーが大きな影響だろう。
スタンプラリーの走行記録をまとめると全行程22日間で約8000km走行だったからなぁ、走った走った。


自転車乗り始めてからずいぶんとクルマでの走行距離が短くなってたから、これだけ乗ったのは久し振りだ。







ここで話題の出た自転車、今年はどれくらい乗った?


ほとんどBrytonで走行ログを取ってたので、その年間記録を見てみると…


イメージ 6

3028km、ここ最近からすれば約半分というところか。


仕方ない、通勤も含め明らかに乗ってないなという感覚だし予想通りの結果だ。

今年は雨も多く乗る機会が少なかった事とそのせいでイベント中止やコース短縮もあってのことだろう。
あと、冬は降雪と寒さで外で走る機会が減ったことも大きい。

去年からオンラインサイクリングZWIFTも導入しているが、やはり室内でローラー漕ぐのと外で走るのは圧倒的に外で走る方が楽しい。



特に移り住んで1年目の自分にとっては走る場所すべてが新鮮だ。



そんな2018年、少なくなったとはいえ色々イベントも出た。

GWの富山湾岸サイクリング、梅雨前6月頭の新潟シティライド、7月頭のツールド347、9月終わりの相馬復興サイクリング。

その中で一番の印象深いのはやはり9月のツールド東北・気仙沼フォンド210km完走だろう。
しかも東北枠での出場だっただけになんとも感慨深い。
(…この辺のイベントについてブログ書いてないなぁ。来年の宿題だな。。。)


自転車も気が付いたらターンとメリダの2台増えたし、なんだかんだで自転車熱が冷めたわけではない。

2019年は今年よりも走る事を目標で過ごしたいと思う。
その為に来年のイベントも1つエントリー完了している。


仕事の忙しさでモチベーション維持が一つの課題ではあるが、やはり体を動かしていない分、人間ドッグではしっかりと悪い結果が表れているのでそちらの改善にも役立つし頑張ろう。
ここまで長々と書いてきたが、自分の今年の漢字一文字は『忙』だな。


とにかく年始から後半にかけて仕事に追われる感じの加速度が半端なかった…
きつかったなあ。



まあ、その習慣にも(残念ながら)慣れ始めてきたので、来年始からは何とかなるだろう。

先ずは2019年の目標は身体的にも精神的にも健康でいる事、これだな。






それでは今年のブログはここで終了とさせていただく。

皆様、今年もありがとうございました、良いお年を!!

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事