ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

休日の今日、散歩に出かけたAbexですが、目的地は公園だけではありません。
 
 
バンコクのバイクショップに行く。これがメインです
 
相変わらず休日になると自転車乗る欧米人ばかりに目が行ってしまいますw
 
 
 
そうして先ず月曜日開いてなかったバイクショップへ。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店内はMARINというブランドのMTBメインで置いてありました。周りはグッズもいっぱい。
値札をみると一番安い奴で16000バーツくらい。現在2.51バーツが1円なので約4万円か・・・
多少安いけれど日本で買うのとそう大差ない。やっぱ買うとなると一大決心だなー。
 
 
その後、ルンピニ公園を目指し歩きました。
公園の北通りにもう一軒バイクショップがあるようなんです。
 
イメージ 5
 
辿り着きました!!TREK専門ショップ・PROBAIKE。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中はロード・MTB・クロスバイクまで幅広いラインナップ。ちょっとウキウキwww
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TERKショップとのことですがDAHONも置いてありました。けど、だいぶ割高。
 
イメージ 8
グッズの方はパールイズミからOGKまで日本製のものが多数置いてありました!なんだか嬉しい!!
でも、値段は超割高やっぱ日本のものは日本で買うのが良いみたい。
 
じっくりと店内を眺め、次々とくる欧米人のお客さんに圧倒されながら出ました。
 
その後、散歩再開
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本大使館を見てきて・・・
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ルンピニ公園に到着!!ここまでくるのにどれだけ歩いただろう?かなり汗だくです
さすがに公園内をすべて歩くことはできませんでした。。。
 
休憩中に目の前を颯爽と通り抜ける欧米人の自転車乗り。うらやましい・・・
 
 
そんな自転車屋めぐりの後、歩いてホテルへ帰還。途中で食べたマクドナルドのドリンクがでかいのにちょっと驚いた日でした

タイでの出会い

さて、タイで迎える3度目の休日。
 
・・・とはいえ、特にやることも決まってないんですがね。
 
 
そこでまだまだホテル近辺のことを知らないと運動不足解消の為、散歩に出発。
バンコク一広い公園・ルンピニ公園を目指して歩き出しました。
 
もうすぐ11月で日本は寒くなってきたというニュースが流れるようになりましたが、タイは今日も気温32℃という真夏日
歩いているだけで汗だくですよ。。。
 
 
そうやって歩いていると交差点に差し掛かり赤信号で止まる。
 
・・・すると、いきなり隣の外人さん(おじさん)から英語で話しかけられた
(相手はタイ人ではない、欧米風だがアジアっぽかった)
中学・高校の英語テストは軒並み赤点、そんな自分はもちろんリスニングなんてまともにできませんが、なんとか道案内を頼まれてることくらいは理解できた
しかし、もちろん応えられるほど道に詳しくないし、英語で答えることなんて不可能www
 
『I Don't Know.   I am  Japanese. 』 カタコト英語で必死に答えた。
 
そしたら、おじさん笑って『Oh!! Sorry!』って。その後いろいろ話してくれた。
どうやら自分をタイ人と間違えたらしいw
まさか、とは思ったがアジア人種は同じく見えるのかな
 
そして、自分を日本人と知ると隣の女性に声をかけ自分を指差す。女性も『Oh!』なんて言って親しげに話しかけてきた。
 
次に『SENDAI、TUNAMI』と東日本大震災のことを心配そうな顔で話していた。
この後、この外人さん達と自分の3人で会話しながら歩き続けました。
・・・楽しく話していながらも自分はもう必死
発音も怪しいカタコト英語の単語のみで会話を続けました。でも、意外と伝わるものですね(笑)
 
このお二人、シンガポールのご夫婦でタイに15日間の旅行で訪れているとのこと。
なぜ日本人の自分にここまで興味を示したのかというと、どうやら奥さんの妹さんが日本でバンド活動をしているそうで!!
妹さんはギタリスト兼ボーカリストやってるんだって。
 
そしたら、『日本のどこから来たの?』って聞かれたので『NAGOYA!』って答えると、またまた『Oh〜!!』と二人ともテンションアップ
どうやら妹さんの活動拠点も名古屋らしくなんたる偶然!!!!自分も思わずビックリです
その後、その妹さんと国際電話でご挨拶したりしましたwww
 
なんだかいきなりの展開でしたが、本当にこのタイ・バンコクという街でこんなに不思議なつながりがあるって運命って思っちゃいました。
 
 
 
そうしてスクンビット通りを西に歩き続けチャットロム駅に差し掛かると、どいうやらこの先はご夫婦とは行き先が違うみたい。
名残惜しくお互いに別れを告げました。
 
『Thank You! Good bye!!』
 
時間にするとほんの20分ほどの出来事でしたが、なんだか楽しい気分でした。こんなこともあるんだなー。
タイの散歩中にあった世界を又にかけた出会いのストーリでした

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事