ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

「う〜〜〜ん、どうしても調子が…」


210kmのTDT最長コースである気仙沼フォンドに参加中の自分、残りも40kmを切ろうかというタイミングではある。
そんな時に自分の脚でも体力でも時間でもないところに気が散って、集中できずにいた。



それはリア変速がうまく決まらないという事だ。



TDT本番直前1週間でワイヤー類を全交換したわけだが、そこからほぼぶっつけ本番で挑んでいるわけで走行距離も長いからワイヤーなじみの変化でこうなることも仕方がない。

リアの7〜9枚目辺りで変速が決まらず『カラカラカラ…』

シフターを起用に中間まで押し込んで無理くり変速をさせ、だましだまし走っていたのだがこれがとてもストレスに。


ちくしょう、やっぱりメンテの直後にロングライドは良くないなあ、今更ながら反省して走り続けた。






この変速の調子が悪くなってきたのが北上川近くに来てからであったのが幸い。
リアス式海岸のアップダウンが少なくなってきたおかげで、変速の決まりにくいギアをあまり使わずに走る。


平坦路が目の前に広がると何かから一気に解放されたようになり、体が軽くなった。
往路では向かい風の区間も風向き変わらずで追い風に。


おかげで文字通りスイスイと進んでいき、TDT気仙沼フォンド最後のASである北上ASに到着した。


イメージ 1

本当はここで変速調整すればよかったが、もうすぐゴールと言う高揚感と少しでも時間を残したいと足早に動いている間に忘れていたw



イメージ 2

最後の補給は…ここでもご飯類、玄米ご飯。


このご飯だけでは物足りなかったのだが、これにぶっかける”ウニめかぶ”が本当に絶品だった。

イメージ 3

南三陸ASでお腹が受け付けないと話していたmacさんも「うまいうまい!」と口に運んでいた。

優しい味わいにめかぶのツルリ感のおかげでご飯がスルスル入り、ウニの濃厚さが後味にグッと深みを増している。

意外と多いかなと思った容器内の玄米ご飯は一瞬で無くなった。


この補給で最後の区間、元気いっぱいに走れたなあと今になって思う。

早朝から我々を照らしてくれていた東から上った太陽は、気が付いたら西の空へ高度を下げている時間。
それだけ長い時間をサドルの上で過ごしている、ここまで走ったのは180kmの道のり、そりゃ時間も経つだろう。

そんなTDT2018も残りわずか、よし、ゴールを目指そう!と最終ASを出る。



イメージ 4

そこから10kmほどで北上側を渡り、橋の終わりで信号停止。


イメージ 5

左手には大川小学校が西日を浴びている。
遠くから手を合わせ、北上川沿いの平坦区間をひた走る。

この区間はもう手に取るようにわかる、今まで参加したTDT全4回すべてで走った区間だし、いよいよゴールと言う感動と寂しさを味わうのは毎回同じだ。


ただ、3年前の2015年よりも余裕がある気がする。


距離は伸びだが、それ以上に自分が成長しているのだろうと自信になった。





そして遠くに石巻専修大学が見え、辺りも暗さが目立ち始めたころ、遂にスタートを切ったTDTゲートをもう一度くぐり、無事にゴール!!


イメージ 6

サイコンの指し示す時間によるとスタートから11時間25分の出来事だった。

TDTの上りを見ながらバイクラックの元へ移動しているときに安心したのか、不思議なくらい上半身の力が抜け疲れを感じた。

本当に、本当に疲れたけど、本当に楽しかった!!




長年目標としていたTDT最長コースを完走すること、無事に達成して感無量だった。


イメージ 7

バイクラックに愛車CR1をかけて、先ずはお疲れ様!


最後まで変速は調子悪いままだったので、帰ったらすぐに調整してやらなきゃな。


イメージ 8

イメージ 9

サイコンの確認、210km走行・消費カロリー3900kcal、そして大会終了まで約30分のゴールだったようで、予想通り時間目一杯使っての完走となった。




完走証を受け取り、先に北上フォンド100kmを完走したあーさーと無事回収され戻ってきたクマキチと合流した。

イメージ 10

みんな、お疲れさまでした。クマキチが思ったより元気で何より、階上ASのクリームサンドをむさぼっている姿見て安心したwww





こうして、ケガ無く事故無く(リタイヤはあったが)楽しくTDT2018は幕を閉じた。

今年から自分が受け入れる側になり、2人の仲間が愛知から来てくれたわけだがよく来たなあ、ありがとうという気持ちでいっぱいになった。
ボランティアスタッフさん方が言っていた『ありがとう』はこんな気持ちなのかな、と勝手に思ったり。



これで自分が立てた目標であるTDT最長の気仙沼フォンド完走は達成、次は何を目標にしようか?


イメージ 11

そこで思う事は意外とTDTの事を知らない東北の人が多いこと。

これだけ大きな大会ながら、まだ地元に浸透しているとは言えない部分もあると住んでから知った。
それならばもっと身近な人に参加してもらえるように声かけよう、自転車好きになってもらおうと思う。



というわけでTDT2019はもちろんエントリーするとして、新しい仲間を迎えて一緒に走れるようにやっていこうと思う。

次はワンウェイフォンドも面白いかなとTDT2019開催の情報を待つ、今日この頃であった。






おわり

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事