ここから本文です

Abexの車輪生活

自転車を中心とした話題や活動のBlog。 Let's 車輪生活〜♪

書庫ラーメン!!

おいしい食べ物のことについて。ラーメンが主w
記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

4/13にコルトの作業途中で買い出しに出かけた時に、ふと昼飯がまだだったことに気が付く。


う〜ん、どうしようか?
帰ってから何か作ろうか…という気分にもなれず、買い物に来てたカー用品店のそばの幸楽苑に久し振りに入った。


昼飯時を大幅に超えていたせいでお客はまばら、カウンターに着いてメニューを見る前に目に飛び込んだPOP。


イメージ 1

いつぞややっていたW麺シリーズのつけ麺版をやっている。
普段はつけ麺食べないが、こういう機会くらいは面白いだろうと餃子と共に注文。



んで、着丼。


イメージ 2

まず最初に思ったのが麺の量が思ったより少ない、2玉とはいえ。


イメージ 3




少し残念に思いつつも、いただきます。





つけダレは醤油ベースと魚介出汁の2種でどちらもアツアツ、麺は冷盛り。

先ずはさっぱりと醤油味で食べ始める、酸味が効いてのど越しの良い麺がつるりと入り重くなくて良い。
ただ、やはりもっと太麺の方が自分は好みだな。


続いて魚介出汁は期待通りの味で魚介系の味わいに忠実な出来で、この2種の組み合わせはある意味黄金コンビかなと。



つけ麺の苦手なところはつゆが薄まって冷えてきてしまう事で、2種のつゆがあってもそれは回避できない事だった。。。


POPの通りに最後は2種のつゆを合わせて食べてみるが…魚介出汁の強さに醤油が負けてそこまで劇的な変化は味わえなかった。

餃子は、いたって普通の餃子で孤独のグルメ流で酢と胡椒とラー油で食べて満足。






ご馳走様でした。






それなりの量と基本的に酸味のある後味さっぱりのメニューだったので、あまりくどくなくそれなりに満腹になれて良かった。

たまには大きなチェーン店も悪くないかなと。

開くトラックバック(0)

同級生の結婚式出席で東京を訪ねてから1週間後の週末、4/6〜7の2日間、野暮用で自分は北関東に向かっていた。


目的地は栃木群馬にそれぞれで、コルト乗って先ずは栃木の那須塩原市の南・矢板市に向かう。



目的地の手前のPAエリアで少し早い昼食。

イメージ 1

イメージ 2

阿武隈PA上りで白河ラーメンとミニ豚丼のセット、これといった特徴は無かったがスタンダードなはずれの無い味わいで満足。


一つ目の用事を済ませたら、次の目的地まではすぐなので時間つぶし。


イメージ 3

イメージ 4

iphoneで近所のスポットを探し、つり橋と初夏の暑さ感じる空気と水辺の風を浴びてから、次の用事を済ませてまた移動。



ホテルを栃木県佐野市に取っていた。



佐野市と言えば佐野ラーメンが有名で、過去に3件ハシゴしたことのあるあっさりスープと青竹使って生地が作られる平打ち麺が特徴。


ホテルチェックインして少し早い夕食タイム、





店先に多くのお客さん、用意してあるベンチまでびっしりで待つ気になれない。。。





さてどうしようか?と辺りを見ると、もう一軒ラーメン屋があるではないか。


iphoneで検索するとこちらでも佐野ラーメン系列がいただけるという事で入店。

イメージ 5

麺屋みをり、外観もさることながら店内もおしゃれな雰囲気、
カウンターに座る。



イメージ 6

メニュー表、結構いろいろ種類があるがここでは最も左上のおすすめを食べることにする。

勢いで塩ラーメン大盛り+全部のせ、更に二色餃子まで注文。


イメージ 7

イメージ 8

麺は期待通りの平打ち、しかし思った以上に塩っ気が強い事とバラ肉チャーシューが予想以上に油濃くてキビシイ。


イメージ 9

その濃さから逃げるように独特な緑色の皮のしそ餃子を口に運ぶ。


イメージ 10

何も付けずにかぶりつくと口中にしその香りと肉汁が広がるが、
こちらも味が濃い目で…逃げ場なし(笑)


全部乗せをやめてゴハン付けとけば良かったかなと少し後悔。

コンビニでビール買ってホテルで飲んで温泉入って就寝。




…そしていつも通り寝れず、睡眠不足のままホテル西の安中市まで移動。

そこには目的地の少林山達磨寺がある。

イメージ 11

イメージ 12

ここはダルマの総本山でコルトに貼ってるステッカーとミニダルマは5年前のここで買ったものだ。


イメージ 13

新しい生活を始めた自分にもう一度ダルマの加護をと思い、訪れたかったのだ。


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

相変わらずの境内にアジト付近ではまだ咲いていなかった桜が満開でキレイだった。


お参りの後、同じステッカーとミニダルマを調達して、なんだかデザインに魅かれてポロシャツまで買って帰った。




帰り道、また栃木県内のPAでちょっと早い昼食にラーメンを食す。


イメージ 17

ちょっと刺激が欲しく、辛いラーメンを注文。

イメージ 18

イメージ 19

麺に唐辛子が練り込まれているという事で、麺まで赤く染まっており、いかにも辛そうだがこれが意外と爽やかな辛さで良かった。

見た目よりもコクと味わいが深く満足のできる一品だった。




こんな感じで軽く弾丸な北関東の旅だったが、楽しい2日間…
自分の悩みはさらに増すのだったwww

開くトラックバック(0)

さて時間は2018年12月8日、この日は野暮用で実家の青森に帰省する予定だったが、その前に散髪と買い物と腹ごしらえ。


ちょっといつもの時間より遅く髪切りに行ったら時間かかった…


買い物の後に昼飯と思ったが順序替えて先ず昼飯と店に向かった。



イメージ 1

優勝軒 登米佐沼店


”勝利を呼ぶ店”とあるが、いったい何に勝利するというのだろう?
という不意の疑問は無視して開店直後の入り口をくぐる。


流石に空いているので窓際のカウンター席に着席。


イメージ 2

お、前回来た時とメニュー表が変わってる、ちょっと見易くなったな。


相変わらず目当ては二郎系?な感じのラーメンなのだが、前回は限定となっていた台詞は無くなり辛味噌味も選べたのかと気付く。

というわけで『小富士チャーシュー辛味噌、極太麺』
でオーダーした。




イメージ 3

数分で着丼、赤いスープの上にそそり立つ、ヤサイの塔と3枚のチャーシュー。







よし、うまそうだ、いただきます。










イメージ 4

麺リフト、極太麺は自分の知っている極太麺の中では中クラスだが、しっかりとコシのある麺で濃厚なスープの持ち上げも良し。

チャーシューはちょっと薄い切りなので物足りないがヤサイを口に運ぶには良いアクセント。

途中で天地返し、麺とヤサイをわしわし口に運ぶ、辛味噌と言いつつも辛みはほぼ感じず唐辛子の風味が後味でじわっと広がり食欲をそそる。



う〜ん、赤富士ラーメンが気になるが一度激辛味噌ラーメンでやられてから、ちょっと躊躇してしまう…

まあ、無理して食べる必要は無いな、こちらで十分うまいし。






ペロリと完食、ご馳走様でした!!






やはり極太麺は食べ応えがあって満足感、高し。

またたびたび利用する店であろう優勝軒ではあるが、他のメニューを味わう日は来るんだろうか?
(違うメニューを頼めないニンゲンw)

開くトラックバック(0)

時は2018年11月19日、この日は人間ドッグで1日仕事休みをもらっていた。

宮城に来て初めての人間ドッグだったのでどれくらい時間かかるのか読めなかったので、朝一から病院へ突入。
そしたら意外と早く終わって暇になってしまった…ので、ドライブ兼ねて南へ。





向かったのはまたしても多賀城市、気が付けば一昨日行ったばかりの場所。




そして辿り着いたのも一昨日来た

イメージ 1

ラーメン☆ビリー多賀城R45店!!
早速、醤油味以外のラーメンを食べに来た、塩ラーメン!
(こうやってまとめてブログに書くとこの1週間は二郎系ラーメンまみれだったなぁw)



躊躇せずに券売機で塩ラーメン、と思ったがトッピングと量に悩み、味玉付きで普通盛りをチョイスした。
オーダー時に「ヤサイ・ニンニクマシで」とコール。


そして到着の塩ラーメン味玉付き ヤサイニンニクマシ

イメージ 2

おおっ、初のヤサイマシは山の高さが際立つなあ、これぞ二郎系のヴィジュアル。







では早速、いただきます!!







先ずは初の塩ラーメンという事でスープから行くことにし、レンゲで淡い色のスープをすくう。

イメージ 3

一見、ビリーの真っ黒な醤油スープを知らないと特に変わったところのないラーメンに見える色。
しかし、鼻をくすぐる香りからもそれとは違うと分かる、明らかに魚介系のそれを感じるのだ。


そして口へ運ぶ、おお、良いじゃないか。


スタンダードな豚骨特有の甘みにコク、そして追いかけるように魚介風味がやってくる。
これこれ、自分はこの味が好きだ。
一気にテンションアップ、人間ドッグ受けてきて少し健康に気を使わねばという感情は消え去ったw


イメージ 4

ヤサイと一緒に隠れていた豚を頬張り、うまいうまい。



イメージ 5

そして麺へ移行する、醤油の黒さを吸っていない麺はなんだか新鮮で味わいもより小麦を感じ、味のバランスが向上していると感じる。

まあ、単純にスープの好みが合っているせいで評価底上げなんだろうけど、改めてバランスの重要性に気が付く。
カラメにしているのに味わいがマイルドなので加速して食べ進めていく。




イメージ 6

食べ終えた後の器に残るスープが完飲間近、本当にうまかった…きっと昨晩の人間ドッグ用絶食も影響してるんだろうけど。









ご馳走様でした!!








この塩ラーメンは他店では提供がない多賀城R45店オリジナルだそうで、この店、指名店になりそうな予感。

ヤサイマシで十分お腹いっぱいになったので大満足な昼食だった。

開くトラックバック(0)

時は2018年11月17日、この日の夜はアジトから南70km離れた多賀城市にいた。


この時にMERIDA ROADTURERを注文しに来ていたのだ(一部店舗でしか注文できず、最寄りがここだった)。
せっかくここまで来たんで一昨日の二郎系モヤモヤを晴らすべく、その店に向かった。



イメージ 1

ラーメン☆ビリー 多賀城R45店


宮城県では名をはせた二郎系のチェーン店、以前来たのは半年以上前。
しっかりコシの太麺に豚をガシガシ食いたいと思い、ここに来た。




イメージ 2

券売機前に来てメニュー表を見ると少し浮気心も湧くが最初の気持ちを大事にボタンを押す。


イメージ 3

豚入りラーメン 麺大盛り


イメージ 5

前回と同じカウンター席に着席して到着を待つ、空腹感も準備万端だ。



イメージ 4

そして待ちに待ったラーメン到着、ニンニクマシにもしたので目の前から香る空腹を刺激する見栄えと香りに既にやられそう…








いただきます!!








先ずはヤサイを豚と一緒に食らう、ビリーの豚入りは数種類の部位のチャーシューが入っているようで様々な食感や味わいを楽しめて、良い。
しかし、そんな自分に悲劇が訪れる。



ガブリっ!!  「んんっっっ!!」 



あまりの空腹感と香りに刺激され、勢い付いてガツガツ言ってたら上唇まで一緒に噛んでしまい、流血…




一気にテンション下がった&冷静になった…




その後は味わう、というより唇の傷を気にしながらの食事だったのでおいしさ半減だったぞ。。。



イメージ 6

それでも平打ち気味の太麺は小麦味も濃く食べ応えあり、満足感、高し。


ただ、やはりビリーの醤油味はどうしても自分に今一つ合わない感じがする、後味の甘みにちょっと違和感がある。
もっと塩っ気が前に出た醤油味の方が自分には合うなと、カラメにしてもその感想は変わらず。







ごちそうさまでした!!








最後にちょっとしたコメントを入れたものの、うまいものはうまいので満足。


もうちょっと近い所に店があればもっとヘビロテするんだけどなぁ。
そんなわけで次回は醤油以外のメニューを試してみようと思うのだった。

開くトラックバック(0)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事