ここから本文です

無題

久しぶりに孫がバスケットをやりに体育館に顔を出した。
schoolのプレイが思うようにできないので登場ということになったようだが、2年前の夏休みよりも下手になっていた(笑)

帰りには明るい顔をしていたので、バスケ嫌いになる事はしばらくないなとひと安心…彼は最近はバスケよりもドッジボールやサッカー等をやって来ていた。

バスケットをプレイする孫に対する私のスタンスはとにかく「もう二度とバスケはしないぞ」は絶対防ぐというもの…バスケ嫌い作らない。

私の孫だからということではなく、ミニの段階では先ずここがポイントという事は昔から変わらない。

ミニを指導しているOBにも、機会があればそういうことは言ってきた。
大学生とは違うんだということですね。

人によっては大学生には自主性を重んじてバスケを指導しない(指導できない)方がままいる。

工短のバスケット部のOBで卒業後もバスケットにかかわっている人間は意外に多いことが私の密かな自慢(数は少ないが)の1つです。

このblogもそういうOB達によって支えられているわけです。

全くの素人の私が工短を退職したいまでもバスケットにかかわっていられるのもおりにふれ私に教えてくれた彼らのおかげです(笑)

この記事に

無題

今日が3回目孫のバスケットschoolの見学(迎え)、おかけで2時間も体育館でバスケットを見ることが苦にならなくなってきた(笑)

リボーンは北信越予選の決勝で長野のチームにやっとこさ負けた(笑)。
ショットの調子が悪い、コンビが合わない、疲れた等々個人が勝手分断されて一人相撲をとって敗けを選んでしまった。

全国大会ではそれを反省したのか、自滅だけは避けられたようだが?決勝の内容は聞いていないので…。

そういうことがあった後に、それを糧に自力でチームを建て直すことができるのは実力のある証拠。

gameはいろいろな要素が重なって勝敗が決まる。
ディフェンスやオフェンスもその一つの要素でしかないしそこがゲームの面白さだ‼

ボビー・ナイトも言っている「ゲームのやり方を教える」と。

この記事に

無題

オリンピックおじさんの訃報も昨日飛び込んできた。

今日のように外国に行くことが、我々が東京の大学に進学することと変わらないくらい世界が狭くなったこの時代に比し、まだまだ世界が広く世界を股にかけて飛び回ることが珍しい時代から、各オリンピックに駆けつけ、日本選手を応援する姿はTVの前の我々を思わずニヤリと和ませてくれた稀有な存在だった。

勿論、大相撲中継でも「いたいた」とつい口にしてしまうくらいの人気者だった。

JOCの竹田会長の退任表明後の囲み会見が生中継されている。

メディアの皆さんはここぞとばかり傷口に塩を塗るような質問を繰り返している。

落ち目の人間には厳しく、権力者には腰が引ける、これが最近のメディアの実体か?

ジェット・シンからリボーンの活躍に賛辞の書き込みがありました。

新潟のクラブチームにはヘッジやチーム新潟等の古豪チームと商業のOBを中心とした新参チーム(名前がわからない(笑))もあり、これからの展開が楽しみなんですよ、男子は‼

リボーンは北信越予選を自滅で2位通過したことの反省をいかして全国大会でブレーク、しかしこれに満足することなく更なるレベル・アップをしなければ(笑)

他のチームはリボーンに勝てれば、全国制覇を夢ではないのだから、是非頑張ってほしいですよね。

この記事に

無題

皇位継承にともなって新元号が決まる訳だが、その新元号に安部総理の安の字が使われるのではとの噂が…まさかとは思うが(笑)

社会人バスケット日本一決定戦で本県代表のリボーンは決勝で福島教員に74−84で惜しくも敗れて初出場2位と大健闘でした。

ちなみに準決勝は87−67VELTEXでした。

山本君は「ディフェンスを我慢してコツコツとできるようになったしゲーム中のキツいときは声をかけあってプレイできるようになった」と大会を通じて進歩できた点をあげていた…北信越予選の悔しさを成長に繋げることができたかな(^-^)

今年の県内の社会人バスケットは目を離せないですね☺

「ロックンロール」内田裕也氏が亡くなった。
私の世代では彼については殆ど無関心だったと思うが…樹木希林さんの旦那さんくらいだな。

この記事に

無題

今日は昨日と違って暖かな1日、午前中は散歩に精出しました。

クラブチームの全国大会ではリボーンがOBの活躍で98−83海坊主、85−62 055と連勝しベスト4と明日の準決勝に進出を決めたそうです。

OBの加藤くんが監督を勤める日立大みかは1回戦で近畿1位の大阪代表に3点差で負けたそうです。

リボーンには県勢初の全国制覇を期待しましょう。

公威杯は関根学園が決勝で北越に勝って優勝だそうです。

宮腰監督の県央工業は3位、渡辺君の新発田南は6位さらに二の倉君の十日町総合は8位だったようです。

3チームとももっと足腰を鍛える必要があると思いました。
さらにファンダメンタルもまだまだ練習不足です。

ということはノビシロが十分あるということ、総体にはより成長したteamを見せてほしいと思いました。

そしてそれはすなわち指導者の成長ということだと思いますから。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事