全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

無題

今日も暑い1日になりそうですね。テレビではお年寄りや子供達に熱中症に注意するように呼びかけています。

昨日、OBの佐藤君から8月に仙台で行われるミニの大会(東北電力杯だと思う)の山形県予選で彼がコーチングしている女子のチームが優勝したと連絡がありました。
本大会の前には新潟にも遠征してくる予定があるそうです。
日時が分かったらまたこのブログで連絡します。
どんなチームを作っているのか楽しみですね、早く見てみたいですね。

新潟のミニは2年前に福島の新明君の来県時と佐渡の平田くんのチームが県大会に出たときに拝見させていただきました。
そのときは、強いチームのほとんどがオールコートのマン・ディフェンスをやっていましたね。

そのときはパス・アンド・ランとかボールサイド・カットとかスペースあるいはスタンス、ボール・プレッシャー、ハンズワークなどのファンダメンタルな動きをその中にもっと見たいと思った記憶があったなぁ。

もっと大事なこともたくさんあるような気がしたけど…暑くて今は思い出せない。
ただ私の現役時大の遠くで聞こえていた?選手に対する罵声は聞きたくないですね(笑)
子供達がバスケットを楽しんでいる姿を見たいですよね。
ただし、きつい練習は嫌だという子には育ってほしくない。
けれどミニで練習しすぎというのもどうかと思うけど!

私の孫は小学校の部活にはいると(土)(日)が縛られるのが嫌で入部に二の足を踏んでいる‼

それならお前が見ればというOBもいる(笑)
アッチェなぁ⁉

この記事に

開く コメント(0)

無題

ジェット・シンからさっそく投稿がありました・・・さすが負けず嫌い。
彼は短大とは別の地元の会場でOBチームのゲームを見ていたそうです。
初戦のボンバーズ戦は楽勝と思ってみていたら・・・最後に逆転されて1点差負けだったそうです。
ゲームを見ていて、ベンチワークがなかった?ようで(あれば逃げ切れたかも)、メンバー不足に練習不足が出たゲームだったそうです。

寛人、青山、立川そして山本がいて負けたのを見てショックだったそうです(笑)
いかにも現役のときには練習嫌いでもやることはやった(練習もゲームも全力)ジェット・シンだけのことはある。
高校時代バレーボール→リバウンド(強かった)を期待されてバスケットに転向、チームで得点王を争うほど努力した男だからこそ言えることだね(笑)→だからこそ50才を超えた今でもバスケットをやっているんだろうな・・・すっげぇ。
若いときにみっちり体を鍛えた者は年齢がいっても比較的動けるんですよ…選手寿命が長い。

大好きなバスケットを練習がきついからといってやめる子供たちがかなりいると聞いている。
なかには、勉強するためにバスケットからはなれるという子供もいるらしい。
普通は勉強よりもバスケットの方が好きな子供の方が圧倒的に多いはず・・・中には勉強の方が好きな子もいるが…私が高校生の時、休み時間でも机に向かって問題を解いているクラスメートが私の後ろの席にいた・・・たしかに勉強が好きな子もいる。
指導者も子供もお互いにバスケットが嫌いにならないように良い関係を作ってバスケットに接してほしい・・・それが難しいことは十分承知していますが。

県選手権は大学勢の圧勝かと思いきや、男子は経営大、女子は医療福祉大と経営大がそれぞれ優勝、準優勝だったそうだ。
聞くところによると?北信越大学の選抜に選手をおくらずこの大会にかけたらしい、新潟の大学は。









この記事に

開く コメント(0)

無題


今朝の出勤時の雨は凄かったねぇ。やっとこさ学校についたら小雨になって???でした。
テレビのスポーツ・ニュースを見ていると、高校野球の早実のスラッガー?清宮君ががホームラン数の高校新記録を出すとか出さないとかでもりあがっていますね。
私が高校に入学したとき、運よく?担任が野球部の部長先生をしておられ、私たちが3年生になる年、甲子園大会創立50周年記念大会だから各県1校が出場権を得られる、だから野球部に入り、一緒に甲子園を目指さないかと勧誘されたことを覚えている。
当時は、北信越代表が甲子園に出場しており、甲子園の土を踏むことは今に比べると容当時の球児にとっては容易なことではなかったんですよ。
その甲子園大会も来年が100周年の記念大会になるという話だ。
そうかあれから50年も経つのかと・・・ちなみに私の母校はいまだかって1回も甲子園の土を踏んでいない。
ついこの前までは、甲子園に出場したら是が非でも応援に行きたいと思っていたけれど、昨今はめっきり暑さに弱くなってしまって・・・。

県選手権の新商戦を見たあるOBの話し、
ディフェンスとリバウンドに課題があるものの、近年では一番まとまったチームだ。
気持ちが強い選手も多く、、強くなる素養がチームにはある。
しかしインカレ予選を考えると、もうワン・ランクもツー・ランクも強くならないと厳しい。
全ては夏でどれだけチーム、選手を鍛え上げられるか、監督にかかっていると思う。

1年生の身体ができてきているので、チーム全体が後退しているとは思えない。
しかし個々の能力勝負をしている点は相変わらず変わっていないと思う。
選手は公式戦のせいか、練習試合とは違い。最後までなんとかしようと頑張っていました。
ただケガ人が多すぎのようです。

この中にジェット・シンのレポート?がないのが残念だ。

私に連絡をくれた本人達には無断で掲載してみました、ごめんなさい。
2人ともがチームが昨年よりも上昇気流に乗っているとみている点は昨年までとは大きな違いだ。


今年も母校は日本文理に10点差のコールド負けでした(笑)甲子園への道は遠いな‼。


この記事に

開く コメント(0)

無題

今日は10時から11時30分迄体育館でトレーニング、学生がいない間のトレーニングでした。

短大は初戦の新潟商業に前半20点差をつけて折り返すも6点差で勝利、後半はファウルがこんで苦戦、かろうじて逃げきる。
2戦目は医療福祉大、2ピリで10点差に追い上げるもダブルスコアで敗退、以上畑中部長のメールを参考にしました。

商業戦はほぼ予想通り、後半追い上げられすぎが予想外。
2戦目はもっとやれると予想したが、実力を出しきれない選手がいたのでは(一人の選手に負担がかかりすぎもあるかな?)。
完全に力負けとは畑中部長からのメール!
まぁ次当たるときまでに準備万端出きればいいかな?

長岡高専が去年に続き中部地区の高専の大会でで2連覇を達成したと金子監督から連絡がはいった。
現代っ子相手に上手く対応してやり遂げましたね。
短大にはよく練習ゲームに通ってきていました。
私はとても真似できません(笑)今回も暑さに(想像するだけで)敗けて会場に行かない…しかしブログはみてある記です(笑)

短大のバスケット部は少しずつ良くなっている、いてほしい。
この夏休みが勝負です!

この記事に

開く コメント(0)

無題

稀勢の里は二日目の取り組みで足首を痛めていたな。
琴奨菊と稀勢の里はあんな相撲っプリの悪さでも横綱、大関までいけるんだから、持っているものは相当なものだったんでしょう。
惜しむらくは、成長過程で誰かがきちんと指導してやれば、あるいは自分で工夫を施せればと、たらればはだめですね(笑)

場所前のある番組で横綱白鵬が相撲力学的なものを実際に自分の体を使って実践、解説していたが、あれは誰から、どこで習ったのかと考えると同時に、稀勢の里や琴奨菊はどうだったのかとつい思ってしまいましたね(笑)

大相撲を見ているとモンゴル勢がそういうことに詳しいことが見てとれます。

今日は1ヶ月ぶりに畑中部長とコーヒーブレークでした。
短大の練習も見たかったのですが、ついつい話に花が咲いて(実はエアコンが効いている教官室から出るのが…)結局館内から聞こえてくる声だけ聞いていました。
その声を聞いているかぎりでは明日からの大会は期待できそうです!
午後は明日の対戦相手をスカウトしに会場まで行くとのこと。
気合いが入っていますね。
弱点だったリバウンドのドリルも取り入れているらしいですよ。
身長がないぶんは平面的な動きでカバーするしかないわけで、問題はそれをどうやるかだけですね。

明日は畑中部長の速報を楽しみにしています。

この記事に

開く コメント(0)

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事