イメージ 1

今春、門司学園高校を卒業したラグビー部のOG・長田いろはさん(立正大学)が、アイルランド・ウエールズ強化遠征の15人制女子日本代表候補として活躍しています。6月11日にグラモーガンでおこなわれた最終戦では若手中心のウエールズ選抜を相手に52-10と快勝し、チームの勝利に貢献したようです。

http://rugby-rp.com/sp/sp_news.asp?idx=111481&code_s=1005

今後のさらなる活躍を祈念しています!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

筑紫(17-7)東海大福岡
東福岡(36-5)東海大福岡
東福岡(40-0)筑紫

優勝=東福岡(2勝)
準優勝=筑紫(1勝1敗)
第三位=東海大福岡(2敗)

◆東福岡高校は前年度のアシックスカップ優勝校として、準優勝の筑紫高校は福岡県代表として、7月に東京都江戸川区で開催されるアシックスカップ2017第4回全国高校7人制ラグビーフットボール大会に出場します。両校の健闘を祈念しております!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[一回戦]
筑紫(24-19)福工大城東
小倉(17-7)東筑
東海大福岡(47-0)福岡
福岡工業(34-7)筑紫丘

[二回戦]
筑紫(21-7)小倉
東海大福岡(42-5)福岡工業

[敗者戦]
福工大城東(24-0)東筑
福岡(29-21)筑紫丘

▼決勝リーグ(6/11@東福岡高校グラウンド)
10:30 東海大福岡vs筑紫
11:10 東福岡vs東海大福岡
11:50 東福岡vs筑紫

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

▼3位決定戦
筑紫丘(14-10)福岡

▼決勝戦
東福岡(73-5)筑紫

3年連続28回目の優勝

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

(06/01)今後の予定(6月)

【6月】
3(土)体育大会
10(土)3年:進研模試、1・2年:セミナー、午後練習
15(木)〜26(月)定期考査前のため、部活動停止
22(木)期末考査
27(火)部活動再開、午後練習

◆今月は門司学園中学校・高等学校の体育大会があります。ラグビー部は用具係として運営に尽力しています。1年生が多く、仕事に慣れない様子もありますが、上級生が手取り足取り教える姿もまたラグビー。先輩として、後輩として、部活動だけでなく、学校生活でも見本となるような姿勢を身につけていってもらいたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

◆本日、上記大会の予選リーグ(予選Ⅰ)が4ヶ所の会場で開催されました。

▼各会場結果(福岡県ラグビーフットボール協会HP http://www.rugby-fukuoka.jp/2017fukuhighs7s.html
〔第1パート@筑紫台高校G〕
・一次リーグ
予選A:福岡工業(48-0)中間、福岡工業(44-5)久留米、中間(28-19)久留米
予選B:西南学院(24-14)筑紫台、西南学院(38-14)九州産業、筑紫台(40-21)九州産業
予選C:明善(22-17)光陵、明善(17-14)八幡、光陵(26-12)八幡
・二次リーグ
福岡工業(39-12)西南学院、福岡工業(44-0)明善、明善(30-10)西南学院

〔@香椎工業高校G〕
・一次リーグ
予選D:東海大福岡(64-0)福岡ユース、東海大福岡(36-0)香椎工業、香椎工業(41-5)福岡ユース
予選E:九国大付(40-12)宗像、九国大付(43-7)小郡、宗像(31-26)小郡
予選F:香椎(45-0)新宮、香椎(21-5)八女工業、八女工業(22-12)新宮
・二次リーグ
東海大福岡(43-12)九国大付、東海大福岡(49-0)香椎、香椎(31-21)九国大付

〔@自由ケ丘高校G〕
・一次リーグ
予選G:小倉(34-7)中村三陽、小倉(53-0)自由ケ丘、中村三陽(26-22)自由ケ丘
予選H:北筑(12-5)城南、柏陵(24-10)北筑、城南(24-19)柏陵
予選I:福岡西陵(14-5)福岡舞鶴、鞍手(36-0)福岡舞鶴、福岡西陵(24-0)鞍手
・二次リーグ
小倉(40-19)柏陵、小倉(33-5)福岡西陵、柏陵(19-17)福岡西陵

〔@糸島高校G〕
・一次リーグ
予選J:修猷館(36-14)糸島、修猷館(20-0)合同(須恵・早良・門司学園)、糸島(12-10)合同
予選K:福工大城東(38-0)筑前、福工大城東(43-7)浮羽究真館、浮羽究真館(26-5)筑前
予選L:輝翔館(31-14)小倉工業、輝翔館(31-7)嘉穂、小倉工業(17-5)嘉穂
二次リーグ
福工大城東(15-14)修猷館、修猷館(19-5)輝翔館、福工大城東(62-7)輝翔館

〇門司学園高校は須恵高校・早良高校との「合同チーム」で参加しました。遠方にもかかわらず、合同チームの各校の保護者会の皆様をはじめ、多くのご声援をいただきました。ありがとうございました。
1試合目は15人制Aシードの修猷館高校に、2試合目はホームグラウンドの大声援を受ける糸島高校に挑みました。両試合とも3月の10人制九州大会でのチームワークと、合同練習での練習の成果を発揮し、アタックもディフェンスも見ごたえのある攻防を繰り広げました。しかし、修猷館高校にはロングパスとスピードあるランニングを前に敗戦、糸島高校にはコンバージョンゴール差のわずか2点差で敗戦し、一次リーグ敗退となりました。
合同チームには門司学園高校から片田くん(2年)がFWとして、岡部くん(2年)・松浦くん(1年)・道同くん(1年)がBKとして出場し、それぞれの持ち味でチームの健闘に貢献しました。

◆そして本日の結果において、各会場で二次リーグを勝ち上がった「福岡工業・東海大福岡・小倉・福工大城東」の4校が6月10日(土)に春日公園球技場で行われる予選Ⅱへ進出いたしました。予選Ⅱはトーナメント形式で行われます。
イメージ 1


▼予選Ⅱ組み合わせ
・トーナメントA:筑紫vs福工大城東、小倉vs東筑
・トーナメントB:福岡vs東海大福岡、福岡工業vs筑紫丘

さらにその翌日11日(日)に行われる予選Ⅱを勝ち上がれば、全国7人制大会出場を決める決勝リーグへ進みます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

東福岡(66-17)福岡
筑紫(31-7)筑紫丘

06/04(日曜日)@春日公園球技場
▼3位決定戦 11:00
福岡vs筑紫丘

▼決勝戦 12:30
東福岡vs筑紫

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

◆5/28より開催される上記大会の組み合わせ抽選が行われ、下記のように決まりました。
イメージ 1
門司学園高校は3月の時点で部員不足だったため、今大会は合同チーム(須恵・早良)でのエントリーとなります。

▼予選1
会場=糸島高校グラウンド
[一次リーグ 第4パート予選Jリーグ]
4試合目 11:00 vs修猷館
7試合目 12:00 vs糸島

一次リーグを突破すれば、午後からの二次リーグへ。二次リーグを突破すれば、予選2の決勝トーナメントへと進みます。
まずは一次リーグ突破を目指してチャレンジします。応援よろしくお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

東福岡(62-7)小倉
福岡(19-7)福岡工業
筑紫(52-10)東筑
筑紫丘(34-29)東海大福岡

▼準決勝(05/27土曜日@春日球技場)
11:00 東福岡vs福岡
12:20 筑紫vs筑紫丘

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 2

▼本校をこの春卒業した長田いろはさん(8期生)より、在学中に選抜され、出場を果たした『女子ラグビーワールドカップ2017 アジア・オセアニア地区予選』で着用した女子日本代表のジャージを本校に寄贈していただきました。
門司学園高校ラグビー部から、女子日本代表としてサクラのジャージを着ることができる選手を輩出できたことは、顧問としても、在校生の部員たちも大変誇りに思っています。
先月のワールドセブンズシリーズ北九州大会でも活躍した長田さん。今後も世界での活躍を期待しています!

イメージ 1

▼本校の正面玄関を入ってすぐのコモンホールに展示しております。

ご来校の際はぜひご覧ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事