あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

単行本「片翼のイリス」都環 咲耶子著・本屋・アマゾン・直接取り寄せはゲストブックに来てね。他にもヤフオク、メルカリでもOK

さまざまな視点で観る

すべて表示

本当はのんびり出来ない無人島生活?

       撮影は咲耶子 立花隆が無人島体験記で、面白いことを書いている。 実をいえば、ここにくるまでは、毎日のように食べきれないほど魚が釣れて、ウンザリして捨てたりという光景を頭に描いていた。 立花隆氏 ――ところが、現実はそう甘くなかった―― ほとんど釣れず、釣れる魚といえば毒々しい色のベラのみ。結局、気味が悪くて捨てたそうだ。 つまり、現地調達は、まるで出来ず、持参した食糧を食いつぶしたという。 さて、 私たちが想像する無人島生活と現実の無人島生活には、どんな違いがあるだろう? 体験して、初めてわかることがある。 まず、 やたらに気になるのが「時間」だという。 時計は持参しなかったので、現在が何時かわからない。もちろん文明社会のような予定に縛られた生活ではすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

春爛漫!写真が楽しい季節です

2019/4/10(水) 午前 11:23

kk

生まれる前から計画されていた出会いがある。 他者を通して自分に欠けているものを学ぶのだ。 私たちは完全ではない。 だれもが、それを認めず苦しむ。 まず成長するためには、互いの不完全さを認めなくてはならない。 ...すべて表示すべて表示

詩〜鈍色の空と私と冬の花

2019/2/27(水) 午前 11:37

        撮影は咲耶子 この世で生きることに 意味があるのだろうか? わたしは  冬の空を見上げるが  鈍色(にびいろ)の空は答えない わたしは  ひたすら歩いて ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事