あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

単行本「片翼のイリス」都環 咲耶子著・本屋・アマゾン・直接取り寄せはゲストブックに来てね。他にもヤフオク、メルカリでもOK

全体表示

[ リスト ]

生まれる前から計画されていた出会いがある。
他者を通して自分に欠けているものを学ぶのだ。

私たちは完全ではない。
だれもが、それを認めず苦しむ。
まず成長するためには、互いの不完全さを認めなくてはならない。

トニー・リップとドン・シャーリーが出会うことは必然だった。
二人が出会ったのは1962年。
アメリカ南部で、人種差別的な法律「ジム・クロウ法」がまかり通っていた時代だ。

二人の人格、人種、過ごした環境は、見事に異なる。
トニー・リップは粗野で無教養のイタリア移民だが、社会の複雑さを熟知している。その持ち前の口の上手さと腕っぷしの強さで、ナイトクラブの用心棒をしていた。
片やドン・シャーリーは特権階級の黒人で、天才ピアニスト。
教養、知性も高く博士号を幾つも持ち、ケネディ大統領に直接電話をかけられるほどだ。

単なる偶然では、この二人が出会い、深い友情は成り立たつことはない。
彼らは計画された必然によって出会うことになる。
人と人との出会いには、このような絶妙な「学び」が用意されている。

では彼らは互いから何を学んだのだろう?

実際にトニー・リップは、差別主義者だった。
映画を発案したトニー・リップの息子が語っている。
「ツアーに出る前、父は差別主義者でした。ところが一年半の
旅から帰ってきたときには、考えが変わっていたのです。それからは、常に私たち子供に、人は皆同じだと言っていました
ツアーでの出来事が、トニー・リップを大きく成長させていた。

映画では、ツアーの最中に起こったことが描かれている。
映画と実際は、多少ツアー期間が異なる。だが、どのエピソードも実際にあったことである。

そんなエピソードの中で、彼らは互いに欠けているもの、自分には無いものに気づいてゆく。
「人は決して暴力では勝てない。威厳を保ったときだけ勝てるんだ」
警官に暴力を振るい逮捕されたときの場面だ。
暴力で問題を解決しようとするトニー・リップにドン・シャーリーはこう諭した。

逆にトニー・リップは、白人に媚びて、クラシックの出来ない現状に落ち込むドン・シャーリーをこう励ます。
「あんたの音楽は、あんたにしかできない」

そしてついに、このツアーの本当の目的をトニー・リップは知ることになる。
ツアーの演奏仲間が語る。

「君は一度、なぜドン・シャリーがこれをやる(差別の強い南部でツアーをやる)のかって聞いたけど、
それに答えるよ。天才だけでは十分じゃないんだ。
人々のハートを変えるには勇気がいるんだ。」
差別を当たり前のように受け入れていたトニー・リップには青天の霹靂だったろう。

崇高な目的のために戦うこの黒人は孤高の存在ではあるが、それゆえに孤独で自分の楽しみすら犠牲にしている。

片や、このイタリア男は、人生を大いに楽しんでいるが、
自分の可能性に目を向けず、向上することを放棄していた。

彼らは相手の中に人生に欠けていたものを見出す。
黒人ピアニストは「遊び心」をイタリア人ドライバーは「向上心」を。

そして人間は皆、欠けているものを補い合う存在だということを。

互いに刺激され彼らは変わってゆく。黒人ピアニストはフライドチキンを素手で食べ、イタリア人ドライバーは比喩を使って女房にラブレターが書けるようになる。

彼らの出会いが必然だったのは、彼らの亡くなった日が数週間しか離れていないことでもわかる。
彼らは人生最後の日、ベッドの中で、互いによって学んだことを振り返り、大いなる満足の気持ちで亡くなったに違いない。
そう。人は人によって成長していくのだ。

「グリーンブック」とは、1936年から1966年までに毎年出版されていた、黒人を受け入れてくれるビジネスやサービス機関のリストが記載された旅行ガイドブックのこと。

あらすじ・・・・時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。ある日、
トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、
ドン・シャーリー(マハーシャラ・あり)のコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く
残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。粗野で無教養なイタリア系用心棒と、
インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、ツアーへと旅立った――。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんにちは。久々に映画らしきものを見させてもらったような気になりました。
今も差別はありますが、もっとひどかった時代を痛烈に感じました。
風と共に去りぬ、その時代から押し広げられて来た次の時代でしょうか。

2019/3/18(月) 午後 1:14 [ setonoyume ]

顔アイコン

観に行かなきゃだわ!!(^^)/

2019/3/18(月) 午後 3:32 ☆かっちゃん☆

顔アイコン

映画、観たくなりました。

2019/3/18(月) 午後 4:30 佳季

顔アイコン

> setonoyumeさん
コメントありがとうございます。
残念なことに再び差別意識が広がりつつあります。
それも、国のトップからです。
そんなトップの人たちにこそ見せたい映画ですね。

2019/3/18(月) 午後 6:52 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

> ☆かっちゃん☆さん
とても良い映画でしたよ。
いろいろなことを考えさせられました。
この記事では出会いをテーマに書きましたが、いろいろな切り口でみられる作品です。おすすめです。

2019/3/18(月) 午後 6:54 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

> 佳季さん
観て損はない名作です。
それにしても、イタリア人ドライバーを演じていたのがヴィゴ・モーテンセンだったとは! あのロードオブザリングで二枚目のアラゴルン役の役者だったとは全然気がつかなかったあ。役者ってすごいですね。

2019/3/18(月) 午後 6:59 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

映画のテーマに切り込まれたレビューが素晴らしいです。
読ませていただき、心にストンと落ちました。まだ上映中なら映画館に足を運びたいです。
私も色んな本を読んで、人生は学びの場、魂の修行をするためにこの世に生まれてきたのだという意識を持っています。
だからこの世での出会いは、良くも悪くも魂の成長に必要な出会いなのだろうと思うようになりました。
この映画は、自分に必要な相手との出会いがどんぴしゃで、お互いの持っている良きものの中から、自分に足りないものを見いだし、身につけ、成長する…それが見られるのは感動ですね。
ご紹介ありがとうございます。

2019/3/25(月) 午後 4:48 mimi

顔アイコン

> mimiさん
コメントありがとうございます。
映画から受け取るメッセージは人それぞれだと思いますが、私の場合は「出会い」には必ず意味があるのではと思った次第です。
とくに、このお二人は生まれる以前から計画的に出会うことを決めていた気がします。
私にも、そのような出会いがありました。辛い体験もしましたが、振り返ると学びも多かったです。
映画、まだやっているといいですね。実話なので白々しさがありません。すべて本当のエピソードだそうです。

2019/3/25(月) 午後 9:52 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

忘れないように転載させてくださいね

2019/3/27(水) 午前 8:37 mimi

顔アイコン

こんにちは
転載お願いします。

2019/3/27(水) 午後 1:44 [ a87427 ]

顔アイコン

> mimiさん
よろしくお願いいたします。

2019/3/27(水) 午後 9:28 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

> a87427さん
よろしくお願いいたします。

2019/3/27(水) 午後 9:28 都環 咲耶子(とわさくやこ)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事