あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

単行本「片翼のイリス」都環 咲耶子著・本屋・アマゾン・直接取り寄せはゲストブックに来てね。他にもヤフオク、メルカリでもOK

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
       艶やかな紅葉も散ると、いよいよ冬の到来ですね。撮影は咲耶子

あなたは死んだ。そして今、新たに生まれ変わろうとしている。
さて、あなたには二つの選択肢がある。
神様がどちらかを選べとおっしゃる。さて、
どちらを選ぶだろう?

●原生林の中でハイキングし、夜は川沿いの開けた場所でキャンプ。翌日はカヌーで川を下り、魚を釣るため湖の畔でキャンプ。釣れなければ夕飯は無しだ。
明日は森に入り獲物を捕るため狩りをしようと決める。油断すれば猛獣に出くわす。だが他にも何かしら果物も探せるだろう。毎日がワクワクするほど真剣勝負だ。

●騒音のする金属工場は細かいチリが舞っている。やることはいつも同じだから頭は使わない。だが油断すると手を切断してしまう。ほぼ十時間働いて、夜は狭苦しいアパートで過ごす。
生産性が落ちていると工場長に怒鳴られ、次の日は十二時間働くことになる。
疲れ果てて、寝るだけのアパートに戻る。することは判で押したように決まっていて、昨日も今日も明日も考える必要はない。

どちらを選ぶほうが幸せか? それはあなたの見方による。

ちょっと意外だが、ひと昔前の工員は狩猟採集民よりも長時間、働き、肉体的にもきつく、精神的な満足も小さく、栄養のバランスも悪かった。衛生状態も悪く感染症は未開地よりはるかに頻繁に見られた。

だが、
あなたは原住民のほうが不健康で不自由で不幸せだと思っている。

確かに、産業革命以降、人類の歴史は大きく飛躍して私たちは幸せになったように見える。
けれど、それは生産性という一部の見方であり、一人の労働者の見方ではない。

国家は輝かしい国益を出す。企業は素晴らしい業績を上げる。
それはキラキラ輝いていて、いかにも幸せな光を放っている。
だが、それは底辺の労働者が放っている幸せオーラではない。

彼らにとって、輝かしい国家も素晴らしい業績を上げる企業も一種の幻影かもしれない。
なぜなら、雀の涙のような給与で休暇も取れず、睡眠時間まで削られて
ひたすら働き続けることに、どんな価値を見出せばいいのだろう?

もちろん、底辺にいようと、輝かしいピラミッドの一部だと思い込むことは出来る。
だが同じストーリーの中にいると自分を騙しても、トップは何十億という金を手に入れ、片や時間と肉体のすべてを捧げたあなたは、月給15万で昔の奴隷となんら変わらない。

この状況は、大企業が倒産してもしなくても、国が衰退してもしなくても、あるじが変わるだけで、
日々を搾取される身分は同じなのだ。

こうして現実よりも虚構を信じて生きていく。それはひとつの見方である。
未開地の人々のほうが、人生を楽しんでいる。それもひとつの見方である。
ジャングルの民は何よりも自由であり、搾取されることもない。子供たちの笑顔は都会の子供たちの笑顔より輝いて見える。それは無理やり勉強を押し付けられ、将来、組織の奴隷となる運命を背負っていないからだ。

これは個人の尊厳という、忘れられたひとつの見方である。


※宣伝です。単行本1600円「片翼のイリス」発売しました。欲しい方はゲストブックでお知らせください。
メアドをお知らせします。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事