あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

単行本「片翼のイリス」都環 咲耶子著・本屋・アマゾン・直接取り寄せはゲストブックに来てね。他にもヤフオク、メルカリでもOK

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
何故私たちは存在するのか? 美しい薔薇は神に問いかけない。  撮影は咲耶子

私たちは「宗教」と「迷信」と「霊性」を混同している。

中世では「迷信」と「宗教」が混同され、火あぶりにされるとんでもない実害すらあった。

また霊性と宗教も混同されやすく、現代ではスピリチュアルという言葉を
オカルトか金儲けと結びつけ、うさん臭いと思っている人も多い。

ではこの三つはどう違うのだろう?

「迷信」とは合理的根拠はないのだが、社会生活を営むのに実害があり道徳に反するような知識をさす。もちろん、古くからの生活の知恵を含む迷信もあるが、それを聞く人はタブーをそのまま信じてしまう前に、そのタブーができた前提条件を正しく理解する必要がある。

さらに「宗教」は取り決めであり「霊性」は旅であるという違いがある。

宗教の「神に従えば天国へ行ける」という取り決めは明確で、私たちの行動を規範で統制する。
信者は偉大なる師の答えをそのまま受け入れる。
宗教は、この世の秩序を強固にしようとこころみる。

霊的な旅は逆に「答え」のような明確なものなどない。
「私は何者か?人生の意味は?善とは?」などの疑問から私たちを未知への行き先に向かわせる。
探求者は偉大なる師を超えて、どこへなりとも行くことを決心している。
霊性は宗教とは逆に、この世界から逃れようとするこころみで、孤独なこころみなのである。

だが、どうしてこの真逆なこころみが、混同されやすいのか?
じつは「対極は、ほんのわずかな距離しかない」ということだ。

もっとも有名なストーリーは、大天使ルシファーがいとも簡単に天から堕ちてサタンになったという例だろう。

現実に、偉大な師すら霊性から宗教へ堕ちてしまう。
孤独な歩みであったはずの霊性への道は、いつしか仲間を引き連れ、組織となり、典礼と戒律が生まれる。
霊性の高い書物を残した指導者でさえ、成功を手にして賞賛を受けるうちに、目的を逸脱してしまうのだ。

例えば、モハメッドのコーラン自体は、今でも高い霊性を保っているが、彼が剣を手にした瞬間高みから堕ちてしまった。
「アッラー、慈悲深き者」という名のもとに、今では彼の道は残虐性と憎悪に満ちている。

実際、昔から現在に至るまで、多くの有名なグルと呼ばれる指導者が、セックスや権力、お金に絡み取られ、その富を見せびらかし、不自然な戒律すら説くようになった。

このように霊性の旅は、油断すると宗教の権力へと変化してしまう。
スピリチュアルに興味があるものは、崖ぷちの道を慎重に進むしかない。



開く コメント(15)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事