あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

単行本「片翼のイリス」都環 咲耶子著・本屋・アマゾン・直接取り寄せはゲストブックに来てね。他にもヤフオク、メルカリでもOK

さまざまな視点で観る

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
       太陽の光ですべてが生かされている      撮影は咲耶子

九州電力が太陽光発電の出力抑制をするというニュースを見た。
理由は周波数や電圧を安定させられないからだとか。
おまけに買い取り価格も低くするらしい。

もちろん、太陽電池パネルを付けた人は、余った電気を買い取ってももらえないばかりか、おこずかい稼ぎにもならない。

そして再生可能エネルギーは不安定で、価格も高く、エネルギー源としては頼りにならないと刷り込まれていく。

あれこれ、もっともらしい理由を並んでいるが、なんか腑に落ちない。
なぜなら、世界的にみれば再エネのコストは下がりつつあり、今後はさらに安価になると、どんどん再生エネルギーが普及しているのだ。

日本での一番の問題は「送電網の壁」であり、送電網が不十分で電力が送れないということ。
蓄電能力が低いので、流れにまかせているわけだ。あなり流れると水と同じように決壊する? これをコントロール出来ない?

外国では聞いたことが無い。
それなら地産地消にすればいいのに。
いやいや、
個産個消ならどうだ? 一家に一台♪ 送電網に頼らない技術の普及を望む。

とにかく、コストだとか儲からないだとか、とにかく損得でエネルギーを見ている。

お天道様は太陽の光に使用料なんて取る気はなかった。
地球の生き物たちは自然のエネルギーの循環の中で生きている。

商売にしたとたん、エネルギーは命を脅かす商品になった。
巨大利権のポンコツ原子炉が復活し始めた。
自然エネルギーは最終的にはタダ同然になる。商売敵はいまのうちに潰しておくしかないらしい。

でもでも、目先の利益だけ見てる、こんな発想って日本だけなんだよなあ。




イメージ 1
         小鳥は群れでも独りでも、ただ空を飛ぶ    撮影は咲耶子

未来が良い方向へ進むか、悪い方向へ進むかには基準がある。
私たちの意識の基準ともいえる。
ある出来事、ある課題が提示されたときに、どういった捉え方をするかだ。

じつにシンプルな基準なので、頭に入れておいて、あらゆる出来事に当てはめてみて欲しい。

<豊かな ⇔ 過多な>

 お金を儲けて贅沢な暮らしを目標にすることは悪いことではない。
豊かな生活は人をポジティブにする。しかしお金やモノに
過多に執着をするなら、卑しい振舞いをするようになる。

<受け入れる ⇔ 拒絶する>  <認める ⇔ 否定する>
自分と違う生き方や価値観を受け入れられたり認めたりすることが出来るだろうか? 
もし拒絶したり否定したりするなら、ネガティブな方向へ進んでいる。
拒絶と否定で世界は断絶に向かい、平和はさらに遠くなる。
   
<人当たりの良い ⇔ 見下す> 
  他者に対する、あなたの態度はどうだろう?
だれにも笑顔で平等に付き合えるだろうか? あるいは見下しているだろうか?
見下せば、そこには心理的上下関係が生まれる。不平等がはびこり、世界の平等は程遠くなる。

<無頓着 ⇔ 軽薄>
なにかに無頓着なのは人間らしく愛らしいことだ。けれど軽薄な行動はだれも認めてはくれない。

<感謝する ⇔ 義理がある>
 人と人との関係は気を使うものだ。便宜するのは感謝を表わしたいからなのか?
それとも単に義理があるからなのか? 義理ならそれは損得勘定であり、見返りを求めた行為で絆は簡単に切れる。

<助けになる ⇔ おせっかいな>
人が困っているとき、手を貸すのは素晴らしいことだ。
だが、相手が助けられたと感じるか、おせっかいと感じるかで大きな違いとなる。
自己満足な手助けなど、有難迷惑でだれも欲していない。

<共感する ⇔ 哀れむ>
 辛い経験をした人に共感するなら、その人は救われエネルギーを与えられる。だが哀れむならその人はプライドを傷つけられ、みじめな気持ちになるだけだ。

<楽観的な ⇔ 悲観的な>
急な雨を楽観的に見るか、悲観的に見るかはあなた次第だ。
何事も単なる出来事で、
それに意味を与えるのはあなたの思考なのだ。

<解放する ⇔ 制限する>
あなたのフィールドを開けておこう。来るものは拒まずだ。
制限すれば、そこに新しい風は吹きこまない。
活動範囲も広がらない。チャンスも逃してしまう。

<意図的な ⇔ 計算高い> 
何事をするにも意図することがある。とはいえあまり計算高いと人に嫌われてしまう。
 
<喜びに満ちる ⇔ 快楽的な>
たくさんの楽しいことを体験したほうがいい。けれど快楽に溺れるならあなたの未来は暗くなる。

<信頼する ⇔ 騙されやすい>
人を信頼するのは素晴らしい。とはいえ、騙されやすいのとは少し違う。

<手放す ⇔ 執着する>
愛とはいつでも手放す勇気だ。執着すれば相手も自分も苦しめることになる。
 
<気づいている ⇔ 思い込んでいる>
以上のような違いに気づいていただろうか? それとも自分の考えだけが正しいと思い込んでいただろうか? 自分が正しいという考えには相手が間違っているという意味が含まれる。
そこに寛容は無い。

これらは、例題以外にも、すべての状況にあてはまるので参考なれば幸いだ。

イメージ 1
                闇があるから灯がともるのか?  撮影は咲耶子

ディスカバリーNEWSに九つの邪悪な性格特性というのが出ていた

1、マキアベリズム(自分の目的を達成するために他人を利用する傾向)
2、サイコパシー(反社会的な無神経さ)
3、エゴイズム(自分の利益や業績を重んじる傾向)
4、道徳的乖離(倫理的な規範は自分に当てはまらないと思う傾向)
5、心理的特権(他人よりも自分は特別であるという意識)
6、ナルシズム(自己の優位性に過度に執着し、極端に他者の関心を求める)
7、サディズム(他人を傷つけることに喜びを感じる傾向)
8、悪意(復讐を望む傾向)
9、利己主義

これら九つは完全に分けるというより、どんな人でも少しづつブレンドされているのが普通だ。そしてこの九つの色合いが強い人間は要注意人物となる。

たとえばSNSで頻繁に自撮りする一般女性は、ナルシストであると推測
されるが、これが一般男性となるとちょっと怖い。なぜなら研究でサイコパスの傾向があると明らかになっている。

サイコパスは自らの魅力をいかんなく発揮出来るナルシストで、その力で他人を操ることに長けている。

またネット上には「荒らし」と呼ばれる人々がいる。
ネットの議論でわざと人を怒らせたり、会話をかき乱したりする目的でコメントを投稿する人だ。
彼らは嘘をつき、物事を誇張し、他人を不快にして反応を煽るためだけにコメントを残す。
そのことに喜びを感じるからだ。

こうした人々は、心理的特権を正義や愛国に置き換えたりする。
自分のコメントを武器に他人を容赦なく傷つける。それは自分に逆らった相手への復讐なのだ。
実際、最新の研究で、彼らは九つの邪悪な性格に完全に当てはまり、荒らしをやらない人との差は歴然だった。

このように人格には九つのダークサイドがある。とはいえ私たちの人格は万華鏡のようでもある。
極端な場合、二重人格の傾向すら示す。
天使のように高い人格であった人が、突然ガラリと変わって悪魔のような振舞いをする。

真逆な人格が一人の人間の中に同時に存在する。
ある人はよく「尊敬する先輩が、思いやりの大切さを教えてくれた」と語る。
そして先輩の教えを真摯に受け継ぐ。だが、その人は自在に共感スイッチをオン&オフすることができる。
気にくわないことがあると「思いやりをオフにして」信じ難いほど冷酷になるのだ。

たぶんその人の解釈は、こういうことなのだ。
「先輩は思いやりの有用性を教えてくれた。善い人のフリをすれば簡単に他人をコントロール出来る」 
悪魔は神のフリをすると昔から言われてきた。
そしてコントロール不能な相手には、本性を出し、悪意ある人間に変身するのだ。


イメージ 1
                 公共で特定されるあなた     撮影は咲耶子

私たちはかつてないほど、犯罪を嫌避するようになった。
それと連動するように「監視カメラ」は、増え続け、あらゆる犯罪は見逃されることがない。

画像解析ソフトの進化は目覚ましく、犯罪をしようとする身体の動きや顔の表情さえ読み取る。

テロリストはテロを起こす前に逮捕される。犯罪やいじめの兆候はデータ化され未遂に終わる。
キャッシュレスが進めば強盗も脱税も起こせない。

これが「マイノリティ・リポート」ばりの犯罪や暴力が一掃される未来だ。
いや未来ではなく、じつは、すでに稼働を開始した国がある。
中国だ。

中国では顔認証技術によって、イベントに集まる人々の中から犯罪者を見つけ、すでに何人も逮捕している。
普通の人々だって油断できない。なぜならAIは軽犯罪にも使われ始めている。
たとえば赤信号を無視する歩行者である。

数年後には顔認識技術で本人を特定し、直接、その人のスマホに警告を送ったり、罰金を通告するシステムが使われるという。

そうなれば、煙草のポイ捨て。自転車盗難。万引き。違法駐車。どんなものでも監視カメラに写ってさえいれば、ただちに本人のスマホと連動して警告や罰金、逮捕通知があなたのもとに届く。

そういえば最近、スマホのパスワードが顔認証になった。
便利だと喜んでばかりもいられない。よくよく考えてみれば、それはあらゆる機関とネットでつながっているのだ。

警察のパソコンともつながる。
監視カメラの顔がだれか、ネット経由でわかれば、犯人を捜すなんていう手間はいらなくなる。

車の運転だってそうだ。ドライブレコーダーの普及を喜んでもいられない。
あなたは他人のドライブレコーダーを意識して、どんなときでも品行方正でいなくてはならないのだ。


イメージ 1
          美しい森の中の休息所は魅惑的でなぜか怖い?  撮影は咲耶子

SNSで親しくなれば、実際に会うことも普通だ。
そうやって知り合った数名のグループのちょっとした恋愛話だ。
いや恋愛話と言うより、人の心の闇の話?

さて、人と人が会えば、誰それが誰を好きだとか、誰それは誰それに
セコイ嘘をついていたとか、いわゆるドラマみたいな展開がある。
友人から聞く独身の男女たちの恋愛話は聞いて面白かった。
まるで現実版、男女七人夏物語だろう。

だが現実は、ロマンの欠けらもなかった。
くわしい経緯はわからないが、グループの関係がもつれて女性のひとりが友人を殴ったとか、脅迫めいたことを口走ったかしたようだ。

頭にきた友人が彼女を警察に訴えると言い出したのだ。
訴えられたら傷害罪で逮捕される。幸い、彼女の親は弁護士だった。
和解金三百万を払うと友人に提案したらしい。

最初聞いたとき、私はとんでもない破格の値段だと思った。
ところが詳しく話を聞くと、絶対訴えるとごねて、金額がどんどん引き上げられた結果のようだった。それでも親はケンカっ早い娘のためにお金を
払う気だった。

さて、そのゴネた友人はどうしたか?
私なら単純に「ラッキー♪」とお金をもらうに違いない。
「すごいなあ。じゃあ金持ちだね」と冗談ぽく言うと、その人は大真面目な顔で言った。
「一千万もらったって和解なんかしない。アイツが牢屋に入って苦しむ顔を想像するほうが金持ちになるより楽しいもん」

私は絶句した。世の中にはそういうふうに考える人間もいるのだと。
結果、その人はお金より、相手の不幸を望んだ。

さて、あなたならどちらを選ぶだろうか?
一銭も手にせず自分の心の闇を満足させることと、相手を許して大金を手に入れることと。

ちなみに、この話は身近で起きた現実だ。
リアルに敵にしてはいけない人間がいる。
私はそれを学んだ。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事