ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫全体表示

ROGUE社の器具にこだわりましたが、それ以前にフリーウェイト中心の設備というのにこだわりました。簡単な使い方のマシン導入して、誰でもどうぞ!にした方がおそらく、最初から儲かるでしょうし、管理者は楽です。でもそれはやりなくなかった。だってフリーウェイトの方がメリットあるから。

フリーウェイト中心にした理由
初めは難しいけど、覚えれば一生モノのテクニック。地球には垂直に重力がかかっている以上、その重力に逆らう姿勢や筋力を身に付けて、年老いても二足歩行できるようになる。例えばレッグプレスなんかケーブルを介して自然にはありえない方向に押します。レッグプレスやって、地球の重力にさからう姿勢、筋力、バランス鍛えられますか?軽くて良いからフロントスクワットやバックスクワットを正しいフォームで行なった方が、絶対に良いです。

ウェイトスタックマシンがダメとか、レッグプレスがダメと言っているのではないです。

初心者だからこそフリーウェイトを学んで欲しいのです。正しいスクワットができれば、レッグプレスは教わらなくても出来るようになります。この逆はありません。実際、フリーウェイトからマシンで追い込むビルダーをよく見ますが、マシンは簡単だから追い込みやすいので、マシンは上級者向けと言ってもいいです。

マシンずらっと並べて、はいどうぞ!というジムは儲かれば良いと思っているだけです。お客様の体を変えるとか、役に立ちたい!など1mmも思っていないでしょう。※元大手社員は語る。

ただフリーウェイトをしっかり指導できるトレーナーってなかなか少ない。知り合いのトレーナーがこんな事言っていました。トレーニングはただのトレーニーが教えるべきではない。

まさに!ただマッチョだから。ベンチ120kg上がるから。はトレーナーではない。専門的な知識を有し、実践し、安全な指導をするのがトレーナーです。

one's strengthには2名「トレーナー」が居ます。トレーニングは「トレーナー」に指導受けましょう!

イメージ 1

イメージ 2


http://onesstrength.com/1248812524125401249012540.html

フリーウェイト+指導力。これがこだわりです。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事