ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫全体表示

他社ジムへ

最近出来た24時間ジムへ。お客様から体験チケットいただいたので嫁さんと行ってきました。

事前情報だと、
24時間
50坪くらい
スタッフはバイト
トレーナーは居ない
かなり混んでる

という感じ。

ジムの形態が全然違うので、そこまで競合することもないですが一応チェック。もちろん先入観なしに、客観的にチェックしました。

まずは外観。屋根の色が...まぁここ直すのは経費かかり過ぎますね。実は今のジムを始める前にこの物件と迷ってました。接骨院と合わせるのは狭いのと、地元の人相手の商売にはこんなに目立った立地じゃなくてもいいかなと思い撤退。
イメージ 1


受付はプレハブ小屋でギャルっぽいバイトの子が対応してくれました。受付コーナーはお世辞にもキレイとはいえない感じでした。そして中に入りましたが、とにかく第1印象は狭い!
イメージ 2


嫁はマシンの使い方聞いてましたが、ウェイトスタックのピンが二本あって、もう一本余りますが何ですか?と質問したら、教わって無いからわかりません。という返答でした...

しかも、マシンの使い方パネル指差してこの辺使うマシンなんで良く見てやってみてくださいねー。だって。笑
イメージ 3


シャワーや更衣室は狭い。しかも在籍300人居てシャワー1、トイレ1ずつです。ピーク時は絶対掃除対応できないと思う。実際、男子シャワーマットはビチョビチョでカールした毛がたくさん落ちてました。ロッカーはジムの端っこ。リュックがギリギリ入るサイズ。小さいかなー。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

イメージ 10



館内POPはラミネートされてキレイに貼ってありましたが、内容は一昔前のトレーニング科学でした。初心者向けメニューで、アップでカーディオマシン15分。ケガ予防にストレッチ。
てな内容。初心者が筋トレ前に15分もチャリ漕いだら終わりだよそれで。確実にカタボリックになるし。水素水なんて論外。やはりソフト面では期待できるモノはなさそう。
イメージ 6

イメージ 7


そしてハード面。基本的なマシンやケーブルが揃ってますし、カーディオマシンはテレビ付で素晴らしい。これは利用者喜びます。
イメージ 8


マシンはスポーツアートで統一。スポーツアート?知らないんですが、フレームやナットを見ると少し弱そう。たぶん故障が多いんじゃないかな。一流メーカーではないのは確か。プレートやダンベルはワイルドフィットでしたが、やはりコスト重視の一流メーカーではありません。
イメージ 11



フリーウェイトコーナーはスミスとダンベルのみ。狭い場所(6坪くらい)に無理矢理置いてるので、残念な感じに。もう一回同じ写真載せます。
イメージ 12


これトレーニングしてる時に、他の人がダンベル取りに行けなくない?ギャグかと思いました。とにかく一番の残念ポイントはここ。たぶんとりあえず置いた感がすごい。

そしてとりあえず置いた感といえばこれ。
イメージ 13

ストレッチゾーン。これ1人使ってたらもう無理なヤツだ。


利用者のトレーニングフォームはほとんど正しくないし、カーディオマシンで20分もやってから筋トレしてる方もいるし、スタッフ自体身体つきや見本見ても自分でトレーニングしてないだろうし、とにかくソフト面は残念過ぎです。

フリーウェイトコーナーは壊滅的です。混雑時どうなるか想像つきます。

24時間営業
カーディオマシンの品揃え
5980の安価会費

ここは魅力的ですね!写真撮り忘れましたが、吹き抜けも良かった。私なら張りにロープぶら下げて登れるようにしたな。下を芝にして。

なんて、自分でこの物件をイジるとしたら...という妄想が楽しかったです。

とりあえず24Hジムはトレーニングのハードルを下げてくれてるし、トレーニングを始めよう!と思う方が増えるのは素晴らしいことだと思います。ただ、さきほども書きましたが、ソフト面がいまいちなので全くの初心者の方はパーソナルトレーニングを受けてからこういうジムに入会していただいた方が、会費の無駄にならないと思います。

他社ジムを見て、自分のジムの方向性は間違ってないし、これからもブレずにやろうと思った今回の潜入調査でした。

次回は市役所にできるトレーニングジムに行きたいと思います!

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事