ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全205ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

群馬マスターズ選手権

約1年ぶりの公式レース。

なんとか走れるようになってきたので11秒1〜2台は狙えるかも?くらいの感じ。

当日の朝...頭痛と吐き気。

新店舗オープンしてから実働時間が長くなり、睡眠時間も若干減ったりしているので毎週のように風邪気味になってます。でもよりによって試合の日に...

ロキソニンと吐き気止めのペロリックを服用して出発。

普通ならDNSだろうけど、筋肉の張りや身体の感覚は良い感じ。3年前頭痛と吐き気の中、シーズン最高の内容(10.95 ⁻0.9)をたたき出した経験があったので、それを信じていざレースへ。

アップでは調子が良く向かい風の中100m加速の流しが11秒38。通常12秒00くらい。まじか?調子がいい!

期待してレース!

4歩目でひらめ筋の痙攣。足関節の底屈を一切使えず、中盤から完全にあきらめて流した。

結果12.09(-0.9)

体調不良、水分補給、その他色々重なりダメだったんでしょう...

というわけで自分の中でシーズンインは5月18日の東日本実業団となりました。

とりあえず試合勘とスピードが戻ってきた感じはあるので良かったです。

女子割引き始めます!

最近、one's strengthを略してワンストと呼んでいます。呼びやすいので徐々に浸透してくれると嬉しいです。

さて、表題の通りワンストでは新たに割引サービスを始めます。その名も、

イメージ 1


全てのフリー会費から1000円オフとなります。パーソナルトレーニングから卒業した方は、フルタイムの月会費がなんと6800円になります。

ワンストは女性に優しい施設作りに力を入れます。何故女性のみなのか?理由としては

【ワンストはフリーウェイト中心ジム】
マシンだとピンの差し込みだけで負荷調整できますので女性でも楽ですが、フリーウェイトだとシャフト移動、プレート付け替えなど男性に比べて大変です。なるべくトレーナーがサポートしますが、こういう面でも女性がトレーニングする上でやりにくい理由の一つになります。ただし、フリーウェイトはフォーム習得すれば、マシンに比べて筋繊維の動員増加、日常生活の姿勢に直結など効果は計り知れません。世界のどんなジムでもフリーウェイトのフォームは変わらないので、一度覚えたフォームは一生物の財産です。是非女性もバンバンフリーウェイトにチャレンジして欲しいのです。

【筋トレをする女性を増やしたい】
時代がようやく追いついてきた感じですが、世は女性も筋トレをしっかりやっている時代。こんな地方にも流れは来ています。しっかりと安全に個別のプログラムでトレーニングを指導できるのは今のところワンストだけです。トレーニング始めたい!とせっかくスイッチ入ったのに、トレーナーに指導受けないまま身体を変える事はかなり難しいのです。トレーニング始めはしっかりとしたトレーナーがいるジムで始めて欲しい。その後、気軽な24hジムに行くという選択はありだと思います。

ワンストでパーソナルトレーニングを受ければ、女性もバンバンフリーウェイトを扱えます。

イメージ 2


軽量ダンベル、軽量プレート、15kgシャフト、ケーブルマシン、TRXなど女性向けのトレーニング器具は揃えていますので、是非トレーニング始めたい女性はワンストにお越しください!

GW営業のお知らせ

令和最初のGWはなんと10連休!皆様どこかにおでかけでしょうか?

例年、GWは通常の平日に比べてパーソナルトレーニングの利用が少なくなります。(新店舗ではどうなるか未知数ですが)

新店舗になり始めてのGWというのもあり、個人的にまだ小さな赤ちゃんがいるのでどこかに出かける予定もないので、日中は営業しようと思います。

予定はこんな感じです。
イメージ 1

基本は8:30〜18:00まで営業しますが、利用については事前に来館のご連絡をお願いします。予約が無い場合は一旦閉めて外出したり、閉店する場合がございます。ご注意ください。

そして、GWはイベントもりだくさん!
イメージ 2

無料のトレーニングセミナーを開催します。こちらは会員様全て無料!会員外の方は1000円(税込)です。フリーでトレーニングしているけど行き詰っている方や、もう一度フォームを確認したい方など是非お待ちしております。

そしてもう一つ!

かけっこ教室

【スタートを極めろ!小学生スプリント教室】と題して、運動会向けの走り方教室を開催します。

この教室は少人数制で、なるべく個々のお子様の立ち姿勢、動作中の姿勢、柔軟性、身体の使い方をチェックし、有効なエクササイズや練習方法をお伝えしていきます。最後にチェックリストをお渡しいたします。

詳細はイベントページからお願いします。

忘れてはいけない5月2日(木)地獄の1丁目トレーニング会とBBQも開催します!
是非とも皆様の参加をお待ちしております!

地獄の1丁目トレーニング会

キャンプマスター上野直也が焼く!男のBBQ

令和元年もOne's strengthとウエノ接骨院は前しか見ないで突っ走ります!

オフ明けて

今日からシーズンに向けてスピード練習。

今回は6日間レストにしました。筋肉落ちたかと思うくらい、ハムの張りが取れた。

疲労抜けて、少しタイムがいいのか?単純に今期は走れてないのか?確認。

200m 23.4
120m 13.9

オワタ。今年はヤバイな。しかもかなり追い風だし。

せめてもの言い訳。

まだマックス出力ではない。←正直まだ怖い。

4月の練習でどうなるか?
またまた川崎へ!スタビリティ&モビリティ評価法のADP代表舟橋さんのセミナーへ行ってまいりました。

イメージ 1


資料や当日の画像は制約があるので載せられませんが、また簡単に流れから。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが
「足は人間工学上、最大傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である」

と言っているように、足部には細かい骨が56個あり、体重の半分づつを支え、走る・跳ぶ・着地などの衝撃をしっかり受け止める構造になっています。

そんな芸術作品も、使い方や日常生活により機能が低下してしまえば、スポーツどころか日常の歩行にさえエラーを出すことになります。フットコアという言葉が出だしたのは、2003年頃。まだまだ浸透していないようで、今回のセミナーでは足の構造・原理原則・評価・コレクティブエクササイズ・パフォーマンストレーニングという流れを4時間でギュッとやり切りました。

内容は記載しませんが、セミナーに参加した結果...

・足部への知識がより深まった。
・足部エラーの対処法の引き出しが増えた
・ウェイトやる前にチェックしなければいけないと感じた。
・自分でも右足部の違和感を感じていて、スプリントでも右脚が攣りやすいのは足部エラーからきているのだと確信した。おそらくフットコアの理論でエクササイズしていけばパフォーマンス上がるのではないかと思った。


もう少し自分でかみ砕いて、指導に落とし込んでいこうと思います。


全205ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事