ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫全体表示

記事検索
検索

コア

今日は疲労抜きとコアトレのみ。

そして今日から栄養面で試合モードに。嗜好品と果糖を避ける。カタボリックを抑制する。ウェイトはスピード意識したクイックリフトだけ。

とりあえず競技場行けるのいつだ?🙀

ウェイト、坂

木曜レッスン、土曜日上半身ウェイトからの日曜日は坂。

仕事の都合でなかなか競技場に行けない...やれることをやるしかない。

クリーン&ジャーク
60kg
パワークリーン
80kg
ハングクリーン
80kg

イメージ 1



ショート×2
3.91 4.00

ミドル
12.85

ヒラメ筋あたりに鈍い痛みというか重い感じが若干残ってる。ノースパイクでちょうどいいのかも。

250、120、100

雨の中走ってきた。逆算して今負荷をかけとかないといけないタイミングなので、雨だろうがなんだろうが走る。

今日もスピード抑えめで本数こなす。『大きく』走る練習。

始めにスピード刺激
30加速×30m×3
全然動かない...

250m
30.30
メインの120mの前に事前疲労を入れたかったので気軽に9割くらいで。30秒切るくらいで行ったつもりがね。雨だからという事で。ケツはまあまあ割れた。

120m×3 8分レスト
14.13 14.03 14.25
全て13秒9くらいで行くつもりが、ヤバイ。膝裏からヒラメ筋にやな痛みが出始めたので、抑えてしまった感じ。疲労度が増すと毎度出る痛み。

100m
11秒69
最後は速い動きで締めようと11秒5くらいで行ったつもりが...

これで確定。今日で負荷をかけるのはおしまい。これ以上は壊れそう。疲労抜いてスピード練習入ります。

イメージ 1

日曜日は横浜までセミナーに。講師はウェイトリフティング国体チャンピオンで、今は早稲田のコーチの武井さん。もう1人は公表NGですが、現日本記録保持者。ジャークを180kg以上持ち上げる変態です。笑

ウェイトリフティングは唯一、他競技の選手をレベルアップする事ができる競技だと思います。重たい物を効率的に安全に持ち上げる。このテクニックは重力に逆らう陸のスポーツでは必須ですからね。

セミナーはトップがやってるウォーミングアップ、ドリルをプログレッションしていく形。最終的に1RMのクリーン&ジャークに持ってくる。とにかく高重量を扱う競技だから、垂直にしかかからない重力に対して、出来るだけ垂直に近い姿勢を取る。シンプルにそういうフォームでした。

セミナー後の感想。
落とせる環境なら100kgまでは目指してみたいなという気持ちに。あぁプラットフォームが欲しい。

イメージ 1


月曜日はもちろんレスト。

ケツが痛い!かなり動きが悪くなってきて、ハム引っ張ってる感じが強く出てきてるので注意必要。


約30×3
約90m×5

90はベストタイム12.25から1秒以内に収めるつもりで5本。13.01〜13.33

微妙に目標届かず。しっかし動きが悪い。疲労がヤバイ。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事