ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫全体表示

記事検索
検索
いつも楽しく学ばせていただいているSchool of movementの朝倉さんからお声をかけていただき、テーマに絞った有料動画コンテンツを配信させていただく事になりました。

イメージ 1



School of movement(以下SOM)では、安全・効率的・楽しくをモットーに各種競技の枠を越えてムーブメント(走る・止まる・切り返す等)を広めていく活動をしております。

SOMではムーブメントファンダメンタルズ(以下MOF)というベースのセミナーがあり、私はMOF第7期の修了生です。

SOMの特徴として、修了生にはインプットさせるだけでなくアウトプットの場を積極的に設けてくれます。MOFやWEB上でのMOFへインターンとして入ったり。

今回は修了生の中からスプリントとゴルフを専門にしているトレーナーが選ばれ動画配信という形でアウトプットの機会を与えていただいました。

朝倉さんが長年の経験から導き出したMOF。それを日本中に広めていき、ケガのリスクを減らしたい。効率よくアスリートにトレーニングしてほしい。そんな形が表れたのが今回の動画配信。非常に光栄ですが、同時に変なこと言えないプレッシャー。でも自分の考えで、自分の見本動作でやっていかないと意味がないので、自然体でのぞみたいと思います。

で、その動画配信ですがNOTEというサイトでSOMの一員として個別に動画配信していきます。スプリントは宮城の富岡さんという10秒6台の方がもう一人私とは違う切り口でお話していると思います。

私なんぞベストタイム的には10秒9台ですし、大した実績があるわけでもないのです。でも大学時代中途半端にやって何も考えずに出した10秒台と36歳で肉体のピークとしては過ぎ去った状態で、考えて工夫して効率よくトレーニングしてやっとの思いで出した10秒台では、経験値としては後者の方が断然高いです。

その経験とMOFで学んだ人間の身体を工学的に捉え、慣性や重力を利用してムーブするという事を合わせたのが今回の動画です。

陸上選手もよくやってるドリルなんか、「なぜ」を理解しないままやってるパターンが多いかと思います。

それを上手くかみ砕いて球技選手やコーチでも「そういうことか」と理解できる内容になっておりますので、是非ご興味ある方はご購入ください。(100円〜150円です)


ウェイト



今日はウェイト。

クリーン&ジャーク
50kg〜80kgまで

クリーン&フロントスクワット80kg

ベンチプレス
60kg〜80kg

ショルダープレス
16kg

クリーンのフルエクステンションが良い感じ。
イメージ 1
イメージ 2


坂の前にアップ兼ねてウェイト

ハングクリーンの練習
ハングクリーン、フロントフルスクワット60kgのコンビネーション
シングルレッグでステップアップ80kg


約50m7本
約100m2本
雪降ったからいつもの坂でなく、近くの車道。

とりあえず本数決めずに納得の動きができるようになるまで。7本目良かった!

ウェイトからのスプリントはやっぱり身体が良く動く。

300とセット走

土曜日は合同練習

寒すぎる北風使って追い風でスピード出す作戦。もちろんシューズで。

まず予備疲労で300
41.4

150+120+100
19.0 15.1 12後半

120+100+200
15.0 13.0(痙攣)スピード上げられないと判断して、200に変更。26.9

スピード上げるには寒すぎた。3人とも痙攣してしまった...

ていうか、まだまだ全然走れてない。頑張ろう。
火曜日レスト。
水曜日ほぼレスト(トライセプスだけ)
木曜日
パワークリーン 40kg〜95kg
ハイプル100kg
ベントオーバーロウ
ラットプル

金曜日
ベンチプレス70kg〜80kg
スレッド走り10歩〜20歩を7本くらい

木曜日やった100kgのハイプルで割とキャッチできそうな高さまで
上がってるからそろそろチャレンジするかな。キャッチへのスピードさえあれば
普通に取れそう。

土曜日は競技場!


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事