ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ジムはほぼ正方形に近く柱がない50坪。このほとんどを器具で埋めたら圧巻だろうけど、器具で埋めると思いっきり動けない。

人工芝にしようと考えてたけど、コストとメンテナンス大変だし、ダンスやエアロビクスはやりにくい。

という訳で選んだ床材はレックスコート
イメージ 1


見た目が陸上競技場みたいでカッコいい!実際反発があって走りやすい。

5.4m×12mという広さならなんでも出来ちゃいます。ムーブメントやかけっこ指導やサーキットトレーニング、エアロビクスやヨガなど。

やはりフリースペース広くして正解でした。トレーナーのアイデア次第でたくさんのエクササイズが可能です。

マシンで埋め尽くしてしまうとこうはいかない。

ちなみに筋力トレーニングによる内分泌系への刺激により、体脂肪の燃焼効率が格段に上がるというのは周知の事実です。現状、筋トレ→有酸素運動という流れが痩せるにはもっとも優れた順番です。

更に!サーキットやタバタプロトコルのようなHIIT(ハイインシティインターバルトレーニング)の方が、短時間で終わり筋肉の分解作用も抑えられます。

ランニングマシンでたらたら走るより効果は高いでしょう。

もちろんサーキットトレーニングの組み方など指導も行ってますので、是非広いフリースペースで思いっきり動いちゃってください!

フリースペース。ここもこだわりました!

開くトラックバック(0)

フリー利用会員についてのこだわり。

パーソナルトレーニングジムという形で運営しておりますので、パーソナルトレーニングを受けている方・受けた方を優先的に利用いただけるようなシステムにしております。やはりここは譲らず、快適な利用の為にいくつかこだわっています。

1.定員制を設ける。
40名定員という形にしています。運営しながら利用状況を確認し、混雑したりパーソナルトレーニングに影響がでるようなら定員に限らず入会をストップさせます。

2.必ず安全にマナーを守りながら利用していただく。
大手に居て感じたこと。多くの会員を受け入れるとマナーが悪い。使い方が荒い。という方が出てきます。当ジムでは40名というスモールグループなので、そういった方は目立つし、こちらからすぐ声をかけます。そう、すべては気持ちよく利用していただくために。

3.会費について
当ジムの規模や設備だと、1か月使い放題で7000円〜8000円が相場になると思います。しかし、会費は8800円です。何故か?まず定員制を設けているので、少しだけ上乗せさせていただき会費収入を補う形にしています。それと会費を安くするデメリットがあります。会費安い=適当・気軽にトレーニングしちゃいます。相場より少し高い8800円を払ってでも、ROGUEの器具やトレーナーの質、治療も見てもらえるという一貫指導、混雑はいやだな。という方が来ていただければよいというスタンスです。安さ・手軽さを求めるのであれば当ジムは合わないかもしれません。

フリー利用の方にも、タイミングが合えばワンポイントアドバイスしますし、フォームが間違ってたらかならず伝えます。やはりジム、会員様、双方の質にこだわっていきます。

イメージ 1


開くトラックバック(0)

ROGUE社の器具にこだわりましたが、それ以前にフリーウェイト中心の設備というのにこだわりました。簡単な使い方のマシン導入して、誰でもどうぞ!にした方がおそらく、最初から儲かるでしょうし、管理者は楽です。でもそれはやりなくなかった。だってフリーウェイトの方がメリットあるから。

フリーウェイト中心にした理由
初めは難しいけど、覚えれば一生モノのテクニック。地球には垂直に重力がかかっている以上、その重力に逆らう姿勢や筋力を身に付けて、年老いても二足歩行できるようになる。例えばレッグプレスなんかケーブルを介して自然にはありえない方向に押します。レッグプレスやって、地球の重力にさからう姿勢、筋力、バランス鍛えられますか?軽くて良いからフロントスクワットやバックスクワットを正しいフォームで行なった方が、絶対に良いです。

ウェイトスタックマシンがダメとか、レッグプレスがダメと言っているのではないです。

初心者だからこそフリーウェイトを学んで欲しいのです。正しいスクワットができれば、レッグプレスは教わらなくても出来るようになります。この逆はありません。実際、フリーウェイトからマシンで追い込むビルダーをよく見ますが、マシンは簡単だから追い込みやすいので、マシンは上級者向けと言ってもいいです。

マシンずらっと並べて、はいどうぞ!というジムは儲かれば良いと思っているだけです。お客様の体を変えるとか、役に立ちたい!など1mmも思っていないでしょう。※元大手社員は語る。

ただフリーウェイトをしっかり指導できるトレーナーってなかなか少ない。知り合いのトレーナーがこんな事言っていました。トレーニングはただのトレーニーが教えるべきではない。

まさに!ただマッチョだから。ベンチ120kg上がるから。はトレーナーではない。専門的な知識を有し、実践し、安全な指導をするのがトレーナーです。

one's strengthには2名「トレーナー」が居ます。トレーニングは「トレーナー」に指導受けましょう!

イメージ 1

イメージ 2


http://onesstrength.com/1248812524125401249012540.html

フリーウェイト+指導力。これがこだわりです。

開くトラックバック(0)

新店舗の設備ですが、こだわりました。

まずROGUE社を代行会社に依頼して個人輸入しました。

イメージ 1

イメージ 2

この圧倒的な格好良さ&堅牢さ。その辺のジムには無い器具達です。

何故ROGUEなのか?それは将来的に大手が出店したり、同じような規模の競合が出来たりするかもしれない。だいたい大手はコストや手間を考慮して、安価で購入できるメーカーの器具を揃えます。そこと差別化を図る為にROGUEにしました。でも1番の理由は本当に心からカッコいい!と思える器具でトレーニングしたい。そう思いませんか?トレーニング時のテンションが違います。

ROGUE社には、日本から代理店契約を持ち掛けてる会社もあるでしょうけど、おそらく断っているんでしょうね。日本なんか相手にしなくても、トレーニング器具では唯一無二のトップブランド。欲しいなら輸入したら?くらいのスタンスなのかも知れません。

私もそうなんです。基本、売りに行かない。だって必要と思う人は来るから。ROGUE社の信念みたいなもの(勝手な妄想)に惹かれ、デザイン、堅牢さに惹かれて導入しました。

実際、シャフトやプレートは素晴らしい!日本に流通しているメーカーi○ankoとは大違いです。是非、ROGUEの器具使ってみてくださいね!

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事