ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

One's strengthのメインはパーソナルトレーニングです。マンツーマンで一人一人にベストなトレーニング指導を行います。急速に需要は増加してますし、それに伴いパーソナルトレーナーの数も増加傾向です。

資格については必要ありません。誰でもパーソナルトレーナーと謳えばなれる職業です。食えるかどうかは別問題ですが...。

資格は必要ないのは事実ですが、無資格でろくに勉強していない人にお金を払う人はほとんどいないのが現状です。

結局のところ、基礎資格を保有してそこに経験値、色々なインプットを経てパーソナルトレーナーとして食っていけるようになります。

巷にはパーソナルトレーナーです!って謳っているのに、その辺のトレーニング好きの人と大差ない人沢山いますし、フィットネスクラブや高額なダイエットジムに所属してたくさん指導して「俺、売れっ子トレーナー」って思ってる人はたくさん。それって自分の力ではないような...


実際、高崎までダイエットジムに通われていた方を数名指導させていただいてますが、まずスクワットポジションが取れていない...。胸郭の可動性が皆無...。体重的には痩せたみたいなんですが、身体の機能はひどい状態。ボクサーみたいな食事制限して(ボクサー否定ではない)週2〜3回トレーニングして、痩せました!って当たり前です。痩せて当然。しかも高額料金払ってるからモチベーションもある程度はある。これは私も高額料金いただいて、食事制限させて、週3回来てもらえれば同じことできますよ。

でもパーソナルトレーニングってそうじゃない。その人の生活習慣に合わせて成果を上げていかないと、あとあと歪がでてきます。無理してもどこかでボロがでる。


もちろん会社員として固定給をもらいながらも、トレーナーとして優秀な方は居るとは思います。でも、本当にパーソナルトレーナーとして指導を本気でしていくなら会社には属さない気がします。固定給。どっかで甘えが出ますよねぇ。

コスト、人間性、マインド、スキル、身体つきなど色々見て判断するとは思いますが、
パーソナルトレーナーを選ぶ際の一つの基準は、フリーランスであるかどうか。フリーランスなら自力でお客さんを獲得して生活しているプロといえます。そんなプロが全く的外れな指導をすることはほとんどないと思います。絶対は無いですがね。

One's strengthには阿部・小山の2名とメディカルトレーナーとして上野が所属しています。マニュアルなんてものは存在せず、この3人はフリーランスとして自分の考えで行動し、責任を負っています。

現在、トレーナーを急募してはいるのですがここまでの覚悟を持った方がなかなか居ないのが現状。いつか出会えることを信じてしばらく3人で頑張ることになりそうです。

是非、「プロ」のパーソナルトレーナーの指導を受けにOne's strengthにお越しください。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事