ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫試合結果

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

群馬マスターズ選手権

約1年ぶりの公式レース。

なんとか走れるようになってきたので11秒1〜2台は狙えるかも?くらいの感じ。

当日の朝...頭痛と吐き気。

新店舗オープンしてから実働時間が長くなり、睡眠時間も若干減ったりしているので毎週のように風邪気味になってます。でもよりによって試合の日に...

ロキソニンと吐き気止めのペロリックを服用して出発。

普通ならDNSだろうけど、筋肉の張りや身体の感覚は良い感じ。3年前頭痛と吐き気の中、シーズン最高の内容(10.95 ⁻0.9)をたたき出した経験があったので、それを信じていざレースへ。

アップでは調子が良く向かい風の中100m加速の流しが11秒38。通常12秒00くらい。まじか?調子がいい!

期待してレース!

4歩目でひらめ筋の痙攣。足関節の底屈を一切使えず、中盤から完全にあきらめて流した。

結果12.09(-0.9)

体調不良、水分補給、その他色々重なりダメだったんでしょう...

というわけで自分の中でシーズンインは5月18日の東日本実業団となりました。

とりあえず試合勘とスピードが戻ってきた感じはあるので良かったです。

群馬県選手権

標準記録10秒95の群馬県選手権へ。標準記録が10秒台なんだから、参加者の中でもビリ争いは免れない。せめて10秒台に絡みたい気持ちで臨みました。

アップから身体が重い。試合のアップでこんなに重いのは初めてかもってくらい。それでもレースになれば動くだろうと気にせずに居たんだけど(´・_・`)

結果
ヨンケイ予選落ち
100m 11.31+1.4m
リレーも100もどこが悪かったという次元ではなく、マジで走りが重くてキレが皆無。

言い訳にしかならないけど、日曜日までは調子良く120も12秒台。しかしそこから。朝から夜まで立ちっ放しの仕事、木曜日のレッスン、新店舗の計画、嫁の居ない分の家事。疲労が抜けないままのレースになりコンディショニング失敗。

やはり、今の状況で競技を継続するのは不可能だと感じました。あきらかにタイム狙えない状態で試合に出て、微妙なタイム出すくらいなら撤退しようかと。14日の国体予選まで一応エントリーしますが、前日の疲労で決めます。

ただ救いなのは自分がすごく遅くなったような感じでなく、コンディションの問題だと思うので練習は継続しながら来シーズンにかけようかなと。

東日本実業団

100m予選11.15(+0.4)9レーン


調子も良く、最高のコンディション。レース展開は隣が10秒67の持ちタイム。更に隣が10秒40の持ちタイム。2着取りなので準決はまずないな。と思いながら、とりあえずスタートしたら以外にあまり離されずに後半まで2着争い。そうなると更に加速しようとムダにピッチ出してジエンド😨やっちまいました。

気持ち切り替えて、シニアは独走になるだろうと予想してスタート。なんと3歩目で右ハム痙攣しかけて途中から右足はかかと接地で対応。3歩目のアクシデントに焦り6歩くらいで顔上げて散々なタイム。11.25(+2.2)9レーン

こんなタイムだったけど、6歩で顔上げたり、踵走りでこのタイム速くない!?って思ってしまった(笑)

今回は狙ったタイムは出なかったけど、かなり戻ってきたし夏にはもっと上がる気がするので6月末の群馬県選手権まで作り直します!

群馬マスターズ春季

体調万全。どこも痛くない。テーピングなし。天気最高。風だけ向い風😫
これでタイム出なければ、まったく言い訳できないグッドコンディション!テーパリングして、これが本当のシーズンインだと決めて望んだ大会。まずは結果から。
イメージ 1
イメージ 2
100mはスタートから終始、独走で自分の走りが出来た。無風換算で11秒16あたりだから、最低限の目標はクリア。東日本でもうちょい上がってくる予定なので無風換算で0台。追風なら 10秒台。かすってくれればいいんだけど。

200mはアウトレーンで前に誰も居ないので、前半突っ込めてなかった。なんたるメンタルの弱さ。長めの距離を練習してないと、こういう弱さが出ますね。まぁでも、とりあえず22秒台だしたから、最低限目標クリア。動画見るとわかりますが、後半の動きも落ちてないし200mはまだまだ上がりそうです。


とりあえず、満足してないけどようやくキレが戻ってきた感じなので、こっから楽しみです!

リレーカーニバル

今日は天気最高!気温も高い!風は向風!←いつも通り。

アップの段階で疲労が抜け切れてない感はあったけど、この試合まではノー調整でと決めていたのでタイムは気にしない。結果。くそ風がー。

イメージ 1


遅!全力で走ったレースではワースト。いよいよ、加齢に伴うスピード減が始まったのか?と思いつつ、意外に焦りがない。その理由として、

1.ノー調整。水曜日もかなり負荷をかけたし、調整せずにレースに出たのは初めて。

2.去年11秒1台、先週末11秒1台で走ってる高校生に先着してる。これはデカイ。

3.今日の内容としても、スタートはまずまず。問題は30〜60mのトップスピードがキレが無い。致命的。これについては、まだまだ練習でキレを出していけるはず。

あとはなんとなく今シーズンはスロースタートな気がする。なんの根拠もないけど。

次は6日の群馬マスターズ。これは調整して、タイムも狙っていく。最低でも11秒1台出さないと。これでダメならもう言い訳できないし、自信無くすでしょう。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事