ここから本文です
One’s strength代表の主にスプリントなブログ
パーソナルトレーナーやってます。(CSCS)40歳代で100m10秒台で走れる日本唯一のパーソナルトレーナー目指します。

書庫信念

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

他社ジムへ

最近出来た24時間ジムへ。お客様から体験チケットいただいたので嫁さんと行ってきました。

事前情報だと、
24時間
50坪くらい
スタッフはバイト
トレーナーは居ない
かなり混んでる

という感じ。

ジムの形態が全然違うので、そこまで競合することもないですが一応チェック。もちろん先入観なしに、客観的にチェックしました。

まずは外観。屋根の色が...まぁここ直すのは経費かかり過ぎますね。実は今のジムを始める前にこの物件と迷ってました。接骨院と合わせるのは狭いのと、地元の人相手の商売にはこんなに目立った立地じゃなくてもいいかなと思い撤退。
イメージ 1


受付はプレハブ小屋でギャルっぽいバイトの子が対応してくれました。受付コーナーはお世辞にもキレイとはいえない感じでした。そして中に入りましたが、とにかく第1印象は狭い!
イメージ 2


嫁はマシンの使い方聞いてましたが、ウェイトスタックのピンが二本あって、もう一本余りますが何ですか?と質問したら、教わって無いからわかりません。という返答でした...

しかも、マシンの使い方パネル指差してこの辺使うマシンなんで良く見てやってみてくださいねー。だって。笑
イメージ 3


シャワーや更衣室は狭い。しかも在籍300人居てシャワー1、トイレ1ずつです。ピーク時は絶対掃除対応できないと思う。実際、男子シャワーマットはビチョビチョでカールした毛がたくさん落ちてました。ロッカーはジムの端っこ。リュックがギリギリ入るサイズ。小さいかなー。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

イメージ 10



館内POPはラミネートされてキレイに貼ってありましたが、内容は一昔前のトレーニング科学でした。初心者向けメニューで、アップでカーディオマシン15分。ケガ予防にストレッチ。
てな内容。初心者が筋トレ前に15分もチャリ漕いだら終わりだよそれで。確実にカタボリックになるし。水素水なんて論外。やはりソフト面では期待できるモノはなさそう。
イメージ 6

イメージ 7


そしてハード面。基本的なマシンやケーブルが揃ってますし、カーディオマシンはテレビ付で素晴らしい。これは利用者喜びます。
イメージ 8


マシンはスポーツアートで統一。スポーツアート?知らないんですが、フレームやナットを見ると少し弱そう。たぶん故障が多いんじゃないかな。一流メーカーではないのは確か。プレートやダンベルはワイルドフィットでしたが、やはりコスト重視の一流メーカーではありません。
イメージ 11



フリーウェイトコーナーはスミスとダンベルのみ。狭い場所(6坪くらい)に無理矢理置いてるので、残念な感じに。もう一回同じ写真載せます。
イメージ 12


これトレーニングしてる時に、他の人がダンベル取りに行けなくない?ギャグかと思いました。とにかく一番の残念ポイントはここ。たぶんとりあえず置いた感がすごい。

そしてとりあえず置いた感といえばこれ。
イメージ 13

ストレッチゾーン。これ1人使ってたらもう無理なヤツだ。


利用者のトレーニングフォームはほとんど正しくないし、カーディオマシンで20分もやってから筋トレしてる方もいるし、スタッフ自体身体つきや見本見ても自分でトレーニングしてないだろうし、とにかくソフト面は残念過ぎです。

フリーウェイトコーナーは壊滅的です。混雑時どうなるか想像つきます。

24時間営業
カーディオマシンの品揃え
5980の安価会費

ここは魅力的ですね!写真撮り忘れましたが、吹き抜けも良かった。私なら張りにロープぶら下げて登れるようにしたな。下を芝にして。

なんて、自分でこの物件をイジるとしたら...という妄想が楽しかったです。

とりあえず24Hジムはトレーニングのハードルを下げてくれてるし、トレーニングを始めよう!と思う方が増えるのは素晴らしいことだと思います。ただ、さきほども書きましたが、ソフト面がいまいちなので全くの初心者の方はパーソナルトレーニングを受けてからこういうジムに入会していただいた方が、会費の無駄にならないと思います。

他社ジムを見て、自分のジムの方向性は間違ってないし、これからもブレずにやろうと思った今回の潜入調査でした。

次回は市役所にできるトレーニングジムに行きたいと思います!

開くトラックバック(0)

こだわり水回り

こだわりシリーズ水回り編です。

今の物件は元小型スーパーで、現在トイレやシャワールームがある場所はおそらく倉庫として使われていた場所です。

イメージ 1


物件をネットや現地で色々見て回った訳ですが、だいたい古いので和式だったり、キレイとは言えない...。そもそも水回りをそのまま使うのが嫌だったんです。毎日、朝清掃するのに年季が入った便器を掃除するのはメンタルがやられます。だから自分の為にも水回りは新しく作る!というこだわりがありました。もちろんお客様だって新しいトイレの方が良いに決まってます。

今の物件を内覧した時に、トイレがなぞの位置にあって、構想した配置では思いっきり動線上でした。これはもう迷いなく撤去。費用はかかりますが、倉庫スペースに新しいトイレ2つ、シャワールーム1つ、洗面台1つを設置。

イメージ 2

イメージ 3


やはり水回りが新しいと、築年数の古い物件でも新築同様になります。

フリー利用会員を定員制にしている分、利用人数はそこまで多くないですし、トレーナーと接骨院のウエノでくまなく毎日清掃してます。清潔な水回りをずっと維持していきます!

開くトラックバック(0)

ランニングマシンやクロストレーナーなど、カーディオマシンをずらっと置けば利用率は高いし、そこ目的で入会していただける方もいるとは思うのですが...。そもそもそれを目的として入会して欲しくないので置きませんでした。カーディオマシンをあまり置かない理由。それは、

①コストがかかる。カーディオマシンはどうしても初期費用がかかります。電源必要なものが多いですし、故障も頻発。資本があればよいのでしょうが、残念ながら完全個人経営なので消去法的にカーディオマシンは却下でした。

②場所を取る。カーディオマシンはサイズ的に大きく、以前のこだわりにあったフリースペースを殺すことになります。ですのでカーディオマシンは却下。

③有酸素運動の効率の悪さ。ゆったりバイク漕いだりジョギングしたりするのは、血圧が高い方、心臓血管系の病気を持ち医師から進められている方には非常に有効かもしれませんが、一般の方にはあまり積極的におススメしていません。有酸素運動というのは身体を異化作用(身体からエネルギーを使用する)を促進するので、長時間行うと脂肪と同時に筋肉量を減らしていくことになります。30分頑張っても消費するのは100〜200kcal程度です。アフターバーンといわれる運動後も代謝が高い状態が続く作用ももちろんありますが、筋トレにも同じ作用はありますし、30分時間があれば4種目くらいはしっかり筋力トレーニングが実施できます。長期的に見ると筋トレをしっかり実施した方が筋肉量が増え、基礎代謝が上がり、有酸素運動を行った際の消費カロリーも伸びます。ですので、運動効率から見てもコスパが悪いと思われるカーディオマシンは却下。

そして、長時間の有酸素運動は筋肉を分解する作用があるという話でしたが、それでも心拍数を上げ、全身の持久力を高めるには走ったりバイクを漕いだりというのは必要です。そんな時にはこちら!
イメージ 1

















高強度インタバールトレーニング専用の自走式トレッドミル、アサルトAIRバイク。これは短時間で高強度の心肺持久力トレーニングを行うマシンです。歩行でもかなりの筋力を使いますので、歩くだけで心拍数がかなり上がります。キツイけど短時間で済みますので、筋肉の分解を抑えるという意味では最高のカーディオ?マシンです。(カーディオと言っていいのかは疑問ですが)

特に自走式トレッドミルの最高時速は「自分」です。ボルトが全力で走っても問題ありません。全力で走れとは言いませんが、動画のようなウォーキングを15秒×8セット(休息は15秒)で行うだけでとても効果があります。20秒やりたいとこですが、キツイので15秒設定がお勧めです。

是非、筋力トレーニングの後もうひと踏ん張り頑張ってみてください!

とはいえ、念のため通常のバイクも設置してあります。アップや少し漕ぎたい方はこちらをご利用ください!
イメージ 2











開くトラックバック(0)

ジムはほぼ正方形に近く柱がない50坪。このほとんどを器具で埋めたら圧巻だろうけど、器具で埋めると思いっきり動けない。

人工芝にしようと考えてたけど、コストとメンテナンス大変だし、ダンスやエアロビクスはやりにくい。

という訳で選んだ床材はレックスコート
イメージ 1


見た目が陸上競技場みたいでカッコいい!実際反発があって走りやすい。

5.4m×12mという広さならなんでも出来ちゃいます。ムーブメントやかけっこ指導やサーキットトレーニング、エアロビクスやヨガなど。

やはりフリースペース広くして正解でした。トレーナーのアイデア次第でたくさんのエクササイズが可能です。

マシンで埋め尽くしてしまうとこうはいかない。

ちなみに筋力トレーニングによる内分泌系への刺激により、体脂肪の燃焼効率が格段に上がるというのは周知の事実です。現状、筋トレ→有酸素運動という流れが痩せるにはもっとも優れた順番です。

更に!サーキットやタバタプロトコルのようなHIIT(ハイインシティインターバルトレーニング)の方が、短時間で終わり筋肉の分解作用も抑えられます。

ランニングマシンでたらたら走るより効果は高いでしょう。

もちろんサーキットトレーニングの組み方など指導も行ってますので、是非広いフリースペースで思いっきり動いちゃってください!

フリースペース。ここもこだわりました!

開くトラックバック(0)

フリー利用会員についてのこだわり。

パーソナルトレーニングジムという形で運営しておりますので、パーソナルトレーニングを受けている方・受けた方を優先的に利用いただけるようなシステムにしております。やはりここは譲らず、快適な利用の為にいくつかこだわっています。

1.定員制を設ける。
40名定員という形にしています。運営しながら利用状況を確認し、混雑したりパーソナルトレーニングに影響がでるようなら定員に限らず入会をストップさせます。

2.必ず安全にマナーを守りながら利用していただく。
大手に居て感じたこと。多くの会員を受け入れるとマナーが悪い。使い方が荒い。という方が出てきます。当ジムでは40名というスモールグループなので、そういった方は目立つし、こちらからすぐ声をかけます。そう、すべては気持ちよく利用していただくために。

3.会費について
当ジムの規模や設備だと、1か月使い放題で7000円〜8000円が相場になると思います。しかし、会費は8800円です。何故か?まず定員制を設けているので、少しだけ上乗せさせていただき会費収入を補う形にしています。それと会費を安くするデメリットがあります。会費安い=適当・気軽にトレーニングしちゃいます。相場より少し高い8800円を払ってでも、ROGUEの器具やトレーナーの質、治療も見てもらえるという一貫指導、混雑はいやだな。という方が来ていただければよいというスタンスです。安さ・手軽さを求めるのであれば当ジムは合わないかもしれません。

フリー利用の方にも、タイミングが合えばワンポイントアドバイスしますし、フォームが間違ってたらかならず伝えます。やはりジム、会員様、双方の質にこだわっていきます。

イメージ 1


開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事