今日もちょっとほろ酔い気分。

ピアニストあびる竜太のプログです。

今までのリーダーCDのまとめです!

イメージ 1

今まで発表したリーダーCD作品についてまとめました!!!!
レコード店、アマゾン(はリンク貼りました)等の購入方法情報は色々ありますので、
僕のホームページからもチェックお願いします。
http://www.geocities.jp/abiruryuta/home_page/Abiru_Home.html

写真左上
*Banda De Planeta<Cabaret Nacional>
(Placencia Music)
2004年10月発売
初めてキューバに行った後に一念発起して結成した初めてのリーダーバンドにして、
初めてのリーダーCDです。
色々なジャンル(ジャズ、ラテン、Jポップ等)で活動する、気の合うメンバーと結成した
二管編成のラテンジャズバンドによる全曲オリジナルのCDで、
このバンドでNHKセッション505にも出演しました。
メンバー
あびる竜太(ピアノ)
斉藤まこと(ベース)
平川象士(ドラムス)
佐藤誠(ギター)
塩川光二 (サックス)
池田雅昭(トロンボーン)
佐藤英樹(パーカッション)
香月さやか(ゲスト参加、1曲のみ)


写真真ん中上
*あびる竜太<A Circle Of Nature>
(What's New Record )
2005年8月発売
ジャズトリオ(4曲+パーカッション)アルバムで、オリジナルとスタンダード、ジャズとラテン、
僕の音楽をこの一枚に凝縮したと言っても過言ではないCDです。
2005年度スイングジャーナルディスク大賞ノミネート作品。
我ながら完成度高いと思います!
このバンドでもNHKセッション505に出演しました。
メンバー
あびる竜太(ピアノ)
橋本学(ドラムス)
高瀬 裕(ベース)
佐藤英樹(パーカッション) 4曲参加
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009XE73Y/qid%3D1124674566/sr%3D1-1/ref%3Dsr_1_8_1/250-2704982-0710608


写真右上
*ODT<ODT1>
(What's New Record )
2007年8月発売
それぞれ世代の違うメンバーが集まり、ジャズスタンダードやポップスの名曲を中心に
アレンジ&演奏した全員リーダー名義のジャズトリオアルバムです。
ちなみにODTとはオーバードリンキングトリオの略で(笑)、このメンバーとはホントにいろいろな
場所(旅仕事で温泉、名古屋万博、客船クルーズ仕事多数(徳島阿波踊り、屋久島 他)等)で演奏、
そして脱水症状になるほど(本当)呑みまくりました〜〜〜。
ここに書けない伝説もいくつか(秘)うふふ、
僕の中ではこのCDは<ジャズスタンダード集>と位置つけられる作品で、
リラックスした遊び心に溢れる楽しいアルバムになってると思います。
メンバー
あびる竜太(ピアノ)中堅(当時)
原田俊太郎(ドラムス)ベテラン(当時)
斉藤草平(ベース)若手(当時)
http://www.amazon.co.jp/O-D-T-I-O-D-T/dp/B000RY41CM/ref=ntt_mus_ep_dpi_1


写真左下
*Ryuta Abiru Latin Jazz Group<Live At Motion Blue Yokohama>
発売元 Placencia Music 
販売元 アオラコーポレーション
2011年10月発売
日本、キューバ、ブラジル人の混合ラテンジャズバンドによるモーションブルー横浜での
ライブ盤CDです。
泣いても笑ってもやり直し不可の一日のみ、Uターン禁止の男の一発録音(笑)です!
曲は全曲オリジナル(3曲北原実作)
雑誌<男の隠れ家2012 1月号>の特集
<音楽の専門家が勧める 必聴 必見 のライブ盤ジャズディスク34枚>に
選ばれ記載されました。
元バンボレオのメンバーのルドゥウィグ、ブラジル人独特(サンバ)のフィーリングを血に持つ
グスターボ、いろんな言語が飛び交う中、超個性的(いや、マジで)な野郎ども(メンバー)と
最高に楽しいライブがこのCDに凝縮されたと思います!
メンバー
あびる竜太 (Piano)

北原実  (Bass)

Ludwig Nuñez (Drums) (ルドゥウィグ ヌニェス)

佐藤英樹  (Percussion) 

Gustavo Anacleto (A/S Sax) (グスターボ アナクレート)
http://www.amazon.co.jp/dp/B005WGWSAC


写真右下
*あびる竜太<1091 The Boylston>
(What's New Record )
2012年6月発売
今年発売された一番新しいジャズトリオアルバムCDです。
<A Circle Of Nature>同様に、ジャズ、ラテン等、今まで影響を受けた音楽、
昔から録音したかったスタンダード曲と色々なタイプのオリジナルを盛り込んだ、
青春時代を過ごしたアメリカのボストンへのオマージュ的な作品で、ボストン時代からの
友人で亡くなってしまった名ドラマー、ボストンを舞台にした<探偵スペンサーシリーズ>の
作家に捧げた曲等もこのアルバムの為に書き、バークリー学生時代にコピーしたりよく聴いていて、
特に印象に残っていたスタンダード等を収録しました。
録音曲の半分は岸徹至にエレクトリックベースを弾いてもらっています。
1091 The Boylstonとはボストンで過ごした学生時代に住んでいた建物の名前で、
このアルバム発売に合わせて雑誌<Jazz Japan 23>に僕のインタビュー記事が記載されました。
メンバー
あびる竜太(ピアノ)
橋本学(ドラムス)
岸徹至(ベース)
http://www.amazon.co.jp/1091-The-Boylston-あびる竜太/dp/B007OWSCHU


まとめてみると、アルバムごとにコンセプト(編成も)が違うバラエティーにとんだ作品を発表
できたと思います。これも応援してくれるファンとお客様、レコード&ディストリビュート会社様、
そして素晴らしい仲間達のおかげでございま〜〜〜す!

色々な音楽の仕事をする(いえ、やらして頂いている)中で、
損得考えず(考えてたらまるでできない(笑))自分の音楽(作曲)を作り、
形として残せてホントよかった!
皆さんに感謝のみです!

これからもよろしくお願いします!!!!

自作は、ピアノ、ベース、コンガのトリオ またはソロピアノなんて企んでます。


.


みんなの更新記事