愛犬リサと一緒に新型インフルエンザの備え&のんびりティータイム♪

ブログを更新する時間がとれませんので,しばらくお休みします.(*^_^*)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2

 外岡先生の海外直近情報のホームページで,小樽保健所の「一般市民のための新型インフルエンザ対策ガイドライン改定第1版」がダウンロードできます.60ページもあるので,全部,読んだわけではないのですが,作成されるのはハードワークだったと思います.
 備蓄のところに,非常時のメニューが書いてあったり,あらゆる面に渡って,かなり詳しく記載されているので,とても参考になりますが,後半で,今まで,あまり語られてこなかった,防犯について詳細に書かれていたのが印象的でした.パンデミック時には,通常では考えられない事態が発生するのだということなのでしょう.




イメージ 2


一般市民のための新型インフルエンザ対策ガイドライン改定第1版
【パンデミック時に予想される犯罪とその対策】・・・より

*備蓄をしていない人が,パニックになりスーパーなどに殺到し,我先にと商品を奪い合い,障害事件,強奪,放火が起きる,集団心理で,皆がそのようなことをすれば,罪悪感がなくなる,食べるものがなく,生きるか死ぬかの状態では,人はかまってられないので,自分勝手な行動をとる.

*今の平和な時代でも,親兄弟,躊躇なく殺し合い世の中で,他人はただの障害物と思う人が増えているのだから,パンデミック時には,想像を超える犯罪が予想される.

イメージ 1*感染防御,備蓄対策,以外に犯罪被害にあわない為の心構え,知識,対策により,二次的災害を防ぐ必要がある.

*感染者の増加による働き手の減少で,警察官の数も減り,犯罪をおかしてもつかまらない世の中になる.混乱に紛れ,住宅強盗がおき,町のひったくり,車上荒らしなど,通常では考えられないことが起きる.

*外出自粛は,感染防止のためだけでなく,これらの犯罪被害にあわないためでもある.

*医師不足で,今でも検死解剖は十分行われないのが,さらにひどくなる.犯罪死も多数の病死に紛れ込んで,区別がつかなくなる.犯罪を犯してもつかまらない世の中では,犯罪はますます増える.


イメージ 2


 外岡先生の「一般市民のための新型インフルエンザ対策ガイドライン改定第1版」を読んでも,自分だけ備蓄していれば安心というのではなく,地域の人が皆同じような危機意識をもって行動できるようにならないと,大変なことになるということがよくわかります.ガイドラインの中でも,日本防犯学校の名前がありましたが,下記ホームページにも,予知防犯について,わかりやすく載っています.

日本防犯学校―パンデミック時の予知防犯(機銑后
http://www.asi-inc.co.jp/pandemic.htm


イメージ 2



 防犯と言えば,4月18日の読売新聞に,【新型インフルエンザにパニック対策委、警察庁が設置へ】という記事もありました.


 ”警察庁は、鳥インフルエンザから変異した新型インフルエンザの流行に備え、住民のパニックを防ぐための対策などを検討する委員会を近く設置することを決めた。海外から感染者が入国した際に空港や駅などが混乱するケースや、感染者がホテルに宿泊したケースなどを想定して具体的な対策を策定するほか、混乱に乗じた犯罪の防止や警察官への装備、ワクチン投与などについても協議する。”


イメージ 2
 
 

 警察が,パニック対策委員会を設置するということですが,パニックは,突然予期していなかったことが起きた場合,しかも日常生活とはかけ離れた事柄であればあるほど,パニックは大きくなります.警察の対策は十分にたてていただきたいですが,何より,パニックを防ぐ為には,1億3000万人の国民に,一日も早く正確な情報を知らせ,全ての国民が,危機意識をもつようになることが必要です.

 正確な情報を伝えずに,国民は,今までと何ら変わることなく,日々の生活を楽しむ一方で,警察だけが危機意識をもって頑張るというのでは,情報の落差がありすぎ,あまりにも効率が悪いのではないでしょうか.外岡先生の言われるように,政府のトップダウンに,自治体と住民の協力なくしては,対策は意味をなしません.しかし,危機感をもってもらうのは,少数の危機意識を持つ個人の努力では限界があります.TVの影響は良い方向にも悪い方向にも,計り知れないくらい大きいとます.

 マスコミには,ガソリンなど一つの問題に集中することなく,国の内外で起きている,危機問題について,正確な情報を伝え続けるという責任を,十分に果たしてほしいと思います.

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

Lisaさん、TBありがとうございました。丁度アキラさんもブログで、パンデミックが起きたときの社会的な混乱についての心配事を記されていました。新型インフルエンザの感染と罹患した場合の病状も心配ですが、それが全世界を被った場合にどんな状況に陥るのかということの想像力を働かせないといけないと思うのです。今ニュースでプレワクチン接種が大きく報道されていますが、あまりこの問題の関心のない人が「これで安心」と興味を失ってしまうことが恐ろしいと思います。
ちなみにウチの母はたまたま新聞で見かけた厚労省が開発している新型ワクチンの囲み記事を見て「もう安心」と、その後この問題に対する関心を失ってしまいました。
折角あれだけの資料とTV録画をみせてレクチャーしたのに・・・。

2008/4/21(月) 午後 3:59 [ BARRY ] 返信する

BARRYさま
メッセージをありがとうございます.
備蓄にワクチン,犯罪対策,これで万全ということはないようですね.

ワクチン事前接種が決まった日,新聞も夕刊の一面に,大きく載ったこともあり,「日本は対策が遅れていると言ってたけど,違ったわね」と,かえって安心された方も多いかもしれませんね.お母様に,ぜひ,「ワクチンが一般の人に回ってくるのは,数年後なので,それ以外の対策も大事ですよ.」と伝えなければ・§^。^§

人に危機意識を持ってもらうのは,難しいですね.目の前の医療制度の問題が大変で,他のことを心配する余裕はない高齢者も多いかもしれませんし,TVで報道するのが一番ですが,今回のようにマイナスにもなる場合もあるし,伝える側(政府,マスコミ)にも何らかの意図があると思うのですが,正確な情報をバランスよく伝えてほしいですね.

岡田晴恵さんが,「今パニックが起きることが大事です.そうでないと,パンデミックの時には,大変なことになります.」と言われたように,このまま,皆が安心しすぎてしまったら,ちょっと怖いかもしれませんね.

2008/4/21(月) 午後 10:11 Lisa 返信する

顔アイコン

Lisaさま
トラックバックありがとうございます。
警察のパニック対策委員会にはデマ対策も検討してほしいです。

2008/4/23(水) 午前 8:10 [ pan*em*c*lu1 ] 返信する

4OnnsbuTRAさま
いつも,貴重な情報をありがとうございます.
今,政府,マスコミが,正確な情報を伝えないと,いざとなった時に,国民の多くは何を信じていいかわからずに,デマが飛び交い,大パニックがおきるかもしれませんね.

2008/4/24(木) 午後 6:21 Lisa 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事