ここから本文です
あぶり餅大文字屋のブログ
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


いよいよ紅葉の時期となりました。たくさんのご来店ありがとうごじます。
スッタフ一同感謝です。人手不足など皆様に大変ご迷惑おかけしまして申しわけありませんでした。お客様の番号をまちがえたりとばたばたですなが〜いことおまたせしたりと・・本当にごめんなさい。
やさしいお言葉ありがたいです。
あと少しお天気もいまいちですがゆっくりと京都嵯峨の紅葉を満喫下さいね。今年は、あまりもみじがきれいではありません。残念です

この記事に

おたいまつ2

先日お伝えした、おたいまつの写真です。
燃え上がる景色は絶景です

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




この記事に

嵯峨お松明式

今週は風邪をひいてしまい倒れてしまいました、皆さんも季節の変わり目には十分に気を付けてくださいね。
さて、明日ですが前々から言っていた「おたいまつ」です。

【正式名称】嵯峨お松明式(さがおたいまつしき)
3月15日午後8時、清凉寺。釈迦の涅槃会にちなみ、行われる行事。
高さ7メートルの3本の松明に点火し、火勢の強弱でその年の農作物の豊凶を占う。また本堂前で高張提灯13基を立て、高低で米や株の相場も占う。京の三大火祭の一つ。
(他2つは「大文字五山送り火」「鞍馬の火祭」)

というわけで明日になりました、毎年この時期は天候がすぐれませんが、それでも多くの方がいらっしゃいます。
私の店でも出店を出していますのでぜひお越しください。

イメージ 1

この記事に

3月の歳時(法輪寺)

 だんだん温かくなり、最近は花粉症でくらくら、くしゃみが止まらない日々ですがみなさんのところはいかがですか。
嵯峨嵐山付近では、おたいまつを含め何かと歳時もあります。
一番近いもので一つ、「十三まいり」で有名な虚空蔵法輪寺で、芸能上達祈願祭というものがあり、芸の上達を願って祈願法要が行われます。
虚空蔵法輪寺は空海の弟子道昌が虚空蔵菩薩を安置したことから、智恵と技芸を授ける守護仏として古くから多くの人々の信仰を集めています。狂言も奉納されます。
もうそろそろ梅も見ごろ、ぜひ嵯峨嵐山へおいでください。
梅の花を観ながらあぶり餅でもいかがですか。

イメージ 1


法輪寺(ほうりんじ)は、京都市西京区にある仏教寺院。山号は智福山。宗派は真言宗五智教団に属する。虚空蔵法輪寺や嵯峨虚空蔵と通称される。
名勝嵐山の中腹に位置する。本尊の虚空蔵菩薩が、「嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)」として親しまれている。奥州会津柳津円蔵寺伊勢朝熊山(あさまやま)の金剛證寺とともに「日本三大虚空蔵」と称される。古くは、『今昔物語集』・『枕草子』・『平家物語』などにその名が見え、知恵、芸事の上達、また丑寅年生まれの守り本尊として信仰を集める。また、十三詣りや針供養・うるし祖神の寺としても著名である。さらに、境内には、電気・電波を守護する鎮守社である電電宮が祀られている.
(Wikipediaより抜粋)

芸能上達祈願祭  日時 2015年3月10日(火)13:00〜


この記事に

イメージ 1

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。京都は先週、少し吹雪きました。まだまだ寒い日がつづきますが皆様のお近くはいかがでしょうか。
今日、清凉寺の奥にある梅の花のつぼみが膨らんでいました。
まだ遠いですが少しずつ春は近づいているようですね。

梅といえば皆さんは何お思い出しますか、
「東風吹かば匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」
この歌は延喜元年(901)正月、菅原道真が政敵、藤原時平一派の讒言、策謀にはめられ九州・太宰権帥に降され、出発するときに詠んだ有名な歌です。菅原道真といえば京都では北野天満宮に祀られている方で、受験でお世話になった方も多いのでは?
では、道真がなぜ学問の神様である天神様に祀り上げられたのか。現在でも全国各地に天神様を祀る社は1万2000もあり、道真の死後、京の都では異変が続出。まず彼を死に追いやった時平が6年後に39歳の若さで死去し、気象は荒れ放題で都では旱魃や飢饉が続いた。さらに死後20年後の923年に皇太子の保明親王が亡くなったことで、誰もが道真の怨念を感じました。930年には左遷を認めた醍醐天皇までもが急死し、怨霊は「御霊」と呼ばれるようになり、恐怖が貴族たちに蔓延しました。
そこで、霊を鎮めるための御霊会が始まりました。これは次第に公のものとなり政府が主催することにもなり、天暦元年(947)には京都の北野に神殿が建てられ天満天神として奉られる。だが、時代を経るにしたがって、怨霊は人々によって別の解釈がされるようになった。菅原氏が多くの学者を輩出したこともあり、学問の神様に変化していきました。さらに、それは発展し書道や文学の神様としても崇められるようになる。神様は皮肉にも藤原氏によって作り出されたのだ。波乱の人生を歩んだ道真は、その後没落していく藤原氏とは対照的に、1000年以上の時の中を生き続け、21世紀の現代でも学問の神様として毎年受験生たちの心の支えとなっています。

まだ受験中の方もいらっしゃるのでは?春になり、終わった頃に一度、梅の花を観にいらしてください。おいしいあぶり餅をご用意しておもちしています。













この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事