全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
絵画「被災地からのメッセージ」が福島県に寄贈され、福島県庁内で寄贈式が行われました。「被災地からのメッセージ」は原発の怖さを表現した絵画に地元福島の被災者1,000人以上がメッセージを書き込み完成された前例の無い絵画です。見るたびに涙が止まらなくなる言葉では言い尽くせない大作です。2011年に描かれ、その大みそかから、翌年正月にかけて展示した郡山の神社山門前で初詣に来た被災者の中から1,000人超がメッセージを書き込んだものです。その後、日本国内各地の美術館等に展示され、見る人全てが涙したと言われた大作です。
そして、「被災地に戻し、いつか被災者の思い出に変わる日の為に福島に寄贈したい」という思いが今回叶いました。寄贈に至るまでご尽力を頂いた全ての方々に、心よりお礼を申し上げます。

"Message from the disaster area " painting was donated to the Fukushima Prefecture , the donation ceremony was held at the Fukushima prefectural government within . "Message from the disaster area " is a painting unprecedented that is writing the message is completed more than 1,000 victims of Fukushima local paintings that expressed the fear of nuclear power plant . It is a masterpiece not Itsukuse the words tears will not stop every time I see . Drawn in 2011 , from the New Year's Eve , is what 1,000 butterfly wrote the message from the victims came to the shrine at the shrine of Koriyama temple gate before you exhibited during the New Year following year . It is a masterpiece that was said then , is exhibited in the museum , such as the Japanese all over the country , people all to see and shed tears .
And , "I think to return to the affected areas , you want to donate to Fukushima for the day to change the memories of the victims someday " that came true this time . To all the people I had your efforts up to the donation , I would like to thank from the bottom of my heart .
イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(0)

「被災地からのメッセージ」

「被災地からのメッセージ」という絵を描きました。

この絵が皆様の御協力により被災地の福島県庁へ2013年10月10日の寄贈が決まりました。
展示場所は決定していませんが 展示された後には被災地の方々に勇気と力になればと思います。
 
この絵は福島県 郡山市 「開成山大神宮」 境内で2011年1230日から2012年12日まで被災された方々からのメッセージを その絵の中に書き込んでいただくことが出来ました。

遠く離れた地方では今回の大災害のことが、日にちがたつにつれてどんどん忘れていきます。この絵に書き込んだ生死をさまよった被災者の熱いメッセージが書き込まれています。 なかなか復興復旧が進まない行政への思い、願いを 被災されていない全国の皆さまに届け 復興復旧にむけて小さな声が大きな力となることを願います。
この書き込まれた一言一声には 涙せず見ることはできない 被災された方の 苦しみ、悲しみ、そして希望と感謝がかかれています。

まだまだ被災地では 家族、仕事、など生きていくすべを見いだせない不便な生活を送られている方が大勢いるということが 全国の皆さまに知っていただき少しでもお役にたてればと思い活動してきました。

被災地の皆様とお約束した「被災地からの声を伝える」を昨年1年間、いろいろなところでの展示をしてきました、大勢の皆様にこの絵を見ていただき何かを感じていただけたことと思います。
絵を展示した場所を明記させていただきます。 

2012

3
6日〜311日・・・大阪市美術館
5
11日〜513日・・・滋賀県マキノ高原<バイクイベント>
7
28日〜29日・・・名古屋市大曽根商店街<夏祭り>
8
1日〜2日・・・名古屋市北区柳原商店街<夏祭り>
8
14日〜19日・・愛知県美術館
8
28日〜92日・・名古屋市西区 ノリタケの森ギャラリー
9
4日〜99日 ・・愛知県美術館
9
22日〜923日・・岐阜県 高鷲スノーパーク<復興支援音楽イベント>
10
6日〜107日・・三重県 伊勢市 <伊勢祭り>

11
26日〜122日・・東京都 東京都美術館

昨年度から全国の皆様にお伝えしてきた「被災地からのメッセージ」の絵の最終の展示となりました。
最終は東京都港区六本木の <国立新美術館>で展示しました。
3013年1月23日<>〜2月4日<>
ご高覧ありがとうございました。

被災地の皆さまにはまだまだ復興に向けての道のりは長いと思います 全国の皆さまが心ひとつにすることが大切です。

被災地で復興に向けて直接作業に携わっている皆様 本当にごくろうさまです ご自愛ください。

「被災地からのメッセージ」の絵を展示ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

被災地の皆様にお礼と大きな力をいただけたことに感謝そして被災されていない地域の方々も何らかの応援をしていることを伝えたいと思います どうぞよろしくお願いいたします。

 お世話になりありがとうございます。

【被災地からのメッセージ】伊藤崇人 F;130号


"Message from the disaster-stricken area"

I drew a picture of "Message from the affected areas."
We were able to we write in the picture that the message from the people who were affected by the disaster until January 2, 2012 from December 30, 2011 in the precincts "Daijingu mountain Kaisei" Koriyama, Fukushima Prefecture.

Donation of October 10, 2013 was decided to Fukushima prefectural government in the affected area with the cooperation of everyone is this picture.
I think exhibition place have not been determined, but that it becomes the courage and strength to the people of the affected areas after the exhibition.

In rural areas far away that a catastrophe of this time, I will forget more and more Over dates. Hot message Victims wandering life and death written on this painting is written. I hope that little voice will be a major force toward the restoration of our national reconstruction and choose to think of administrative reconstruction restoration does not advance easily, are not affected wishes.
Word that is written in this cry of hope and gratitude of those who have suffered Written affected by the disaster can not be seen without tears, and sorrow.

I've been working I think if Tatere to help us a little that you have been a life of inconvenience in the affected areas not find the all to live family, work, still that are a lot will be happy to know our country .

And that was able to feel something you look at this picture last year, has been exhibited in many places the "tell a voice from the disaster area" that was promised and everyone in the affected areas, to everyone a lot of I think.
We will specify the location where the picture was exhibited.

In 2012
Osaka Municipal Museum of Art ... - March 11, March 06,
Makino, Shiga Kogen ... - May 13 May 11 <Bike Events>
Ozone Nagoya mall ... July 28 - 29 <Summer Festival>
Yanagihara, Kita-ku, Nagoya mall ... August 1 to 2 days <Summer Festival>
Aichi Prefectural Museum of Art ... - 19 August 14
Nishi-ku, Nagoya, Noritake Garden Gallery ... 2 days, August 28 to September
Aichi Prefectural Museum of Art ... - September 09 September 04
Takasu Snow Park in Gifu Prefecture ... - September 23, September 22 <music event reconstruction assistance>
<Festival Ise> Ise, Mie Prefecture in July to 10-day, October 6

Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo, 26 February to 12 November

And final exhibition of painting has been to convey to everyone across the country last year, "Message from the affected areas."
We exhibit in Roppongi, Minato-ku, Tokyo <National Art> is final. Please perusal please.
February 04, 3013 January 23 ~ <> Water <> Moon

It is important to think in our country that our way towards the affected areas and reconstruction is a long way to go in one mind.

Cheers for hard work on self-love is really please everyone who has been working directly towards the reconstruction in the affected areas.

I would like to thank everyone who cooperated exhibit a picture of "Message from the affected areas."

Thank you very much and I want to tell you that you have some kind of cheering people in the community that have not been affected by the disaster and was able to appreciate the power and big thanks to everyone in the affected areas.

Thank you Thank you for your help.

[Message] from the disaster area Takahito Ito

開く コメント(0)

ペットの似顔絵

エアブラシ ペットの描き方 
How to draw air brush pet


イメージ 1

ペットの似顔絵描きます。

開く コメント(0)

愛知県美術館 展覧会


愛知県美術館 G回路展
2013年 6月26日〜6月30日
愛知県美術館8F
カリブの小さな島で毎朝決まった時間に水をやる少年に出会い描きました。

是非お出かけください。
イメージ 1
 水やりの少年 100号  162cmX130cm

開く コメント(0)

Jost van dyke


イメージ 1





イメージ 2

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事