ここから本文です
目の疲れがどうやってもとれずにいましたがアサイーベリーで疲れ目が改善
鉄道会社勤務だった私は、若いころから毎日、細かい字の時刻表とにらめっこする生活を送つていました。

また、無類の本好きで、家では読書に明け暮れていました。長編の小説から百科事典まで、何度も読み返したものです。

そうした長年の目の酷使が影響したのでしょうか。ここにきて、視力の衰えを感じるようになり、日常生活にも支障が出るようになりました。

趣味のゲートボールでは、目標にする球の数字が見えにくくて困りました。そもそも、これが見えないとゲームになりません。実際、視力が落ちて続けられななった仲問もいるので、「もしかしたら私も?」と、不安になりました。

事の運転では、メガネをかけていても視界がかすむようになりました。「これではどうにも危険」と感じるほどです。

そんなとき、ミラクルフルーツと呼ばれる「アサイーベリー」を飲んでみることにしました。早速、うれしい変化がありました。ゲートボールの球の数字が、クッキリと見えてきたのです。これなら、まだまだゲートボールを楽しめます。気がかりが1つ減ってホっとしました。

続けて飲んでいると、日常生活ではメガネがほぼ不要になりました。裸眼でいるほうがむしろ快適で、メガネをかけると視界がぼやけるほどです。

目がかすんで危険を感じていた串の運転も、目がよく見えるようになったのでまったく問題なし。

次の免許更新では、メガネの条件が外せるかもしれないと期待しています。さらに、以前から患っていた緑内障も、進行が止まったようで、家族ともども大喜び。病院から点眼薬をたくさん処方されがんてもなかなか改善しなかった眼圧が、今では正常値まで下がりました。

これがアサイベリーのパワーなのかと、感心せずにはいられません。75歳の今でもゲートボールやドライブを続けられるのは本当にありがたいことです。数々の目の不調から解放してくれたアサイベリーは、これからも私のよりどころです。

この記事に

私は40歳を過ぎるとすぐに老眼になりました。もともと目が弱点という自覚があったので、あるとき、「アサイベリー」を試そうと思い立ちました。ラジオで「アサイベリーは視力にいい」と話題になつていたことも決め手になりました。実感したのは、映画を観たこくし後。目を酷使した日の翌朝は、決まって日ヤニがべっとりと出ていたのに、これがスッキリ解消。

いつも花粉の季節に悩んでいた目のかゆみまでピタツと止まって、ビックリです。以前からの悩みだった飛蚊症も、いつの問にかなくなっていました。

さらに、うれしかったのは、白内障の進行が止まっていると検査でわかったことです。そういえば、以前は強烈だった日のまぶしさが、だいぶ和らいでいると感じていました。アサイベリーに含まれる紫色のアントシアニンが、その強力な抗酸化作用で私の目を守ってくれたようです。

そう思って、今ではアサイベリーをお守りのように信頼しています。ひけつ私の視界快晴の秘訣ですから、絶対手放せません。

この記事に

3〜4年前から、手元が見えづらくなつてきました。「もう老眼かな?」と落ち込みました。
特に困ったのは、仕事中です。私はエステティシャンなのですが、永久脱毛は非常に細かい作業の連続で、1cm以下の精密さが求められます。手元がぼやけていては、仕事が正確にこなせません。

しかたなく、老眼鏡をかけ、その上から拡大鏡を装着してみましたが、2枚のレンズがズレないようにするには神経を使います。仕事が終わるころにはぐつたり。そんなときに出合ったのが「アサイベリー」でした。

うれし.いことに、飲み始めた翌日には、視界がクッキリ。続けて飲んでいれば、拡大鏡だけで毛穴までハッキリと見えるので、大助かりです。ピントも合わせられるようになり、疲れ目も軽減。老眼鏡の出番はほとんどなくなりました。

この事を独り占めするのはもったいないと思い、お客様や知人にもアサイベリーを勧めています。実際、私の周りでは「目の若返りにいい!」と評判で、多くの人に喜ばれています。

この記事に

若いころは視力が1.2で目に関して不自由を感じたことはありませんでした。その後、乱視が出てきたのが50歳ごろです。
車の運転をするときに、道路の白線が二重に見えたり、信号機がぼやけたり。夕方以降は、さらに見えづらくなるので、「これは危ないなあ」と感じていました。

そこでまず、乱視用のメガネを作ったのですが、自分の目に合うものがなかなか作れません。3回も作り替えたのに、それでも、ものがだぶって見えてしまうのです。

61歳のときには、「目が見えづらい」という義母を眼科へ連れて行った際に、私も検査を受けてみはくました。結果は「白内障」との診断でした。医師からは「おばあちゃんよりも、あなたのほうが、手術が必要です」と言われ、白内障の手術を受けました。

術後は、ものがだぶって見えることもなくなり、視界が明るくなって大満足。「こんなにキレイに見えるなら、もっと早く手術を受ければよかった」と思ったくらいです。

その4〜5年後、今度は、医師からレーザー治療を勧められました。レーザーをかけると、後発白内障(白内障の手術後に視力の低下が起こること)を治療できるそうです。
見えづらいわけではなかったのですが、医師が勧めるので、軽い気持ちで治療を受けたのです。

ところが、その2年後、レーザーをかけた左目に激しい痛みが走るようになりました。目を動かした瞬問、ガラスの破片が刺さるような痛みが出ます。もう耐えられないほどの激痛です。

実は、痛みをなんとか和らげたい一心で飲み始めたのが、「アサイーベリー」でした。
毎朝飲み続けて2〜3週間後には、1日に痛む回数が減り、「これはいい、私に効いている」と思いました。ひどいときには1日10回以上も激痛があったのですが、今では1回も痛みが出ない日もあります。

アサイベリーを飲んでいると安心です。目の痛み以外にも、アサイベリーは効いているような気がします。
車の運転も問題なし。以前は、小さな字を見るときに日を細めていましたが、今は老眼鏡なしでも、らくに見えます。今のいい状態を維持していきたいので、アサイベリーは手放せないです。

この記事に

私は、還暦を迎えたときと同時に糖尿病が発覚して以来、お酒をやめ、運動もして、節制してきました。
それでも、高血糖の時期が長期にわたったせいか、3年前には白内障を発症してしまいました。糖尿病になると、白内障の進行が10年は早くなるそうで、やむを得ず手術に踏み切りました。

すると術後、白内障の目のかすみが消えた代わりに、新たな目の不調が出現しました。目がチカチカしたり、ぼやけたりするようになってしまったのです。

どうしたものかと思案していたときに、「これだ!」とピンときたのが「アサイーベリー」でした。ものは試しに飲んでみると、その効果は噂通りでした。

独特の目の症状のチカチカがすんなり治まるとともに、ものがぼやけて見えることもいっさいなし。
アサイベリーとの出合いを転機として、白内障になる前の、クリアな視界が戻ったのです。

以来、私はアサイーベリーを肌身離さずそばに置き、常に切らすことはありません。体力も充実してきたようです。好きな畑仕事に精を出せるのも、アサイーベリーのおかげと最敬礼です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事