“すぎちゃん”のブログ

気軽に行ける山が好き!余裕を持って気持ち良く登るのがいいね!

霧氷が綺麗な金剛山

2019年2月12日(火)

この日も貴重な平日休み
家を出て暫くダイトレが見渡せるところから見れば岩湧山は見えますが金剛山は雲の中、どちらにしようか?
きっと金剛山の雲は切れて来る、いいタイミングで霧氷が見れる予感!
登り本道は好きではありませんが、自衛隊道が綺麗そう;) ;)
イメージ 1

いい雰囲気
イメージ 2

すれ違う方が「上は綺麗ですよ。」と声を掛けて下さいます。
イメージ 3

平日なので本道でも景色だけを写せる時間は多い
イメージ 4

本道と新道(自衛隊道)との分岐
イメージ 5

自衛隊道で振り返る
イメージ 6

霧氷と笹と落ち葉のコラボが美しい
イメージ 7

上向きっぱなし
イメージ 8

大きなブナ
イメージ 9

右手に妙見谷
イメージ 10

金剛山らしい霧氷
イメージ 11

近くにある贅沢な空間です。
イメージ 12

癒しの森でもあります。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

土日にはお目にかかることが出来ない旧友とも出会えて嬉しい山頂
イメージ 16

このブナが好きなんです。
イメージ 17

今日は白い化粧で魅了してくれます。
イメージ 18

青空の下、霧氷が際立ちます。
イメージ 19

下りも自衛隊道
イメージ 20

素晴らしい金剛山にありがとう!

霧氷が綺麗な金剛山
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

扇山 経由 岩湧山

2019年2月10日(日)

137回目の岩湧山、いや中学校の耐寒登山を含めると138回目。
こんなに登っているのに初ルートをチョイス出来るから面白い;) :) ;)
画像中央左側の電柱の所から取り付く。
その後、中央の尾根を中央奥の少し右のピーク扇山まで真っ直ぐに登って行きます。
イメージ 1

取り付いて直ぐに尾根に出るが昨年の台風21号による倒木で不明瞭な道が更に不明瞭となり、倒木を乗り越えて尾根を外さない様に進みます。
イメージ 2

イメージ 3

右下に滝畑ダム西岸道路が見えます。
イメージ 4

日差しが嬉しい
イメージ 5

綺麗〜☆☆☆
イメージ 6

此処からが激登り
山と高原地図では「下山向き、険路注意」とありますが個人的には登りの方が危険は少ないと感じます。
イメージ 7

イメージ 8

登り切った所は岩湧山頂から真西に伸びる平坦な稜線の西端です。
イメージ 9

GPSでは扇山山頂と重なる地点ですが、それらしきものが見当たらない。
イメージ 10

低山ですが、美しい自然林が残っています。
イメージ 11

四等三角点 基準点コードTR45135444201
扇山 762.55m
イメージ 12

GPSが示す位置より一つ東隣のピーク
そこは綺麗な松林
イメージ 13

ダイヤモンドトレール合流地点を目指そう!
イメージ 14

ダイトレ、次は岩湧山頂
イメージ 15

少しだけ雪
イメージ 16

茅場到着
イメージ 17

冬空です。
イメージ 18

白い大峰
イメージ 19

「さぁ、ダイヤモンドトレールで湖畔展望地まで戻りましょう!」
イメージ 20

初ルートの提案にありがとう!

地図上の破線でなく、尾根上を進んで扇山へ登るルートです。
スライドショー
アルバム
でご確認下さい。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

春かと思う大和葛城山

2019年2月5日(火)

昨日・今日と貴重な平日休みです。
昨日は予てから予定していた平日にしか出来ない用事で終日奔走してその片付けに夜中まで掛かってしまいました。
翌日にツケが残って遅い出発、地元の山に甘えましょう!
昨夏以来の大和葛城山をチョイス。
驚いたことに平日なのに水越峠は路上も含めてほぼ満車、「平日でも多くの方がお休みされてるんだな」と働き方の多様さを実感。

抜けるような青空
イメージ 1

杉木立に包まれた登山道がいい
イメージ 2

イメージ 3

中休み気分になれる場所
イメージ 4

残り半分の階段
イメージ 5

広がりのある景色
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

明日香
イメージ 9

ツツジ園
イメージ 10

殆ど雪解けしてしまった金剛山
イメージ 11

山頂へ
イメージ 12

足元は結構グチャグチャになってます。
イメージ 13

今日は大峰も霧氷は無さそう
イメージ 14

「さぁ、戻りましょう!」
イメージ 15

イメージ 16

春を思わせる陽気です。
イメージ 17

端正な杉木立
イメージ 18

イメージ 19

5年目の車検を前にしてMOPナビが故障、ナビの不具合ではないですがCD・DVDのピックアップに不具合を抱えてしまってます。
延長保証が役に立ちました。
月末には元に戻る予定です。
イメージ 20

貴重な平日休みと青空の大和葛城山にありがとう:) :)

今日の
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

雪の岩湧山

2019年1月27日(日)

やっと纏まった雪が降ってくれた。
午前中しか自由が利かないので岩湧山へ

岩湧寺も雪化粧
イメージ 1

イメージ 2

きゅうざかの道から登ります。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ダイヤモンドトレール合流
イメージ 8

曇天でも素敵な景色
イメージ 9

白い茅場
イメージ 10

大峰は見えない
イメージ 11

山頂
イメージ 12

今日は静か
イメージ 13

西に三国山
イメージ 14

イメージ 15

雪雲に覆われた金剛山
イメージ 16

冬空
イメージ 17

大阪平野
イメージ 18

やっと青空
イメージ 19

雪景色の岩湧山にありがとう!
イメージ 20


冬景色の岩湧山
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2019年1月14日(月)

久し振りに水越側から金剛山へ
石ブテ西谷に向け林道を登ります。
イメージ 1

不思議と温もりを感じる植林帯
イメージ 2

大堰堤、丸滝谷も長い間歩いてないわ・・・
イメージ 3

林道は荒れ放題
イメージ 4

石ブテ西谷
イメージ 5

気の向くままに新道へ
イメージ 6

振り返ると「ほんまに急登や!」
イメージ 7

800mm?悪戯みたい
イメージ 8

二日続きの青空:) :) :) :)
イメージ 9

ママリン頑張れー!
イメージ 10

中尾の背
イメージ 11

六道の辻
イメージ 12

前日の釈迦ヶ岳の積雪の少なさを考えると意外と多い金剛山の積雪
イメージ 13

何度も登頂した金剛山の大日岳へ
イメージ 14

いい雰囲気
イメージ 15

イメージ 16

大日岳
イメージ 17

山頂広場
イメージ 18

下山は青崩道から
イメージ 19

イメージ 20

結構遊べた金剛山にありがとう!

石ブテ新道
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2019年1月13日(日)

通行止めだった前鬼林道が復旧し、1年8ヶ月振りに前鬼から釈迦ヶ岳に登ることにしました。
今回が25回目の釈迦ヶ岳、前鬼からは8回目。
キツイですが、「登った感」は十分なコースです。
エルニーニョ現象の影響で昨年末より少ない積雪に唖然・・・
でも、それはそれで素晴らしい景色です。
イメージ 1

太古ノ辻
イメージ 2

四天岩
ここの雪景色を写したかったのですが、春の装い。
イメージ 3

西隣には古田ノ森
イメージ 4

青が濃い
イメージ 5

もう少し
イメージ 6

嬉しい出会いがありました。
また何処かでお会いしましょう!
イメージ 7

3色のコンビネーションがいい
イメージ 8

贅沢な山頂
イメージ 9

お釈迦様
イメージ 10

冬とは程遠い山肌ですが、最高の青空がカバーしてくれます。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

「さぁ、戻りましょう!」
イメージ 15

爽やかな景色
イメージ 16

深仙宿越しに大日岳
イメージ 17

振り返って釈迦ヶ岳
イメージ 18

未だ未踏の大日岳
イメージ 19

この景色がお気に入り
イメージ 20

嬉しい出会いと春景色の釈迦ヶ岳にありがとう!

25回目の釈迦ヶ岳
スライドショー
前編
後編
アルバム
前編
後編
をどうぞ

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

2019初金剛山

2019年1月6日(日)

9連休最終日は曇天、初金剛山と行きましょう!
登りは静かなタカハタ谷から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

尾根に出るとやっと雪
イメージ 4

ブナ林はちょっとだけ霧氷
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

山頂は展望ゼロ
イメージ 14

イメージ 15

時計台前より気楽です。
イメージ 16

イメージ 17

一瞬の日差し
イメージ 18

イメージ 19

一昨日はある所へ20年ぶりにお参りに行きました。
天気予報以上の快晴で気の向くままに走っているとこんな景色が飛び込んで来ました。
何処の山が見えてるのでしょう?
左は日本100名山、右は日本300名山です。
イメージ 20

2018〜2019年末年始休暇にありがとう!

今日の
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2018年1月1日(火)

9連休ではありますが、冬型の気圧配置で快晴のタイミングは極僅かです。
幸いなことに元旦午前中は抜けるような青空:) :)
2ヶ月振りの岩湧山で2019年初山を楽しみましょう!
いきなり山頂からの大天望!!
イメージ 1

お正月だというのに茅場もまだまだ楽しめる
イメージ 2

南東には近畿の屋根、大峰山脈
イメージ 3

記録にあるだけで135回目の岩湧山
他に中学校の耐寒登山でも流谷経由で登った記憶はある
イメージ 4

最高の展望台
イメージ 5

西側の眺め
イメージ 6

北西側
イメージ 7

北北西側
イメージ 8

和泉葛城山〜三国山
イメージ 9

KIX
イメージ 10

明石海峡大橋の主塔が2本
イメージ 11

六甲山
イメージ 12

東側
イメージ 13

前日登った高見山
イメージ 14

愛する大峰、荘厳な眺め
イメージ 15

これほど通っていても初めて気付くこともあるんです。
イメージ 16

生駒山の奥に武奈ヶ岳
イメージ 17

二上山の奥に伊吹山
イメージ 18

岩橋山〜大和葛城山の奥に244km先の御嶽山
イメージ 19

澄み切った空気が遥か彼方の山々まで見渡させてくれる
イメージ 20

元日に相応しい最高の岩湧山にありがとう!!!

2019年初山歩き
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

2018年12月31日(月)

冬型の気圧配置で山間部は曇りがち
いよいよ2018年も大晦日となりました。
「山納めに何処に登ろうか?」
展望が望めないなら「氷の世界でも楽しみましょう!」
と高見山をチョイス;) ;)
お正月準備もしないといけないので最短コース、大峠⇔山頂ピストン。
イメージ 1

青色全くなし
イメージ 2

登り始めからシッカリ霧氷
イメージ 3

イメージ 4

氷の棘
イメージ 5

高角神社
イメージ 6

モノトーンの世界
イメージ 7

何も見えません
イメージ 8

下が見えないのも違う雰囲気でいいかも?
イメージ 9

展望ゼロ
イメージ 10

霧氷見物
イメージ 11

イメージ 12

標高1248.9m
イメージ 13

「さぁ、戻りましょう!」
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

やっと下が見えてきた。
イメージ 17

イメージ 18

もう少し
イメージ 19

登り始めより2台増えてました。
イメージ 20

2018年の山旅にありがとう!

2018年大晦日の高見山
スライドショー
アルバム
をどうぞ

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1



皆様にとって輝かしい一年でありますように
今年も宜しくお願い申し上げます。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事