きまぐれ日記

お立ち寄り下さいましてありがとうございます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「桑鈴ラジオ ZONBIE−LOAN」


さて後半です。


   (ジングル 2人バージョン)

桑: 改めまして、桑島法子 桑、し、シマシマン?
鈴: はい
桑: シマシマンです。
鈴: 改めまして、鈴村健一 ジレです。 
桑: (笑)なんかカッコいいんだけど・・・・。
鈴: カッコいいなぁ ジレ いいなぁ。 
桑: 今日は第1回めということで、
鈴: おーおーおー。 
桑: この番組のタイトルになっている
鈴: そうだね。
桑: 「ZONBIE−LOAN」について 
鈴: おー
桑: まあ軽くですけども
鈴: そうだよね、シマシマン
桑: 説明しないといけないよね、ジレ
鈴: おー 説明したほうがいいよね、ほんとにね。
桑: なんか ジレ ってなんか芝居がかって呼びたくなっちゃうような名前だね。
鈴: あーいいよね ジレ うん。
桑: じれったい(笑)
鈴: (爆笑) さっ、この世界観実際に とかって ちょっと待ってここはちがうなぁ
桑: (笑)原作はね
鈴: はいはい。 
桑: 読むか、テレビを見ないとわからないと
鈴: はいはい。 
桑: わかりずらいということでね
鈴: はいはいはい。
桑: 私は 喜多みちるちゃんという チルチルミチルちゃんという(笑)
鈴: はいはいはい。 
桑: 女の子なんですけど
鈴: やってますね 
桑: 高校に通っておりまして、そしたらなぜかクラスメイトに
鈴: はい
桑: なぜかってこともないね。 あの ジレが演じている赤月知佳という  
鈴: そうです。そうです。
桑: ちょっとどうなの? あの人
鈴: すげぇ ツンツン頭してる人です。 
桑: (笑)
鈴: すっげぇ ツンツンしてますよ。
桑: 性格もちょっとね
鈴: ツンツンしてる 
桑: なんかね。
鈴: そうそうそう
桑: っていう人と、橘使徒 櫻井くんが演じている
鈴: 櫻井君がやってますねぇ 
桑: 2人 超カッコいいんだけど性格悪いみたいな
鈴: そうです。 
桑: 2人がいて、まぁ2人は 手っ取り早くいうとゾンビなんですね。
鈴: (爆笑)だいぶ端折ったね。
桑: (笑)そうそうそう。
鈴: でもこれはわかる わかりますよ。「ZOMBIE−LOAN」ってタイトルですから
   彼ら2人はとりあえずゾンビなんです。 
桑: ソンビなんです。 で、なぜかゾンビっていうのは首になんか黒いリングが
鈴: そうそう。 
桑: あるらしいんですけど、普通の人には見えないんですけど、みちるちゃんには見えてしまった。
鈴: 残念見えてしまったんです。
桑: おまえ使えるな ってことでパシリとして採用されまして、本人は全然めでたい気持ちでは
   ないんですけど、なんて言うか・・・ おまえら おまえらじゃない
鈴: 引っ張りまわされてるんですね。 
桑: そう、引っ張りまわされて、なんかその ゾンビはローンを返さないと人間になれない
鈴: そうらしいんです。 
桑: 1回死んじゃったんで そのローンを返済すべくゾンビ狩りをしている知佳使徒。
鈴: そういうことです。わかったかな?(笑)
桑: そうそうそう
鈴: あーわかった? わかったって。 わかったマークがでてるから大丈夫じゃないの? 
桑: ホント? 大丈夫?
鈴: 大丈夫 大丈夫
桑: 補足することないですか?
鈴: いやあの今のでザックリとした感じは大分伝わったと思いますから
桑: はい。
鈴: まぁ あとは詳しく知りたいって方は、お近くの書店 そこらへんにある本屋さんでいいですよ。
   もしくはテレビアニメをご覧になればいいじゃない。
桑: えー 是非是非見て頂きたいよね ジレ 
鈴: そうです、 シマシマン
桑: (爆笑)なんじゃこれ
鈴: 全然慣れてへん。 

  (ジングル 鈴さん1人バージョン)

桑: えー、ここまでですね、原作についてのお話をサックリさせて頂いて、
   えー、こっからはこの番組でどんなことをしたいか。ちょっと
鈴: ラジオ的に何をやっていくか ですね?
桑: そうです、ラジオですからね、はいっていう話なんですけど、
鈴: さっきちょっと言いました、名前は募集していきたいと。  
桑: あのお互いの呼び名ってことで
鈴: そうそう 呼び名ね。これはまずやってほしい
桑: じゃ、毎回変わるっちゅうーことですかねー
鈴: これ毎回変わるの 俺 有りなんじゃねーかなと思うんですけど 実は 
桑: 今日はこんなキャラ・・・
鈴: こっそり思ってるんですよ。たとえばメールを送ってくるじゃないですか?
   「○○さんこんにちは」っていうメール大抵の人書いてくるでしょ?
   その「○○さんこんにちは」が毎回違うの。
桑: あー 人によってね。
鈴: そう、その日最初に読んだ人で決定するの
桑: そっかそっかそっか。
鈴: そんな無茶なことしてみたい! 有りかな? 
桑: うーん、いいんじゃないっすか?
鈴: すごい 全然賛同してへんやん
桑: (笑)えー、いいんじゃないですかねー、ジレさん
鈴: あーそーですか。シマシマン いいですか。 
桑: じゃーそんな感じのノリで
鈴: ノリでね。ま、そうじゃなくても名前募集も随時受付つつやっていこうっていうのも
   有りですから、どんどん送ってほしい。
   まあ、今のは例ですから、どうなっていくかぁ わかりませんからぁ、今んとこぉ 
   そんな感じですぅ。 はい。
桑: はい。あとは何? なんか王道の昭和な感じは
鈴: これはねー やりたいんですよー 
桑: 追求したいと・・・
鈴: オープニングでも言いましたけど、やっぱベタなことやっていきたいなと思うんですよ。
桑: ベタなことって何? たとえば恋愛相談とか?
鈴: そういうことですよ!! 
桑: やったことないんですか?
鈴: ないですね!
桑: そんなにいっぱいラジオ番組お持ちなのに?
鈴: も、全然相談とかのらない! まったくのらないっすよ。 
桑: そういうキャラじゃなかったの?
鈴: なかったっすね。 
桑: 今までは。
鈴: うん。
桑: それなのにのってみたくなっちゃった?
鈴: みたくない・・・(笑) 
桑: (爆笑) ダメじゃん  ムリしなくていいよ。
鈴: でもー この番組ならのってもええかなみたいなとこはありますよ、それは。 
   ただー 
桑: ムリしないで ジレ・・・。
鈴: や、なんて言うかなー こう真面目な、もう真面目ムリでしょ オープニングから俺も真面目は
   ムリやなってコイツってたぶん聞いてる人も思うんですよ。
桑: うん。 いや真面目だよ(笑)
鈴: だから、真面目じゃないかもしれない答え方をする可能性もあるよっていうことを心に秘めて
   くれるんだったら俺は相談を受けなくもない! 
桑: まあ 何でもお悩み相談でもいいし、あと受験とかの
鈴: 応援や 
桑: 応援メッセージみたいなのとかもやってみたいと・・・。
鈴: ○○さん 聞いてるでしょうか?
桑: 恥ずかしいー!!
鈴: 僕も今ほんとにがんばってるんですけど 
桑: (笑)
鈴: このあと受験 クリアすれば 必ずいい事待ってるから 大丈夫 君なら受かる!!
   「がんばれーーーーー!!!!」 とか言ってここでエコーかけるみたいな 
   そういうヤツでしょ? 
桑: あー。
鈴: ねー。そういうことですよね? 昭和テイストってね。
桑: あーなるほどね。
鈴: こんなんやるんですよ 
桑: 昭和テイスト 何で昭和なのかな?
鈴: 何ででしょうね? ま、タイトル決めた段階で昭和になったんでしょう。
桑: 桑鈴ラジオがいけなかった?
鈴: そうそう、たぶん。 
桑: あー
鈴: 何で負けたみたいなとこあるんですよ。 桑鈴っておい みたいなところがね。
   まぁ いろいろ考えられるんですけど、あのコーナー案などもありましたらどんどん送ってきて
   下さい。よろしく!

   (CM)

桑: 「桑鈴ラジオ ZOMBIE−LOAN」 エンディングのお時間です。
鈴: はい やーあっという間ですね 
桑: あっという間ですね。 ほんとにねぇ
鈴: 15分って早いっすね。 ほんとにね。
桑: 早いっすねー。
鈴: まあ こんな調子でやっていきたいんでね 
桑: はい。 ゆるい感じで
鈴: はい。  
桑: 楽しみじゃないですか、私たちは(笑)
鈴: そうですね、ほんとに この調子でがんばりましょう。
桑: みなさんも楽しんでいただけると・・・
鈴: ぜひぜひ参加して下さい。よろしくお願いします。 
   それではですね、お互いの呼び名、コーナー案 ふつおたなど などなど番組へのお便りを
   募集しておりますから。こちらでございます。
桑: メールはrzl@joqr.net (何回か繰り返し) 
   おはがきは、郵便番号105−8002 文化放送「桑鈴ラジオ ZOMBIE-LOAN」の係りまで!!
鈴: はい、というわけでございますけどねー まぁまぁまぁいろいろ来るでしょう みなさんね。
   どんどん送ってきて下さい。よろしくお願いします。 バーンと一緒に盛り上がりましょう。
   よろしく!! 以上 お相手は鈴村健一と・・・。
桑: 桑島法子でしたー。
桑鈴:本日の営業時間終了いたしました。



と まぁ、一言一句間違いなくとはいかないけれど、だいたいこんな感じです。
ところどころスタッフさんの声がきこえますけど・・・。

15分はちょっと短いですね。あっという間に終わってしまったって感じです。
でも楽しそうなのところは伝わってきたので、これでゲストが来たりしたら
どうなっちゃうんだろうって期待しちゃいます。

「桑鈴ラジオ ZONBIE−LOAN」
 昨日、いや今朝だな。26:45から第1回めの放送がありました。
土曜の深夜だし15分だし、目覚ましセットしてリアルで聞いちゃいました!!

最初だけですけど、文字に起こしてみました。
伝わるかなー・・・?

桑島、鈴村: 「桑鈴ラジオ ZONBIE−LOAN」

桑島:どーもー、桑島法子でーす。
鈴村:はーいどーもー、鈴村健一でございます。
桑: はい。今日から始まるこの番組。
鈴: (吹きだし笑)はいはい。
桑: 「桑鈴ラジオ ZONBIE−LOAN」
鈴: (笑)はい。
桑: って言うんですよ。
鈴: すごい名前やねぇ。
桑: ねぇ。私たちがつけました。(笑)
鈴: (笑)言っちゃったよ、なんかちょっと恥ずかしいから伏せといたほうがよかったのに・・・。
桑: そーすかねぇ。もーねぇ この世界 まぁ、まぁ、結構長い?
鈴: そうですねぇ。割とまぁ・・・。
桑: 長いっていっても 長いっていうか・・・
鈴: もっと長い人は山ほどいますからねぇ。
桑: なんか、長いっていうのもあれなんですけども、私たち2人が あーだ、こーだ
鈴: (笑) イヤなんかい?
桑: あーだこーだと・・・
鈴: そうです。
桑: 楽しいお話ですよ。
鈴: はい、そうですよ。
桑: しつつもですね、ま、実は あの テレビアニメ「ZONBIE−LOAN」をですね、
   援護・射撃?
鈴: ほう。 あーもう ねぇ
桑: (笑)なんかちょっと変だった! 援護射撃していく番組でございます。
鈴: こっそりね。はい。
桑: 四文字熟語がちょっとね。
鈴: そうですね。ちなみにですね、今週火曜深夜26:40からすでにテレビ朝日で
   アニメ「ZONBIE−LOAN」はもうオンエアされておるんです。
桑: なんてこと!
鈴: 見てないというあなたは僕がちょとやっつけに行きます。
桑: (笑)
鈴: 来週からでいいんで絶対見るようにして下さい。お願いします、ホントに。
桑: よろしくお願いします。
鈴: はーい。
桑: えっと、まぁそんなこんなで始まりましたけど・・・。
鈴: 始まったね。
桑: 鈴村さんとはですね まぁ いろんな番組で
鈴: はいはい。
桑: ちょこちょこと共演させて頂いておりますよねぇ。
鈴: お会いしておりますけどもねぇ、はい。
桑: ラジオという媒体では 前に あまり名前は・・・
鈴: いや大丈夫じゃないですか? なんかちょっとロボットが戦ったりしてたヤツのラジオでねぇ。
桑: はいはい
鈴: 会いましたけどね。
桑: ねぇ。やりました。
鈴: なんか機動なんとかみたいな
桑: なんとかみたいな(笑)
鈴: やりましたけどねぇ。
桑: やって以来?
鈴: そうですわー。
桑: うぉー
鈴: だから3回目? あんとき2回ゲストというか あのぉ パーソナリティーで来てもらったから
   今日は3回目ですわ、たぶん。
桑: おー
鈴: すごいねぇ、どうなるんでしょうねぇ?
桑: (笑)っていうことな訳ですけども
鈴: はいはいはい。
桑: まぁ なんていうんですか? 呼び名?
鈴: あっ 呼び名ね  いいですよ、これ。 
桑: え、何?(笑)
鈴: 呼び名 これねぇ ベタなラジオやりたかったんですよ。
   僕ね、仕事の4割ぐらいラジオなんですよ。めっちゃラジオやってるんですよ。
桑: (笑)おー
鈴: その中でも そのベタなラジオみたいなのないんですよ。 
桑: 巻き舌入ってましたね。
鈴: まずほら、呼び名考えようよ みたいなとこから始まりーの、なんかネタコーナーやりーの、
   みたいなラジオっていうんですか?
桑: 誰?(笑)
鈴: そういうの? ちょっとやっときたい! みたいなとこあるんです。
   個人的な見解でいえば・・・!
桑: おー(笑)うんうん(笑)
鈴: なんで 呼び名を考えましょうと思うんですけど 
桑: うんうん
鈴: ま、とりあえずリスナーから何て呼べばいいかを募集はしたいんですけど、
桑: あっ、それぞれね。
鈴: そうそうそう。 暫定的で我々で今日なんとなく 考えましょう。
桑: 考えましょっか?
鈴: はい。 
桑: どっち路線がいいですか?
鈴: えっとねぇ・・・
桑: あんま、恥ずかしくないのがいいですか?
鈴: もう、僕は恥ずかしいっていう感情を とっくに捨ててしまっているので(笑) 
桑: ほー!
鈴: なんでもいいですよ。
桑: 何でもですか?
鈴: 放送に耐えられるものであれば もうなんでも・・・。
桑: (笑)なんでもー
鈴: 全然OKですよ! 
桑: なんでもいいですか?
鈴: そうだなー 思い通りにまず こう 第一印象でパッと言い合いましょうか?
桑: えっ?
鈴: 何か僕を見て思うこと。 
桑: あっ あたしがー 決めるの?
鈴: 決めていいですよ 僕の呼び名。
桑: (笑)何その そのゾンビみたいな動き
鈴: ソンビローンだからやってるんですけどね。 
桑: ゾンビローン ローン えー?
鈴: 何でもいいですよ、これ
桑: なにー?
鈴: 何でもいいですよ。 
桑: スズ
鈴: おっ
桑: スズ
鈴: はい。
桑: スズが入ったほうがいいですよね?
鈴: スズね あっスズね
桑: あんまり名前じゃないほうがいい?
鈴: あー いいんじゃないですか? スズね いや いいですよスズで。 
桑: 桑鈴ラジオ だから王道でいったらスズ
鈴: なんかカンペ出てるから
桑: 何? チョッキさん?
鈴: うん、差し込んできたから(笑) 
桑: チョッキさん? スズチョッキ? 呼びにくい!!
鈴: (爆笑) 今日だけやで。 しかもチョッキって!
桑: (爆笑)
鈴: チョッキって言い方ないよ、これ。 
桑: あの昭和・・・
鈴: あっ 昭和やからね。
桑: なんかね昭和のラジオをなんかやりたいんでしょ?
鈴: そうそうそう。
桑: (爆笑)
鈴: チョッキじゃないですか。 ま、チョッキなんですけど
桑: チョッキっていうかな?
鈴: これいろんな言い方あって、ベストとかいうでしょ?
桑: うんうん
鈴: 俺、最近知ったんですよ。
桑: なにを?
鈴: 服屋さん行って、そのベスト買ったんです。 
桑: はいはいはい。
鈴: で、あの 服屋さんがこのベストいいですね って話してたら、
   鈴村さん何を言ってるんですか? と。
   今ベストなんて言いませんよ と言うんです。  
   じゃ、チョッキですか? 
   チョッキ? は? みたいなこというんですよ。 
   何ですか? ジレって言いますって言うんです。
桑: え? 知らない! 何それ?
鈴: フランス語でジレって言う。
桑: フランス語? そんな使うかー!
鈴: って言うてたら、お客さんとか来て あっ このジレいいですねみたいに言いよるんです、奴らは。
桑: (笑)どんな店ー?
鈴: もう完全にジレで定着してるんですよ。世の中は・・・。 
桑: えー!
鈴: ジレ
桑: ジレ じゃあ
鈴: あー じゃジレ
桑: ジレ
鈴: あー じゃ 今日俺ジレで行きましょうね。はい、じゃ俺 何しようかな?
桑: あたし今日は何かな?(笑)
鈴: えっとー 何しよっかなー (笑)えっとー 全然おもいつけへんなー 
桑: 見たまんま 見たまんまの服ですけどね
鈴: 見たまんま ねー たらそれを言うたら 普通に言えばボーダーさんてことになるんでしょう? 
桑: 私ねー ボーダー好きなの!(笑)
鈴: 僕もよく言われるんですよ。
桑: えっ、そうなの?
鈴: なんかねぇ 俺 全然意識してないのに服がボーダーが多い 
桑: そう 私 しましまが多いの。
鈴: あっ じゃー
(スタッフからシマシマンとの声が・・・)
桑: ボーダー
鈴: シマシマンにしよう 
桑: シマシ マン? はい。
鈴: シマシマンにしよう。
桑: (笑)
鈴: (笑)これ オープニングだよねぇ。 めっちゃしゃべったぞ。
桑: しゃべってしまいましたね。
鈴: まーまーそんなのも有りか。
桑: はい。じゃあいってみましょうか。
鈴: はい。
桑: それじゃあ 「桑鈴ラジオZONBIE−LOAN」開店しまーす

つづきは別で・・・

電王 ちびボイス

 電王の「ちびボイス」が開発中らしい。


 開発してる人のブログを見つけたのでみてきたら、結構かわいい感じです。


 モモタロスバージョンの電王とモモタロスと
 モモ、ウラ、キン、リュウ憑依の良太郎が出てた。


 発売されたら買ってみようかな?

 

http://sukichika.net/archives/2007/07/post_69/index.php
 







 うちのパソコン“でんおう”と入力して変換すると“電脳”になる(>_<)

仮面ライダー電王 スペシャルトークショー


チケット 取れませんでした(T_T)

イープラスの先行抽選ではずれたので今日の一般発売に賭けてたのに・・・・・(>_<)


開始3分ですでに完売状態!!!

ウッソー と思って、何度も更新してみたけど、結果は変わらず×××




チケット1人15枚までって それじゃ取れないよね。

1人4枚くらいが普通じゃないの???

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事