ここから本文です
きまぐれ銀の豚***ひとりごと
温泉大好き! 飽きるまで湯巡りしよ〜っと

書庫全体表示


「にいがた酒の陣」からの翌日 のんびりチェックアウトより
万代シティ・伊勢丹を ぼーっとぶらり・・・
帰路は久しく磐越道を。 陽気もよく単調な道中に
何度睡魔に襲われたことか・・・ 完全に二日酔い状態ですね。
ここは塩化物泉で スカッと解毒が必要。
ってことで道中より立ち寄ったのは ゴチさんおススメより
新三川温泉 ホテルみかわ
イメージ 1
そのままホテルフロント券売機より湯券購入し
入館しましたが すぐ隣には併設の ”寿の湯”があったんですね〜
同じ経営ですが 日帰り専用の入口があります。
ホテルの入浴は 500円 寿の湯は 300円
聞けば源泉か同じとのことでしたので そのままホテルの湯へ。
3階展望浴場 杜の湯と滝の湯
奇数日・偶数日で男女入れ替わるそう。
この日は 女性は杜の湯
イメージ 2イメージ 3
自家源泉・かけ流し100%の温泉 と強気のアピールが やはりポイント♪
展望というほど景色はいいとはいえませんが^^
とても清潔で広く 明るく快適な浴場です。
現代的ですが 水玉タイル張りの湯舟と
 青と白のブロックタイル壁がなにげに好まれました。
イメージ 4

イメージ 5
高温と中温のかぶり湯に 同じく浴槽も分けられ 寝湯もあり。
イメージ 19
イメージ 6イメージ 7
泉質 : ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉 源泉温度 59.4℃
成分総計 3,431mg/kg 
無臭ですが うっすら鉄味も感じる しっかり塩味
肌にしっとり浸み込むようなスベスベ湯触り
無色のようですが もや〜んと黄色みがかった湯色です。
あたたまりも良く 解毒には最適な湯でした^^
イメージ 8

イメージ 9イメージ 10
イメージ 11
湯量は絞られていますが 湯はフレッシュ・・・ 
でも かけ流しというけど湯舟から溢れるかけ流しではないんですね〜
溢れないように湯量が保たれています。 でも循環でもないのです。
イメージ 12
階段をおりれば 露天風呂もあり。
イメージ 13
外気に晒されるせいか 青みがかった湯色に見えます。
はい こちらも湯舟から溢れるかけ流しではありません。
イメージ 14

イメージ 15

溢れない謎は これなんですね〜^^
溢れないように湯溜めされ 溢れる分は排湯とし
排湯熱(35℃〜40℃)を利用して 暖房や給湯に使われるシステム。
資源を有功に使い 環境にやさしく 且つ新鮮な湯に浸かれるエコ♪
これなら 強気で源泉かけ流しのアピールできますもんね^^

イメージ 16

眠気もシャキッとすれば・・・ 快調にお腹も空いてきたもので^^
寄り道 喜多方ラーメン
「来夢」
イメージ 17
喜多方の味噌ラーは やはりまろやかマイルド♪
来夢の味噌は◎  美味しくいただきましたよ♪
イメージ 18


新三川温泉 ホテル みかわ

イメージ 20
ポチッと よろしくネ♪

  • 顔アイコン

    あっこちゃん
    私がおすすめしたのは寿の湯のほうだ(笑)
    次回の宿題かなww
    またの来県をお待ちしていますww

    [ ゴチ ]

    2019/4/15(月) 午後 7:43

    返信する
  • アバター

    > ゴチさん!
    コメント遅くなり申し訳ありません。
    やっぱり!大浴場料金を払ってから気づき・・・はしご湯する気力ありませんでした(笑)掛け流し感も湯量も豊富そうですもんね。やはり源泉から近い一階なんですね♪

    [ acoron ]

    2019/4/27(土) 午後 0:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事