ここから本文です
きまぐれ銀の豚***ひとりごと
温泉大好き! 飽きるまで湯巡りしよ〜っと

書庫全体表示



ゆっくり帰路につく最終日
酒処でもある庄内・・・酒蔵散歩でもしてみましょうと^^
向かったのは 小さな酒蔵 奥羽自慢に。
イメージ 1

イメージ 2
伺えば 休日でもあり醸造所は お休み。
茅葺屋根に昔ながらの素朴な趣きに 知れば 元々は
江戸時代中期に創業された 佐藤仁左衛門酒造場。
経営不振・後継者不足により2009年を最後に酒造りを完全に停止し
蔵を続けていくのも困難になり廃業の道を辿っていたのだと。
そこで支援を申し入れたのが 酒田の楯の川酒造。
”こんなにも歴史ある蔵を失ってはいけない”と
立ち上がった楯の川酒造は 蔵人を派遣し2012年から
仕込みを再開したのでした。 そして 
たくさんの苦労を経て奥羽自慢の誕生・・・
現在は 楯の川酒造の姉妹蔵。
イメージ 3
醸すノスタルジィ・・・記念にパチリ^^
イメージ 4

そしてこのときは 先に述べた奥羽自慢さんの背景など
露知らず向かったのは酒田・・・
庄内平野に晴れ晴れとした鳥海山の麓。
イメージ 5
偶然にも導かれたのは 楯の川酒造だったのでした。
イメージ 6
精米50%以下の酒米による純米大吟醸だけ造る酒蔵です。
イメージ 7
香り高く キレもあり冴える吟醸酒は基より 
ヨーグルト酒ヨー子や子宝シリーズのリキュールなんかもメジャー級♪
 県内酒では 私もお気に入りの楯の川♪
イメージ 8
そして 愛くるしいキャラ たてにゃんでしょう^^
たてにゃんは 只今お散歩中。
イメージ 9イメージ 10
試飲ルーム・ギフトショップも併設しており
皆様たてにゃんグッズにわいわい^^
イメージ 11
そしてここで繋がり知ったのが 姉妹蔵の奥羽自慢だったのでした。
イメージ 12
試飲は 吾有事(わがうじ)
イメージ 13
”奥羽自慢”に代わる新ブランドとして 若い蔵人たちが
立ち上げ 酒質を一新させた逸品。
甘みのなかに酸味とキレもあり 爽やかな味わいでした♪
日本酒らしくない風味を醸すなか 
今ではワイン造りもチャレンジしてるんですね〜
「HOCCA Kir」ホッカ キール・・・
まだ味わえていないものだけど 県産品として是非とも
おススメ 応援したい 楯野川酒造&奥羽自慢です♪

楯の川酒造株式会社

酒処山形 酒蔵巡りも楽しめるものでして。。。
これも偏に 日本酒ナビゲーター利き酒師masumi先生のお陰です^^

その後 この近くには丁度よく アイアイ平田がありまして
濃厚なビタミン色の湯に癒され
南下する帰路 解散の地に〆は天童温泉。
スルーしがちな天童温泉・・・ 
純に源泉掛け流しの湯処があったとは知らないものでした。
そして老朽化により移転されるというではありませんか!
イメージ 14イメージ 15
老人福祉センター かまた荘
イメージ 16イメージ 17
循環・消毒はまずあるでしょうよと思われる
老人福祉施設系の温泉・・・やはり侮れない良泉があるんですねぇ。
一か八かでも巡る価値はあるのかもしれません(笑)
イメージ 18
いやはや こんなにも生粋な天童の湯を頂けるなんて♪
泉質 : ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉
源泉温度62℃ 成分総計 1,771mg/kg
フレッシュで 澄み切った湯は キリリと熱く
湯触りツルキュ ふんわり芒硝の香りも。
イメージ 19イメージ 20
塩味にヨード臭の濃厚な湯から サッパリ湯で仕上げ
そして惜別の湯としても 貴重な湯浴みでした。
2019年9月で閉館・・・ 新施設では今のように
源泉まんまのかけ流しが維持できないでしょう
とも施設の方はおっしゃっていました。
イメージ 21

もちろん〆の ”いいゆをさけぶ” も抜かりなく^^
イメージ 23

3日間お疲れさまでした〜っ!

天童市老人保養センター かまた荘
営業時間 : 9:00〜17:00  \200
山形県天童市鎌田1丁目11-23
TEL 023-654-2456

イメージ 22
ポチッと よろしくネ♪

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事