ここから本文です
きまぐれ銀の豚***ひとりごと
温泉大好き! 飽きるまで湯巡りしよ〜っと

書庫全体表示


山形の美味しい山菜が食べたい・・・
旬の節もやってきて 望む同級の友と子連れ湯治 in肘折温泉。
主役は2歳の女の子 はーちゃん♪
イメージ 1

若いお母さんではないので^^ 且つ子供の食も親好み渋いので
大人と変わりなく毎度渋い大人のコースです^^
ランチに向かったのは 山形市内

やたら漬け本舗 香味庵
イメージ 2イメージ 3
漬物の販売から食事処があり 夜は立呑み処もできたみたい。
イメージ 4イメージ 5
はい。 こちらで漬物寿司をいただきたかったんだなぁ^^
なかなか無いんですよね〜
ちょっと塩分多めのレパートリーになるけど 美味しいです。
冷たいひっぱりうどんなどもあり 熱い夏場には いいかも♪
メニューに ”水まま”・・・ この辺は 夏場にご飯に
水をかけて漬物とたべる習慣もあるようだけど・・・
私的にはちょっと謎(笑)
イメージ 6

イメージ 7
そして店舗では 漬物ビュッフェのように試食も嬉しい^^
イメージ 8

そして一気に 肘折温泉へ。
お宿は もう常宿 西本屋さん
お子をあやすには 金魚と戯れる温泉は最適かも^^
"はーちゃん このお家にはあちこち金魚いるから 探そうかぁ♪”と。
イメージ 9

お部屋は 二階の奥座敷・二間続きの角部屋を。
ご主人子連れもあって計らってくれたようです。
イメージ 10イメージ 11
夕食まで温泉街を散歩
イメージ 12
何気に この源泉公園は 何度も来ていながら未踏でした。
ボコボコと源泉がここで湧出してたんですねぇ
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 34

ようやく一湯に浸かるも まだ明るいうちからの夕食
肘折の夜は 早いのです^^  お店も18時で閉まっちゃうし。
しばし はーちゃんは 散歩中にねだられた
ままごとセットでお遊びに夢中。
イメージ 16
旬の山の幸三昧 素朴な家庭料理ですが
これがまた美味しいんです♪
イメージ 17
お子様の御膳も用意いただき・・・
キッズ向YouTubuに没頭しながらほぼ食べきったかな^^
まぁ 現代の子育てには必需品 便利になりましたよ^^
ってもう私は 孫をみている感覚(笑)
イメージ 18

イメージ 35
金魚であやし戯れ ゆっくり何度も浸かったのは金魚湯
いつもは 夜から朝 女湯は岩風呂でしたが 今宵は逆。
これも ご主人の計らいでしょうか♪
イメージ 19
岩風呂と金魚湯では 源泉が違い 混合泉の岩風呂より
単独源泉利用の金魚湯の方が濃厚
泉質 : ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
うっすら塩味と金気味 土類系の味と匂いに 浴感キュキュ
湯上りはスベスベ。 ”これぞ肘折の湯よ”と改めて満喫♪
イメージ 20
今宵の大人の時間は 私も珍しく軽めに早々の就寝に。
イメージ 21

翌朝は 肘折名物の朝市へ。
イメージ 22
どちらも売っているものは同じですが
今は 赤ミズ(ミズナ)が旬
イメージ 23イメージ 24
ゆっくりぶらりの帰路は・・・
四ヶ村棚田。 ここが展望スポットだったのか謎でしたが^^
イメージ 25

イメージ 26

帰路のランチは こちらもまた来たかったものでして
「マッシュルームスタンド舟形」
イメージ 27イメージ 28
日曜ともあって 予約を申し込みましたが
週末は オープンの11:00のみ予約が可能です。
イメージ 29
サラダにもピザにも マッシュルームかけ放題ってのが嬉しい♪
イメージ 30イメージ 31
イメージ 32イメージ 33

美味しい山形三昧 無事子連れ湯治終了^^
年増のおばさん あやす赤ちゃん言葉も 方言に
かまわず昭和的に超古く・・・完全に浮いてましたよ(爆)
まぁ 興味をそそらせるのは YouTube以外 
若いママには負けませんが(笑) 
はーちゃんも 愚図ることなく楽しんでよかったわぁ♪


イメージ 36
ポチッと よろしくネ♪

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事