のんびりチエルーム

チエルーム公式サイトこちらですよ〜!→ chieroom.com

つれづれ日記

すべて表示

終わりました!!

名古屋円頓寺レピリエでの劇場型チエルーム『或る男と三人の女』四部作一挙公演、満席のお客様に見守っていただき、無事終了いたしました!

音響の平野さんと奥様のなおさん、そしてレピリエの加藤さんにもご協力いただいて作り上げた黒で囲まれたステージ。
いつか使いたいと思って買っておいた和紙と押し花の行灯。
静寂の中の情念のようなものを思わせる舞台を作れたかと思います。

昨年までの脚本を手直しし、新しい演出を加え、曲も一部変更し、練りこんで演らせていただいた『或る男と三人の女』の集大成。
細かい反省点はまだまだあります。
正直、全てが終わった時にもうすでに「あそことあそことあそこを直したら、もっと良くなるのではないか?」というアイディアが浮かんでいました。
そしてアコーディオンと歌に対する精度や音色、歌の説得力、これについてはもっともっとやるべきことがあるなぁと。演技における声色も、発声についてもっと探究することで今より大きく変化をつけられると思うし。

『或る男と三人の女』は今回で一旦区切りをつけさせていただきますが、もっと経験値を増やして、来年くらいにもっと練りあげて再演するというのもありかなぁなんて思ったりもしています。

今回の公演は劇団関係者の方も観てくださってまして、嬉しいことにお褒めの言葉をたくさんいただきました。
演出家の方は私の座り姿の脚の角度のこだわりにも気づいてくださってまして、そこを褒めてくださいました。嬉しかった〜〜。

そして何より嬉しかったのはレピリエの加藤さんに「次回作もうちで」と言っていただけたこと。
本当に幸せです。

劇場型チエルームはまだ始まったばかり。
今後ももっと深めていきたいと思います。

ソロの普通の弾き語りライブ、そしてチエルームバンドでのライブとともに、今後ともよろしくお願いいたします!

写真はお客様が撮ってくださった「琴子」
ありがとうございます!!

イメージ 2

イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事