のんびりチエルーム

チエルーム公式サイトもありますよ〜!→ chieroom.com

つれづれ日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全304ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

北海道ー!!

札幌に来ています!

今日から3日間の北海道チエルームツアー。

札幌は今夜が札幌ジャムジカでカポウちゃん参加の滝川工務店さんと魅惑の歌謡曲ナイト。
そして明日6/3(土)は札幌のやでマルカートさんと2マン。
明後日6/4(日)は小樽のなまらやでスズエちゃんと戸川純カバーユニットのあと、チエルームソロ。

うきゃーー!もはや楽しい!!

ひとまず、同行してくれたぎんちゃんと札幌到着を祝ってサッポロclassicで乾杯して、ベンベラネットワークのスープカレー!!
ぎんちゃんはキーマ温玉ベジタブル、私はニラたっぷりの十勝餃子ベジタブル。
めっちゃ美味しかったーー!!

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

完成

イメージ 1



ついに手元に。

いっぱい並んでる、アンニュイな背中。横顔。
裏返すと、挑発的なポーズ。視線。赤い唇。
これは、だれ……?
なんかもう、自分じゃないみたいだ。

でも、これが間違いなく今のあたしだ。
このアルバムで、アルバムの中で変わりたいと思った、あたしそのものだ。

ジャケットとブックレットのデザインは全て、チエカタンの相方である日比谷カタン氏が手掛けてくれました。
今までにないチエルームの演出。コンプレックスだらけの自分では、こんな写真を撮ってもらおうなんて考えつかなかった。
見えなかったものが見えました。感謝しかない。

楽曲面でも、アルバム後半部でヒロインが「女」になっていく変化の演出に多大なる協力をしていただきました。
彼のギターがなければ、そして彼のディレクションがなければ、後半部は成り立っていなかったかもしれない。成り立っていなかったとおもう。

去年の初夏、前作のツアーファイナルを終えて次の展開を模索していたタイミングで初共演し、ユニットを組むまでに至ったことは、あたしにとってはきっと必然だったのでしょう。
ほんとにありがたいです。っていうか、まだ出会って1年しか経ってないことに驚き(笑)

そして、前作『此処彼処』に引き続き、頼りないバンマスをがっちり支えて一緒にプロデュースしてくれた田中良太氏にも、最大の賛辞と心からの感謝を。

ここ最近のあたしの急激な変化をしっかり受け止めて、時には走りすぎるあたしに静かに助言してくれながら、アレンジ面においても本当にいろんなアイディアを出してくれるだけでなく、メンバーの音をまとめるのにも尽力してくださいました。

今から言っとく。5枚目もパーカッション&ドラム、お願いします。

沼娘もチエルームも、もはや良太さんのリズムとその繊細に綿密に作り上げられた多彩な音たち抜きでは考えられない。
唄を、歌詞を、物語を、読みとき理解しながらリズムを演出してくれるありがたさ。

まだまだその素晴らしいパーカッションの調べにみあうだけのアコーディオンの演奏や唄をくりだせない自分がもどかしい。

もっと、もっと、深く繊細に綿密に、自分の唄や音と向き合っていきたいと、切実に思っています。もっと深く潜りたい。
かったんのギターや良太さんのパーカッションと、もっともっと自由に遊べる自分になりたいよ。なるよ。絶対になる。

だめだ。思いが溢れすぎて長くなりすぎる。

ダイちゃんやサムくんやユカちゃんのこともたくさん書きたい。
けど、今日のところは私と一緒にプロデュースしてくれた年長組のお二人へのコメントにとどめさせてもらって、またみんなのことは改めて。

思いが溢れすぎて困っています。

ほんとにありがとう。
このアルバムを経て、あたしはさらに変化するから。

あの日いなくなった空蝉は、きっと、過去のあたしだ。

この記事に

開く コメント(0)

7/8大阪、7/9東京のレコ発ならびにNewアルバムの
両A面なフライヤーができました!!
作ってくれた日比谷カタン氏にはもう、感謝しかない。
ほんまにありがとう。

というわけで、5月末のライブくらいから配布できると思います。

よろしくです!!

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

5/14中野オルタネィティブカフェでのライブ、御来場くださったみなさま、ありがとうございました。

ネコダ珈琲さんとは、彼女が大阪に住んでおられたときから共演の話が出てたんですが、全然タイミングがあわず、逆に東京に戻られてやっと共演がすんなり決まるというね。
そんなもんですね。人生って。

アンニュイな声でピアノを弾きながら唄うネコダちゃんを、ギター青木孝明さん、そしてベースのコーノカオルさんががっちりサポート。
かっこよかったです。

そしてチエルームは最初の4曲を安威俊輔くんのコントラバスとデュオで。
5曲目からはレコーディングにも参加してくれた日比谷カタン氏が加わってトリオで。

いろいろトラブルもありまして、お聴き苦しい点もあったかと思いますが、なんといいますか、私が次のアルバムのレコ発に向けて、進んでいこうとしているところは提示できたかなと思っています。
このアルバムを発売するにあたり、自らが自らに課したテーマに説得力を持たせることができるのは私、チエルーム本人でしかないので、7/8のレコ発までにどこまでこのテーマをライブで具現化するだけの説得力を身につけるのか、自分を試してみたいと思います。

なんか、くどくど書いてすんません。
いや、いろいろ、思うところあったので。
こうやって追い込まないとダメなんですよ、私。

次に東京に行くのはまさにレコ発。
7/9渋谷ラストワルツです。

嬉しいことに、おとといの下北沢でも昨日の中野でも、数名の方からさっそくの御予約をいただきました!

御期待以上のものをおみせできるよう、がんばりまっす!!

とりあえず、荷物ぜんぶ片付けます。
えらい荷物やで、ほんまに(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

昨夜の下北沢lete、満員のお客様に御来場いただき、感謝感激!ありがとうございました!!

小さな小さな隠れ家のようなお店。
お客様ともとても近くて、私たちは唄のマイクだけ立てて、アコーディオンやコントラバスは生の音で、建物の反響だけを活かして演奏します。

本当に、秘密の隠れ家に集まって、みなさんと濃密な時間を共有してるような、そんな気分が味わえるお店。

みなさま、濃密な時間を楽しんでいただけたでしょうか??

「バカリズムのライブが無いときにも頻繁に唄いに来て」って、leteの店長の町野さんに言っていただいたので、本当に頻繁に行こうと思います。

写真、たくさんいただきました。ほんとに素敵。

また出るので、そのときは皆様、ぜひいらしてくださいね!

さて、今日はお昼には降りしきる雨のなか、愛しのバカリズムさまと今年2度めの逢瀬をかなえたあと(訳:単独ライブに行ったあと)、夜は残念ながら彼の都合が合わなかったので(訳:チケットがとれなかったので)、鈴ん小屋でやってる日比谷カタン氏のライブに行こうかと思ってます。

で、明日はそのカタン氏も参加して、安威くんと3人で、中野オルタネィティブカフェです!
ネコダ珈琲さんもとても素敵。彼女のサポートには青木孝明さんとコーノカオルさんが参加されます。豪華だーー!

まだもう少しお席いけるのかな??
けっこういっぱいにはなってるみたい。
もう少しはいけるのかな。

ご予約はおはやめにーー。お待ちしてます!

5/14(日)「部屋と珈琲とワタシたち」
中野 オルタネイティブカフェ
altcafe.exblog.jp
開19:00 始19:30
前¥2000 当¥2500(+1D¥500)
出演:チエルーム(guest:g日比谷カタン/cb安威俊輔)/ネコダ珈琲(guest:g青木孝明/bコーノカオル)


昨夜のライブの模様です↓

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

全304ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事