Ace Chiropractic Clinicの公式ブログ

シカゴ郊外の本格カイロと日本式鍼灸のクリニックです 妊活、交通事故、スポーツ障害、腰痛や頭痛などに実績多数、是非ご相談ください

全体表示

[ リスト ]

交互浴で血流改善

冷え性の女性や、捻挫などの怪我からの回復を高める場合に効果的な自宅で出来る療法に交互浴があります。 


交互浴とは、お湯と冷水を入れた容器をそれぞれ用意して、手や足などの患部をお湯と冷水に交互に浸ける療法です。 


用意する物は、バケツなどの容器2個とタオルです。


一つの容器に摂氏40度程度のお湯を入れ、もう一方の容器には水道水(冷水)を入れます。 


先ずは、お湯の方に患部を浸け十分に温めます。 


患部が温まったら温水から出し、タオルで拭いてから今度は冷水に浸けます。 


よく患部が冷えたら冷水から出し、タオルで拭いてからもう一度温水に浸けます。 


この様に、必ず温水からスタートし、冷水、温水、冷水と3〜4回反復し、最後も必ず温水で終了して下さい。 


タオルでよく水分をふき取れば終わりです。 


足の例で言えば、まるで赤い靴下を履いているかのように、交互に浸けていた足の部分の皮膚が赤くなり、カッカと温かく感じるのが効果の確認となります。 


血液循環が促進しているのです。 


慣れてくれば、お湯の温度を43度位に上げ、また冷水には氷をいれて水温を下げる、或いはその両方を行うなど、温水と冷水の温度差があればあるほど、効果も強くなります。 


但し、やけどや凍傷には注意して加減して下さい。

 

 

イメージ 1

 



 

Ace カイロプラクティック クリニック   

Dr.松下順彦DC,LCP,DPhCS

パーマー カイロプラクティック大学顧問   

カイロプラクティック哲学専門医(DPhCS)

 

中西部・シカゴの日本人カイロプラクティック専門医

イリノイ州シカゴの日本人鍼灸師

妊活の女性27〜50歳が妊娠・出産に成功30症例超、

交通事故、スポーツ障害、腰痛・頭痛・膝痛など痛み、

肩こり、四十肩、耳鳴り、めまい等に実績多数

 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事