パリ発 ピアノ修復通信

フランス・パリのピアノ工房で、古いピアノを修復する仕事をしています。ピアノが出来上がっていく様子やパリでの生活をお伝えします。

全体表示

[ リスト ]

平行弦プレイエル調整

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1880年頃のPLEYEL 平行弦のピアノを調整しました。
柔らかい音がしていました。
ピアノ好きの家の猫が私の仕事を見に来て、可愛かったです。
 
 
ピアノ工房のホームページ: http://www.pianos.fr/jap/home.html
ピアノ工房シルヴィーのブログ: http://blogpiano.wordpress.com/

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これもまたすごく貫禄あるピアノですね。
まるでこのピアノの守り神みたいなネコも素晴らしい。 削除

2010/4/28(水) 午後 8:11 [ 綾子 ] 返信する

顔アイコン

ほんと、素晴らしい猫でした。他の時には静かにしているのに、ピアノのアクションが動き出したら、急に寄ってくるのです。彼の名は、フィガロです。明子

2010/4/29(木) 午前 5:05 [ Akiko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事