【絵本】星のゆうびんやさん ハイタツマン byアキレスケンさん

2018年5月3日から全国の書店にて発売☆ ・・・絵本の宣伝を兼ねて趣味のスポーツネタを中心に気ままに更新♪(ブログ内敬称略)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【本日の日記】
平成最後のシリーズは、4勝1敗(1分)でホークスがパ・リーグ2位からの下剋上を果たし、2年連続の日本一に輝きました。

それにしても、ホークスはシーズン中に昨年の中継ぎエース岩嵜とリリーフエースのサファテが故障で離脱したのをはじめ、シリーズ中も石川やデスパイネなど怪我人が続出、4番の内川も本調子でない中で広島を圧倒。
あらためて選手層の厚さと短期決戦の戦い方を熟知した強いチームだということを印象付けました。

得点差こそ接戦のように見える試合が多かったですが、見ていてホークス側が負けそうな感じがあまりしなかったというのが中立なファン目線での印象です。

セ・リーグのファンとしては広島に勝ってほしかったのですが、失点に繋がるミスと意固地になって盗塁死を繰り返したことにより、勝つチャンスがしぼんで行ってしまった感じがしましたね。
確かに広島は打つだけではなく足も使ってリーグ三連覇してきたというのは事実ですが、甲斐捕手がパ・リーグ最高盗塁阻止率を誇る強肩であることは事前のデータで分かっていたはずです。

広島の打者は当てる技術にも長けているわけですから、もう少しエンドランを使うなり、柔軟性のある采配に切り替えても良かったかもしれません。短期決戦では何をしてくるか分からないと相手に思わせることも大事です。

それにしても甲斐キャノン。。育成出身選手でありながら、広島の盗塁を6連続で刺し、相手のチャンスを完全に潰して日本シリーズMVPにまで輝いてしまうとは・・・打率1割台でのMVPって史上初なんじゃないだろうか?

これまで古田や城島など強肩捕手を見て来ましたが、彼らのようなレジェンド捕手と比較しても、こと盗塁阻止能力に関して言えば同等以上の感じがしますね。
なんかプロテクターを付けた本格派の右投手が、思いっきりオーバースローで剛速球投げてるような感じ(笑)。
やはり捕手に必要なのはリード含めた守りと強肩。あらためてそう認識した日本シリーズでした。

リーグ三連覇中の広島ですが、この敗戦がまた強くなる糧になるかもしれません。
盗塁するだけが足技じゃないということを痛いほど体験した今シリーズ。他の足攻をどう磨いて行くかが、来シーズン日本一を成し得るための課題だと思われます。
そして、我がDeNAベイスターズもその強い広島になんとか追いつき、追い越してもらいたいものです。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事