【絵本】星のゆうびんやさん ハイタツマン byアキレスケンさん

2018年5月3日から全国の書店にて発売☆ ・・・絵本の宣伝を兼ねて趣味のスポーツネタを中心に気ままに更新♪(ブログ内敬称略)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【本日の日記】
今年の日本シリーズがソフトバンク・ホークスの”下剋上”日本一で幕を閉じたあと、各種の表彰式も終わり、来期に向けたストーブリーグもほぼ決着の行方が見えてきましたね!

今年はセ・リーグの2年連続MVPである広島の丸と、西武の主将であり打点王を獲得した浅村、そしてオリックス投手陣の柱である西という目玉選手がFA宣言していたこともあり、激しい争奪戦が繰り広げられました。
イメージ 1イメージ 2
<石井新GMとの交渉で楽天を選んだ浅村選手と、原監督が直接交渉に出向いて巨人入りとなった丸選手>

その結果、浅村はソフトバンク・ホークスの巨額提示を断って4年20億で楽天を選び、西もホークスより条件面では劣る阪神を選びそうな雰囲気です。
そして、最大の目玉である丸は5年35億円(年俸約7億円!!)という破格の条件で巨人に移籍となりました。
いくら丸が広島に恩を抱いているとは言っても、17億と35億ではちょっと金額面で勝負になりませんでしたね。
もともと彼は関東出身で巨人ファンだったと聞きますし、この結果は致し方ないところでしょう。

しかし、広島は過去にも川口や江藤、金本に新井、黒田にマエケンと、国内外の球団に主力選手を流出させながら、暗黒時代でも地道に若手を育てて今日の黄金期を作り上げました。
どれだけ主力が抜けてもドラフト戦略と育成力でチームを再建する・・・その姿勢は尊敬に値する球団方針だと思います。
ライバルチームながら頑張ってもらいたいですし、ベイスターズも見習ってほしいところですね。

一方、巨人は丸の他にも現役メジャーのビャヌエバに元メジャーの中島、西武の元正捕手だった炭谷、そして先程、マリナーズから自由契約となっていた岩隈の獲得が発表されました。
こちらは毎年のことながら、資金力にものをいわせたえげつない補強を今年も着々と遂行しているようです(笑)。

いずれにせよ、セ・パ両リーグとも来期は戦略の均衡という意味では面白くなったと言えるでしょう。
来期も熱いペネントレースを見せてほしいですね!

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事