ここから本文です
『アコア』〜ACと摂食障がい・DV被害者の自助グループ
つながろう!アダルトチルドレン、DV、虐待サバイバー、摂食障害、依存症・・生きづらさを抱えた仲間たち 東京(駒込)福岡(西新)

書庫全体表示

イメージ 1

      

    『トラウマからの回復』〜私らしく輝くために〜
           
                ―DVを理解する―
      
       2007’WOMENS WELLNESS SEMINAR

  中島幸子 NPO法人レジリエンス代表 DVコンサルタント
        西山さつき NPO法人レジリエンス 講師・カウンセラー  

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆◆ トラウマ〜暴力が心にはる根っこ ◆◆◆


【中島】 DVは、身体的暴力、性的暴力、経済的暴力、精神的暴力の4つの種類に分けることが

できるでしょう。しかしどれをとっても根っことなっている部分は共通しています。

そこが、トラウマとなる部分です。身体的暴力でも必ず心は傷つきます。人から殴られ、蹴られて

心が傷つかない人はいない。時が経って身体の傷は消えてもその時のことを思い出すと心が痛むなら、

それはトラウマです。

 私はこの4種類の暴力をすべて経験しています。生き延びることができたのが不思議なほどの経験が

たくさんありました。今日はみなさんに☆さんの気持ちについてお話したいと思います。

※レジリエンスではサバイバー(暴力被害者)の方を「本来持つ自らの力で輝く」と
いう思いをこめて「☆(ほし)さん」と呼んでいます。
加害者はバタラー(batterer、暴力をふるう人)の頭文字から「Bさん」と呼んでいます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆◆◆ なぜ逃げられないのか〜DVがもたらす混乱 ◆◆◆


【中島】尊重を伴う親密な関係の中で、ひとたび暴力が発生すると、尊重という要素が消えてしま

います。あとに残るのは、親密な関係と暴力のある関係性です。暴力が発生した直後に抱きしめら

れるというように、親密な相手から同時に正反対のメッセージが送り込まれたら、人は混乱します。


 戦争が起きているところでは捕虜に対して、暴行をしては優しくするということを繰り返すと言わ

れます。心理学的に、人間はそれをされると精神が弱くなり支配しやすくなるということがわかって

いるからです。戦場で起きているようなことが家の中で起こっているのです。


【西山】 Bさんが怒りを爆発させているとき、☆さんはものすごくパニックになります。

その後Bさんの、「もうわかった、許してやる」という一言で、瞬時に☆さんはほっとします。

パニックから解放されるわけです。Bさんはそのように目の前で炎をあげるようなこともできる一方、

それを一瞬にして消火する力も持っている。繰り返しそういうことが起こる環境では、☆さんは自分

が安全じゃないと思い、安全なものにしがみつきたいと思うようになります。

そして、火を消せる人こそ、自分にとって安全なものというふうに思ってしまう。

それが、トラウマのある関係性の中で起こる強い結びつき(トラウマティック・ボンディング)です。

人質事件など、長いあいだ監禁されていた女の子が、どうして逃げないのかということは、このよう

に説明することもできます。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆◆ 周囲の無理解 ◆◆◆


【西山】 さちさん(中島さん)と私の経験にはいろんな違いがあります。たとえば私は結婚してい

る相手からのDVであり、さちさんはおつきあいをしている相手からのDVでした。暴力の種類も、

私は精神的なものが主で、さちさんが受けた暴力とは違っていました。


 私の場合、エピソードの一つひとつがすごく小さい。たとえば朝ご飯を食べるときに、食パンの角

がお皿からちょっと出ていたというだけで、延々と怒られる。朝から、気持ちがぺちゃんこになって

しまう。でも友達に話すと、そんなの大したことじゃないじゃないと、よく言われました。


 エレベーターに乗るときには、必ず閉まるボタンを押してから行き先階を押しなさいと言われまし

た。そのほうが何秒間か早く行き先階に着けるでしょうと言うわけです。すごく面倒くさいし私には

その何秒間か早く、、という感覚がないのでつい間違えてしまうと、ものすごく叱責されました。

お前、何度言ったらわかるんだ、とんでもないバカだと。



一つひとつのエピソードは小さいです。でも、薄い紙が積み重なっていくように、傷つきは深いとこ

ろに入ってきます。すごく息苦しく、自分がすり減っていくような、そういう感覚を感じていました。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆◆ 逃げ出した後の苦しさ ◆◆◆


【中島】私は4 年半DVの中にいて、逃げ出した直後の数週間、自分が生きているのか死んでいるの

かがわからなくなりました。生きていることを確認するために、起きているあいだずっとものを食べ

続け、胃が下がる感覚を感じては、ああ、私まだ生きているんだということを確認していました。

 Bさんと離れるということは、容易なことではありません。まるで下の見えない崖の上に立たされ

て、周りから、離れたいなら飛びなさいよ、と言われているようなものです。

自分の中でのタイミングが大切で、自分が本当に飛びたいのかという意思の確認が必要です。


 飛んだ後も、トラウマを抱えてつらいと思うときが必ず訪れます。

そんなとき、あの崖から私は飛んだのだから、自分の力と自分のタイミングで飛んだのだから、とい

う自信を持つことは重要なことです。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(次頁へ続く)

  • 顔アイコン

    私も3週間前にDV夫から自殺をはかり、警察に保護されそのまま現在に至ります。
    病院へ運ばれた時は、「1週間くらい入院できるかな。そしたら家に戻ろう」と考えていました。しかし、そのまま家を出る事になり子供たちとも離れ離れ。「いまなら謝罪すれば家に帰って子供たちとまた暮らせるのでは…」とそればかり考えていました。手助けしてくれた友人達からは「がんばれ!自立して」と言われ、頑張れない泣いてばかりの自分を責めていました。「夫も被害者だよ」とも言われ、やはり私が悪いのか…とも思いました。
    いまは、「だったら自分がその立場になってみろ!!!」との怒りが湧くようになり
    周囲の援助を受けながら、少しづつ前進しています。保護のあとの、居場所のなさ、現金、物のない状況がつらかったです 削除

    [ カナリア ]

    2016/7/26(火) 午前 8:45

    返信する
  • カナリアさん はじめましてラビアです

    逃げだす前も本当に大変だったとお察しできるし、逃げた後の混乱や不安は如何許りかと思います。
    たいへんでしたね、、

    私の自助仲間たちからも 全てを置いて逃げた後の辛かった体験を伺っています。
    居場所もない、お金も仕事もない、人間関係も捨て、下着一枚 自分のものではない衣服を着た自分。何がなんだか分からない、自分が誰だか分からなくなる先の見えない怖さ。まさに飛び降りるような恐怖、、

    仲間の1人は、高い崖だと思っていたけど飛んでみたら意外にすぐに地面に着いたと話してくれました。また別の仲間は やはり高い壁から飛んでみて 地面につくまで長い時間、苦しみや恐怖を漂っていたと話してくれました。

    ひとり一人の体験はそれぞれ違いますが、
    理解してもらえる仲間と繋がり、分かち合いができることの大切さは共通するとおもいます。

    カナリアさんの「いまは」という言葉や、前進という言葉に 勇気を頂けます。ありがとうございます。

    PTSDならぬ『PTG』〜トラウマ後の成長〜 私たちの内在する力に 光を当てていきたいですね。

    [ aco*wan* ]

    2016/7/26(火) 午後 0:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事