ここから本文です

書庫Lクラス

記事検索
検索

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

バイクで移動するにはちょうどいい季節になりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーー

・9月23日(土) 松村杯 in 北見方グランド
・9:40キックオフ vs さぎぬまSC 11:00キックオフ vs 川崎フロンターレ
・対象学年・・・6年生選抜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーー

・9月24日(日) トレーニングマッチ in 宮内小学校
・9:00〜12:00
・対象学年・・・5年生選抜
・対戦相手・・・バディ中和田


・9月24日(日) トレーニングマッチ in アディダスフットッボールパークたまプラーザ
・16:00〜18:00
・対象学年・・・6年選抜
・対戦相手・・・FC土橋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーー

・9月30日(土) 8人制大会 in 北見方グランド
・9:40キックオフ vs FCジュントス
・対象学年・・・5年生選抜

・9月30日(土) E league in 丸子橋第1グランド
・午前中
・対象学年・・・6年生選抜
・対戦相手・・・わかり次第お知らせいたします。


以上となります。

この記事に

開くトラックバック(0)

総力戦

U-12リーグも終盤を迎え、残り4節となりました・・。
台風一過で猛烈に暑くなったこの日は、U-12リーグの2試合が行われました。
さて、結果や如何に!?

【参加者】ともや けいちゃん ゆーだい ゆーな おのけん あっきー ゆーすけ ぶんじ なつみ ともみち けんちゃん げんた けいた


松村杯兼U-12リーグ後期リーグ
第6節 
vs エンジョイSC
1−4 ● おのけん

第7節
vs 津田山SC
3−0 〇 ゆーすけ×2 あっきー

台風一過ということもあり、急に気温も上がり日差し強かったため、選手たちにはハードな環境での試合となりました。
結果は1勝1敗となりましたが、この2試合ほど「気持ち、モチベーション」が大事だと感じた試合はありませんでした。
1試合目のエンジョイSCさんとは春の斎藤旗や普段のトレーニングマッチで何度もお相手していただき、どの試合も拮抗したいい試合を展開してきました。
この日も苦しい試合を予想していました。
暑い中でしたが、試合の入りも悪くなく、前半は相手の裏を突くランニングからチャンスを作ったり、守備では球際も強く迫力を感じながらサッカーをしていましたが、セットプレーや1対1での突破を許して失点を重ねてしまいました・・。
フレッシュな交代選手たちのポストプレーやクロスボールでチャンスをつかみ得点を奪いましたが・・・残念ながら敗戦・・。

もう負けられない2試合目は、縦に速くキープ力のあるFWから厚みのある攻撃を展開してくる津田山FCさんの攻撃をギリギリのところで防ぎ、クロスボールからの得点や、相手の裏を突く攻撃で得点を重ね、何とか勝利を収めました。
この試合は、初戦のハードな戦いと暑さで本当に厳しい試合となりましたが、スタートの選手や交代で入った選手たちのハードワーク、ベンチからの声援もあり本当によく戦い、勝利を収めることができました。総力戦でした。

この2試合は戦術的にとか、技術的にという観点ではなく・・。
勝利を左右したのでは「気持ち・モチベーション」のだったと思います。
勝ちたいという気持ちが強かった方に勝利の女神が微笑んだ・・。
こう感じています。

特に負けられない2戦目・・。
スタートの選手たちはギリギリの体力の中で体を張って戦い、交代出場の選手たちは限られた時間の中で本当に必死走り回って戦い、GKのけいたは出場は無かったものの、誰よりも声を張り上げチームも鼓舞しみんなを支えてくれました。
そして、保護者の皆様、応援に駆け付けてくれた選手たちのみんなの声にも支えられました。

皆で助け合って支えあって戦い、勝利した。
本当によく成長しました。

残り2試合・・・。
もうやるしかないでしょ!
勝つのは俺らだ!
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
応援ありがとう!!!

AC等々力 Lクラス担当 永元郁真

この記事に

開くトラックバック(0)

まだまだ出てこい!

台風の影響もあり、グランドコンディションが非常に不安ではありましたが、強い日差しでグランドはあっという間に乾き、普段の丸子橋の姿に戻りました。
今日は久本SCさんをご招待してトレーニングマッチを行いました。
さて、結果や如何に!?

【参加者】
イメージ 1

トレーニングマッチ
vs 久本SC
0−1 ●
0−0 ▲
3−0 〇 かいせい りょうた しょうた
0−2 ●
0−1 ●

早朝のトレーニングマッチではありましたが試合の入りは良かったと思います。
しかし、なかなか試合の主導権を握ることができませんでした・・。
一生懸命プレーはしている・・。
だけど、パスミスやコントロールミスといった小さなミスでボールを失い、失点を繰り返してしまいました。
技術的には決して低いわけではない5年生チーム・・・。
ただ、お互いのコミュニケーションができているだろうか?
スペースも見つけられるし、そこを上手にランニングもできる。
ただ、ちゃんと伝えているだろうか?
受け手と出し手のタイミングが合わずに失ってしまうシーンが多く見られました。
「パスの受け手が探す」のではなく、「パスの受け手に気付いてもらう」ように声を伝えないといけません。
今は少しそこが足りない。
もう一つは守備のシーン・・。
組織的に意図的に奪えているだろうか?
相手をどこに追い込むのか?
そのためにはコーチング。
伝えないといけない。
相手を外に追いやるように、チーム全員が味方に具体的に伝えているだろうか?
そこがなければインターセプトも、挟み込んで奪う事もできない。
正しいポジションにも立てない。
アプローチの原則もマークの原則も伝えた。
それは、個人でも組織でも「意図的」に奪えるようになるため・・・。
あとは伝えるだけ!
声で強く具体的に伝えるだけなのです。

いい選手とは攻守に渡ってハードワークができる選手だと思います。
先月は守備のトレーニングを行いました。
コーチングで意図的に奪う意識が非常に高い選手や、正しいポジショニングからのアプローチ、ステップワークから体を入れて奪えた選手。
しっかり学び、ピッチで表現できる選手が今日も現れました。
全開のFC中原戦でもそうでしたが、今の5年生はいい選手がまるで日替わりのように出てきます。
個人でポツポツといい選手が出てきています・・・。
これがもっと出てきてほしいし、これから必ず出てきます。
それらの選手が「点から線」に繋がった時に初めて大きく一歩進めるのです。
もう少し時間はかかるかもしれませんが、焦らずに僕も伝えていかないといけません。

パワーのある5年生チーム・・。
大丈夫!
今はじっくり学び、ピッチで表現し続けるのです。
近道はありません。
一歩ずつ進んでいきましょう。



〜保護者の皆様〜
本日はボールを拾っていただいたり、強風のなかゴールを支えていただいたり、片付けを手伝っていただき本当にありがとうございました。
皆様の心遣いのおかげで選手たちは安全に、スムーズにサッカーに打ち込むことができました。
ありがとうございました。

〜久本SCさんのスタッフ、保護者の皆様〜
本日はトレーニングマッチに参加していただきありがとうございました。
ピッチ作成や審判などお手伝いいただきありがとうございました。
特にピッチの作成に関しましたは多くの方のご協力もあり、素早く作成できました。
お陰様ですぐに試合を開始することができました。
ありがとうございました。
今後ともご交流のほどよろしくおねがいいたします。

AC等々力 Lクラス担当 永元郁真

この記事に

開くトラックバック(0)

【5年生】in丸子橋

こんにちはトシCOACHです。


 本日(9月18日)5年生は丸子橋第一グランドにて久本SCさんとトレーニングマッチをおこないました。


 久本SCさん、ありがとうございます。


 【メンバー】
たかし、しゅんた、ともちゃん、あゆき、けいたろう、たいち、こうすけ、くらっち、ちえみ、のぶ、せいじ

 
 【結果】
1ー1▲
得点者:たいち
0ー2●
1ー0○
得点者:たかし
0ー1●
2ー0○
得点者:たいち、たかし


土曜日の対中原FC戦


 最後はガス欠で、やられてしまいましたが本当に良い試合だった


 それを基準に、成長を試みてプレー出来るか???


 結果論で言うと、積み重ね出来てます。


 土曜日、来れなかった人も、成長を試みようと頑張っていました

 

ただ、ちょっとサボる所はありますけどね


 
 この↑サボると言うことが、やはりけ結果に繁栄されてしまう確率が高いことを皆には、肝に命じてほしい。



 トシCOACHは今回


 チームの為に


 ということをずっと発しましたが


 やはり、そこが↑大事だと思います



 チームの為に粘り強く守備をしてるか


 チームの為にゴールを目指して走っているか


 チームの為にプラスの声かけをしてるか



 後はイクマCOACHが最後に言った


 技術を、いかに成長させるかですね


 チャレンジのパス


 最後のパス


 そして何よりも大事なフィニッシュ


 中原FC戦もそうでしたが、幾ら良い突破をしても最後、決めなければ試合にも勝てないですよね



 過程は全然、悪くないし、トシCOACH班、原田COACH班


関係なく皆が各々の個性を出し成長していて、トシCOACHも見ていて楽しいです


 弱い自分にも打ち勝ち


 止まる事なく歩みましょう


 少年よ大志を抱け


  夢を力に


 頑張っていきましょう






 

この記事に

【5年生】in丸子橋

こんばんはトシCOACHです。

9月16日(土)5年生は丸子橋第3グランドにて、同じく中原区の中原FCさんに呼んでいただきトレーニングマッチをおこないました。


 中原さん、ありがとうございます。



【メンバー】
のぶアー、しゅんた、ともちゃん、ともき、けいたろう、たいち、あゆき、くらっち、せいじ


【結果】
1−1▲
得点者:けいたろう
2−0○
得点者:たいち、くらっち
0−4●


天候で危ぶまれましたが、トレーニングマッチを行えて本当に良かったですね。




 今回の試合、試合が始まるギリギリの到着だったため、今回のテーマを上手く伝えられたか心配でしたが



 ヤバかった



 なにがって



 みんなのプレーが




めちゃくちゃ良かった。



 今回のテーマを、今週トレーニングでおこなった幅を取るということ。



 どこまで、幅を取るかはCOACHによって考え方はあるけど、タッチラインを意識しライン踏むこと意識しようと伝えました。


 こんなにも、上手く出来るかは本当に未知だったけど、タッチラインを踏むことを意識し中央を広大なスペース生み出すことに成功した事で


 アンカーでプレーした、タイチは無双状態


 前が空いてれば運び出す。


 スクールで行っているという細かな技術で、サイドチェンジにも成功し見ていて本当に楽しかった。


 そのサイドチェンジに反応した、ケイタロウのランニングも素晴らしかった。



 ともチャンのワンタッチプレー・右サイドバックに入っても、ケイタロウとのコンビネーションは最高


 シュンタは持ち前の正確なパスに加えて、運ぶドリブルや・ランニングにも挑戦し
2本目のクラッチのゴールは、シュンタの運ぶドリブルから産まれましたね。


 上記にあげたクラッチのゴール


走り出すタイミング・ファーストタッチ本当に素晴らしかった。

クラッチは本当に7月に行われたFC杉田主催の招待試合から動き出しが本当に化けています。

トモキの、ACコーチ陣、誰もが認める

ネバネバDFでチームのピンチを救っていました。


 のぶアーこと、野田さん

今回は、ノイアーだけではなく、バルセロナのGKテアシュテーゲンのように高い位置・幅を取りチームのビルドアップに関わっていました。


 アユキはチームの為に全力で相手の背中を取りに行く・守備でもスライディングをしチームのピンチを救ってくれました。




セイジは、強気なプレーでチームを前進させてくれました。



 試合の合間にも言いましたが、今回のトレーニングマッチで


 本当に全員がレベルが上がったと言えます。


 だからこそ、この基準を忘れずに、浮き沈みを少なくする事が大事です。


そして最後の試合、流石に疲れ&システムを変えられたせいでツケがでちゃいましたよね。


 止める技術


 キックの技術


 footballをより詳しく知るという事



少しずつで構わないので個人が考え成長していきましょう



  夢を力に


頑張っていきましょう。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3






 


 




この記事に

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事