ここから本文です

書庫少女クラス

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

9月23日(土)、少女クラスは川崎市の松村杯の予選リーグ全3節を戦い終えました。

さて、総括です。





9月9日(土)、少女クラスは待ちに待った川崎市の松村杯の初日を戦ってきました。

松村杯、川崎市の選手にとっては等々力陸上競技場で試合ができる憧れの場所。

AC等々力マーメイド(少女クラス)にとっては、1年生から6年生までが一緒に戦える貴重な時間。
偉大なる先輩が残してくれた成績を引き継いでいかなければいけないプレッシャーもかかります。
6年生は低学年のために。
低学年は6年生の良いプレー、良いオフザピッチをしっかり受け継いでいきましょう。

さて、初日の結果は。。。




【第1節】
AC等々力マーメイド 5−0 南百合丘リリーズ

アップスペースがない中でも選手たちは工夫して行っていました。
引っ張って行ってくれた6年生、ありがとう。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 7






【第2節】
AC等々力マーメイド 4−0 野川キッカーズFCエルマーナ

この試合は、ターンオーバー制を導入し、第1節で試合に出ていない選手を中心に、5年生と4年生を中心に戦いました。

センターバックの6年生2人はもっともっと経験を、、、そして、後輩たちに良いプレーをさせてあげるために出し手として頑張ってもらいました。



イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6





9月23日(土)

【第3節】
AC等々力マーメイド vs エンジョイSCラガッツア


引き分け以上で聖地等々力陸上競技場へ進出が決定する試合。
プレッシャーのかかる試合。

しかし、選手たちの準備はしっかりとしたものでした。

2〜6年生全員で行うブラジル体操では低学年の選手たちに教えながら行う6年生。

イメージ 8



狭いエリアでのロンドでも目的を持って行いました。
ギャップを狙いつつも、難しければチームとしてボールを回しながら保持する。一瞬の隙でできたギャップを狙う。

その後の3vs2+2フリーマンでも中盤の2人の高さを意識しながら行うこと。

みんなそれぞれしっかりと目標をもって取り組むことができましたね!!


そして、試合前の最後のミーティングでも、みんなしっかりと話を聞いてくれました。

何があるかわからないのが松村杯。

歴史を繋いでいかなければならないチームにいる君たちは真剣そのものでした。

ゲームはディフェンスからリズムを掴もうと。。。

消極的な意味のディフェンスということではなく、積極的なディフェンス。
これもある意味攻撃だと思うんです!!




さて、試合の方ですが、

立ち上がりは落ち着いてはいたものの相手も積極的に攻撃にきたところ押し込まれることもありました。

が、君たちも落ち着いていました。

J 復活の予感!!

左右に流れながら前を目指してくれました。
と思いきや、ポストとしての役割も十分に果たしてくれました。

が前半6分。

みーちゃん が相手ペナルティボックス内で落ち着いてボールを保持すると、合わせやすいセンタリング。
これに、Jがドンピシャのヘディングで先制のゴール!!





イメージ 9






これで一気に勢いは君たちのものに。


J が右サイドに流れ深い位置から なゆが裏のスペースにパス。

J が右サイドをドリブルで運ぶとセンタリング。このセンタリングに2列目から相手ゴール前に一気に飛び出してきた ひいらぎが完璧に合わせて2点目。


イメージ 10




イメージ 11


そして、Jが3点目をゴールすると、最後はGKの ことねが正確で力強いパントキックをキックするとそのまま相手ゴールへ。(これも最前線で Jが追いかけてくれるから相手DFもGKもプレッシャーがかかりますね)




前半を終えて、4−0。



後半は、先週のTMであらたな進化を見せてくれた りこの右ウイング。

そして、縦横無尽に動き回りボールを受けてくれる ゆうちゃんをアンカーに。

DFに回った ひいらぎ と なゆ も 安定したディフェンスと配球でした。

あいなのセンターフォワードは落ち着いていたし、ななのウイングと中盤は常にチャンスメイクしていました。相手ゴール前でもっと落ち着いてプレーできれば追加点が取れたのではないかな。

チェルのファーストタッチは素晴らしい。
が、ボールを受ける前に周りが観れていると、そのファーストタッチはもっと生きるはずです。

ちえみももう大舞台にも動じなくなってきました!

えりんのデュエルはやっぱり強い!

4年生の しほにはもっと経験を積ませましょう!!

もちろん、なぎさ、みーちゃんは安定したプレーでチームの勝利に貢献してくれました。




AC等々力マーメイド 4−0 エンジョイSCラガッツア



そして、今大会、GKのことねは無失点でございます。
これもまた素晴らしい!!








この勝利をもって、7年前、偉大な先輩である 植木理子選手を擁して初出場初優勝してから7年連続で聖地・等々力陸上競技場へ駒を進めました。

ここまできたら、決勝戦で等々力に行きたいですね!

そのためにも常に良い準備が必要なのです!


みんなの活躍を期待しています!!







OK!
TJ


イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14






イメージ 15
(6年生のひいらぎが、2年生のくれはの爪を試合前に切ってくれてました)

こういう風景が松村杯にはあります。
1年生から6年生まで29名が全員で戦う。少女クラスの醍醐味だし、こういった何気ない思い出や、高学年のひたむきでかっこいいプレーを低学年選手は覚えていてくれてACマーメイドのバトンが繋がれていくんです。

いつまでもAC少女の歴史が続きますように・・・。





この記事に

9月2日(土)、少女クラスは関東大会が終わり、息つく間もなく、県U-12リーグ(後期)を迎えました。

前期は優勝、後期は上位リーグとして戦うこととなります。

昨年も同じで前期優勝しておきながら、後期はスタートでつまづき思うような結果が残せませんでした。

今年はどうなることか??


【第1節】
AC等々力マーメイド vs 秦野南が丘ガールズ

AC少女としては、オフザピッチからお手本にしてきたチームとの対戦。
いつも元気で自主的で本当に勉強になります。

試合の入りは悪くはなかったのですが、なかなか得点を奪うことができず、時間だけが過ぎていきました。

しかし、夏合宿、清水草サッカー大会、関東大会といくつもの大会、素晴らしいチームとの対戦により君たちには落ち着いてプレーする、我慢することを覚えてきたようです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

AC等々力マーメイド 3-0 秦野南が丘
【得点】
なゆ、みーちゃん、OG








【第2節】
AC等々力マーメイド vs SHガールズ

SHガールズさんも、何年も前から何とか無理を聞いていただき交流試合を重ねてきたチーム。
たくましくて元気があって自発的で本当にお手本にしてきたチームでした。

1試合目に勝って、何となーくふんわりしている感じで、試合の入りは大丈夫かな。と心配していました。

しかし、しっかりと気持ちを切り替えて入ることができたようです。

ボールのポゼッションは上回っていると感じられましたが、なかなか最後の崩しができませんでした。

ここはこれからの課題となります

しかし、前半7分、この試合左サイドにチェンジしたナユが、何度となく相手の背後を狙っていたのですが、トップのナギサとの息の合ったワンタッチでの落としに反応して相手GKと1vs1の場面を作り待望のゴーーーーール!!


その後は、後半も含めてチームとしてボールは持っているものの得点が奪えなく。。


AC等々力マーメイド 1ー0 SHガールズ
【得点】
ナユ



この日の君たちには褒めてあげたい!
良い意味で大人のサッカーをしていました。
勝っている時、無理をせずしっかりとボールをキープし、相手の隙を狙っていた。
これはこの夏、たくさんの拮抗した試合を乗り越えてきた証でしょう。
しかし、これからの君たちの課題(良い意味でいうとさらに強くなるためのヒント)ももらえた試合でした。


・ボールの移動中にポジションを取ること
・3人目の動き
・チェンジポジション
・コーナーキック

コーナーキックは今回は10本くらいありましたね。
さあ、これからのトレーニングでしっかりと自分たちのものにしていきましょう。


そして、一つ一つ大事に戦っていきましょう。


イメージ 13

イメージ 11

イメージ 14

イメージ 10

 
イメージ 12

イメージ 15


OK!
TJ

この記事に

8月27日(日)、少女クラスは関東大会「関東8都県少女サッカーフェスティバル」の最終日、優勝をかけた2試合を戦ってきました。

その報告になります。


初日の成績は2勝1敗。

昨年は1度も勝てなかった関東大会。
まずは1勝を。。。
と臨んだ試合でしたが、2勝。

しかし、3試合目は疲れからか、気持ちの緩みからか、敗戦。。。

3位にて最終日を迎えました。

他力ながら、まだ優勝の可能性がある限り、14名全員で戦うことを確認しました。


朝は比較的ゆっくりということで、海での散歩を終え、朝食をとり、いざ出陣!!

イメージ 1


イメージ 2





【第4節】
AC等々力マーメイド vs 韮崎SC(山梨県代表)


スタートのメンバーを全員変えるターンオーバー制を導入しました。

イメージ 3


イメージ 4


GK リナ
DF ちえみ、ゆうちゃん
MF ちえる、えりん、ことね
FW あいな、なな

GKには リナ。

ことねをフィールドプレーヤー(右サイド)に抜擢し、センターバックは ゲームを優位に進める配球係りとして ゆうちゃん、 最近は右サイドで出場の多い ちえみの2人。

MFには、ファーストタッチのスキルが高く攻撃的な ちえる と 対人に強く守備的な えりん のコンビ。

FWには、最近ぐっと力をつけてきた あいなをポストプレーヤーに。 相方にはチームに明るさをもたらせてくれ、一生懸命の なな。



みんな、気合が入るというより、とにかく試合に出れることが嬉しかったように見えました。
コーチも君たちの試合を楽しんでいる姿が見たかったと同時に、アピールしてほしかったんです。

君たちは春の市大会でも十分に戦えることを証明してきたし、5年生にとっては来年もこの関東大会で戦うために自覚と責任、そして経験を積んでほしかった。

そして、いつも君たちが言う 「ことねをフィールドプレーヤーに。。。」
こういったこと全部を叶えたかった。。。

イメージ 5


イメージ 9


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 6

さて、試合の方ですが、試合を優位に進めるも得点をなかなか奪うことができませんでした。

それでも、君たちはACのサッカーを貫ぬこうとしてくれました。

少しだけ、ハーフタイムに話したことは、中盤の選手とセンターバックの選手との距離が少し遠くなり過ぎてしまったこと。

無理ならやり直すこと。

やり直している間にポジションを取り直すこと。

こういったことでした。


修正後は、ボールもスムーズに回るようになりましたね。


ゴールも量産することができました。

イメージ 14


イメージ 12


イメージ 18


イメージ 16


イメージ 19


イメージ 15
イメージ 17


イメージ 10


イメージ 13


イメージ 11



AC等々力マーメイド 6−0 韮崎SC
【得点】
なな、なな、なな、ちえる、ジェシカ、ジェシカ


この勝利により、最終節は勝てば 優勝というところまでやってきました。

この勝利は大きいものでした。
暑い中、いつもスタートから出場しているメンバーは力を蓄えておくことができましたし、何よりもあらためて 君たちの力、現在値を確認することができました。






【最終節】
AC等々力マーメイド vs つくばFC(茨城県代表)



イメージ 20


イメージ 21



最終節は、地元茨城県のチームとの対戦となりました。

君たちは、勝てば優勝。
引き分けでは、3位。

相手は、引き分け以上で優勝でした。


何人かの選手は本当に緊張していましたね。

緊張していいんだよ。
当たり前だよね。
こういう経験をして強くなっていくんです。

しかし、あまりの緊張感が伝わってくるので、少しリラックス。。。


イメージ 24

イメージ 22

イメージ 23



とにかく、ずーーーっと言ってきたことは、試合の入り方。

そのために君たちが一番力を発揮しやすいアップはどのくらいやれば良いのかコーチも勉強したし、君たちも理解していましたね。

去年の悔しさ、まずは1勝、そして、優勝!

これを目指して県のU-12リーグも戦ってきたし、春の市大会も2チームエントリーだったし、夏合宿や、清水草サッカー大会の参加。

サッカー以外でも全部君たちがやる。

食事の大切さや休むことの大切さ。

テント(基地)の重要性。

サッカー選手であり、一人の人間。

仲間の大切さ。

本当は当たり前のことなのだけど、これが今まではできなかった。

ごめん。

できなかったというより、「やる、できる」きっかけを与えてあげれなかった。。。


しかし、この夏は少しずつやっていきました。


コーチは自信をもって、この最終節を迎えましたよ。


イメージ 25


イメージ 28


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 29


試合の入り、良かったです!!

相手にはずば抜けた力をもった選手がいましたが、君たちが主導権をもってゲームを進めることにより(ポゼッションと崩し)、相手のエースに仕事をさせる場面を作らせませんでした。

シュートも君たちが先。
シュート数も君たちが上回ってました。

イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32






そして、迎えた前半7分。



今大会、なんとなくリズムがつかめなかったように見えた ジェシカが 中盤の選手からのスルーボールにうまく反応し、前向きでボールを受けると相手DFの裏へ抜け出し、相手GKと1対1の場面。

イメージ 33



君は自分の武器を知っているはず。

長いストライドを生かしたダブルタッチで相手GKまでかわして、待望の先制ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

イメージ 34


この後は一気に盛り上がりました。



前半を終えて1−0。


ハーフタイム。

イメージ 35



イメージ 36


あと15分です。



しかし、相手チームもしっかりと修正してきました。


少しずつ、少しずつ、君たちにも疲れが見え始めると、相手のパワフルなキックとドリブル、そして、ピンポイントで飛んでくるフリーキックとコーナーキック。

これに耐えることが精神的にきつくなってくると同時に、君たちの良さである「外す、受ける」ができなくなってきました。

もちろん、受け手だけの問題ではなく、出し手にも自信が薄れてきてきたところが見受けられました。


それでも君たちは耐えてきました。


イメージ 37


イメージ 38



そして、試合を決定付けるチャンスを迎えました。

中盤の早いパス回しから、右サイドの なゆがうまく抜け出し、相手GKと1対1の場面を作り出します。

これは決まったと誰もが思ったのではないでしょうか。

しかし、相手GKも素晴らしい飛び出しと反応で なゆのシュートはブロックされました。


ここからは、相手の猛反撃でした。


それでも、GKの ことねは相手エースのシュートを神がかった反応で片手でのパンチングでブロック。
これは素晴らしかった!!

イメージ 40


イメージ 39


イメージ 41








そして、試合終了まであと2分。。。



相手のコーナーキックが、GKことねの上を越し。。。

ボールが落ちたところに相手選手が飛び込む。。。



残り2分で、1対1の同点にされました。


勝たなければ優勝はなく。。。

DFのリナとMFのひいらぎのポジションを入れ替え、遠くからでもシュートを狙える状況を作り出したかったのですが、、、

アディショナルタイムもほとんどなく、、、




1対1のまま、試合終了のホイッスル。。。





AC等々力マーメイド 1−1 つくばFC
【得点】
ジェシカ







勝てば優勝だったのですが、本当に残念でしたが、3位で大会を終えることとなりました。




しかし、君たちは頑張った!



それ以上の言葉はまだ見つかりません。



「頑張った」という言葉は、この試合だけを頑張ったのではなく、春から、、そして、夏休みに入り、自分のことは自分で。。

疲れていても自分でやる。

嫌なことも進んでやる。


そして、とにかく良い準備をする。

夜のミーティングでは自分たちで時間を決めて、しっかりと守っていきました。

これらを君たちはすべて頑張りました。



本当に君たちは 頑張ったよ!




昨年度全敗からの、今年度優勝!を目指して戦いましたが、「3位」も立派な成績だと思うし、こういった拮抗した試合を戦えたことは絶対に君たちの力になるし、まだまだ伸びしろがあるということ。



大事なのは、ここで歩みをとめるのではなく、またここから次の一歩を踏み出すこと。

現状に満足せず、さらなる高みを目指していこう!





2017年度
8都県少女サッカーフェスティバル

AC等々力マーメイド 第3位



ありがとう!!!






OK!
TJ


つづく

イメージ 42


イメージ 43


イメージ 45





イメージ 44


この記事に

8月26日(土)、少女クラスは関東大会「8都県少女サッカーフェスティバル」の初日を戦いました。

結果報告となります。



朝の散歩は海まで歩いて1分の宿舎から、海まで散歩。
そして、砂団子にてやられました。

イメージ 1



朝食後、8時10分に宿舎を出発しました。



そして、運命の第1試合。

【第1節】
AC等々力マーメイド vs 熊谷リリーズ(埼玉県代表)

イメージ 2


昨年度も対戦した相手。
昨年度は優勝した相手。

私たちは1勝もできなかったんです。

まずは1勝を!!
ということで臨んだ試合でした。



入りは悪くはなかったんです。

しかし、なかなか最後の崩しができませんでした。

むしろ、力強い相手はシュートの数では君たちを上回っていました。

イメージ 3



時間が流れ。。。

前半が終わる。。

時間が流れ。。。

後半も時間が過ぎる。。

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7


もうドローでもいいか。。。と思われた後半。

ベンチに下がっていた ジェシカが再び右サイドで登場。


やってくれましたね。

君はスペースを見つけ、自分で前に進むことが最大の武器!!

本能のままに行け!!



右サイド、角度のあまりないところから、、、

相手ゴール逆サイドネットへ強烈な一発!!!

イメージ 5


これで落ち着きを取り戻しました!





その後、ゆうちゃんがセンターバックへ。


その ゆうちゃん。


センターサークルよりやや前から。。。





ゆうちゃんの舞!の一撃!!!

ボールは相手ゴールキーパーの頭上を越えて!!!

試合を決定付けるゴーーーーーーールで勝負を決めました。


イメージ 8


初戦、ボールポゼッションでは上回りながらも苦戦した結果、関東大会初の勝利をもぎ取りました。




AC等々力マーメイド 2−0 熊谷リリーズ
【得点】
ジェシカ、ゆうちゃん









【第2節】
AC等々力マーメイド vs 足利なでしこSC(栃木県代表)

イメージ 9



足利さんも関東大会の常連チーム。同じようにU-15年代があるチームです。


初戦で勝てたことで勢いもつきました。

試合の入りも悪くはなし。


幅と深さをしっかり取りながら、コネクターの選手とのつながりの意識をもって戦いました。

前半4分。

左サイドの なぎさが先制のゴーーール!


イメージ 10



前半途中で、トップを あいなに変更。

あいなが入ることで絶妙なタメを作ったり、、、とにかく周りをうまく生かしてくれます。

調子が良かったですね。

リズムはよく前半を終えました。

しかし、前半は1点のみ。。。

やはり、最後の崩し。。。

君たちはまだこの芝に馴染んでいませんでした。

思いのほか、ボールが走りました。

最後のスルーボールで難しさを感じていましたね。


ハーフタイムはそこを中心に再度確認!!

とにかく気持ちのこもったラストパスを。。。




そして、後半。
イメージ 11

後半開始早々に、ふたたび なぎさのゴールが決まり試合を優位に。。



そして、あいなに続いて、左サイドに なな を投入。
イメージ 12

ななは とにかく一生懸命です。


一生懸命な選手には ゴールも付いてきます。

ふたたびジェシカを投入し、ジェシカのシュートが相手GKの手を弾くと、無人のゴールに ななが飛び込み、チーム3点目。


イメージ 13

あいなもこの試合で大会初ゴールを決めました。



イメージ 14


イメージ 15

その後は、チェルをトップに、 ちえみを右サイドに。 えりんをセンターバックへ。

これで全選手がピッチに立ちました!!!


イメージ 16

そして、最後は みーちゃんがゴールを決め!!!







AC等々力マーメイド 5−0 足利なでしこSC
【得点】
なぎさ、なぎさ、なな、あいな、みーちゃん








そして、この日最後の試合が待っていました。





AC等々力マーメイド vs わかみやミストラル(東京都代表)

イメージ 17


わかみやミストラルさんは、私が高校で監督をしていた時に教えた選手で元なでしこリーガーの安田有希選手の出身チームでした。

不思議な縁を感じますね。


さて、試合の方ですが、、、


はっきり言って、相手の方が勝ちたい気持ちが強かったですね。

君たちもしっかりとACのサッカーを前半はやっていましたが、前半残り30秒でプレスが甘くなったところを相手のミドルシュートで大会初失点。。。


イメージ 18


後半は、落ち着いていこうと送り出しましたが、相手のシンプルで走るサッカーにだんだんと君たちは自分たちの強みを生かすことを忘れて行ってしまいました。

君たちの武器はいくつかありますが、正直この試合の後半は中途半端なプレーが目立ちました。




相手はパワーがありました。

そういう相手に対して、どう戦うのか??


イメージ 19


それでも、後半のビッグチャンスは訪れました。

裏に飛び出した なぎさが 相手GKと1対1の状況を作り出しましたが、惜しくもシュートに力強さがなく。。。




AC等々力マーメイド 0−1 わかみやミストラル



初日を終えて、2勝1敗。。。


3位で最終日を迎えることとなりました。





しかし、他力ではありますが、まだまだ優勝が狙える位置にいました。








宿舎に戻ってからは、海にアイシングに行く選手、部屋でゆっくりする選手、さまざまでしたが、全員が自分たちで洗濯機を回し、自分たちで夕食の支度をし、ミーティングでは自分たちで翌日のスケジュールを立てていました。


本当にたくましくなったものです。


もっともっと早く、自主自立を積極的に促していれば良かったなあと、今になって良い意味で後悔するところもありました。




大会初日、昨年は1勝もできなかった君たちは2つ勝ちました。

まずは、おめでとうと言った初日でした。




つづく。。。


OK!
TJ


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22

この記事に

8月24日(金)、少女クラスは昨年度の借りを返すべく、関東大会「8都県少女サッカーフェスティバル」にやってきました。

今年は、神奈川県第1代表としてやってきました。

ピッチの状態も確認できました。

前泊してしっかり休みます。

さきほどミーティングも終わりました。

時間の管理はすべて選手たちで決めています。

22:30には完全消灯だそうです。

朝は6:30から宿舎の目の前の海に行き散歩だそうです。

7:00から朝食だそうです。

8:05に宿舎を出発するそうです。

たのもしくなってきました。

でも、まだ少しだけ廊下はうるさいです。

でも大丈夫でしょう!

選手たちの自主性を尊重して頑張ってきたいと思います。





OK!
TJ


イメージ 1
(出陣式)


イメージ 2
(綺麗な夕焼けのなか、ピッチの状態を確認の巻)


この記事に

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事