ここから本文です

書庫SLクラス

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

天気も良く、2月とは思えない暖かさになった日曜日・・。

この日はSLクラスとして最後の土日活動日になりました。

最後の活動はSLクラス大ゲーム大会!!!

10分ハーフの前半は子ども同士の試合。
後半は大人同士の試合となりました。

大人も子供もサッカーを楽しんでいる。

子どもはサッカーを必死にプレーし、得点をして喜び、勝利をして喜び、活躍して笑顔になる。
大人は子どもに負けずに選手達のプレーに驚き、成長を肌で感じて試合を観戦し拍手と歓声を送る。

会場には温かな雰囲気が流れているように感じました。

僕はこの雰囲気が小学生のサッカーに世界には大事だと思っています。

特にサッカーを始めたばかりの1年生、2年生の保護者の皆様にも同じように感じてほしいと思っています。

この日の親子サッカーで誰一人ミスに対して指摘する人はいませんでした。
いいプレーには歓声を上げ、勝利を共に喜んでいたと思います。

これでいいのです。
そして、この気持ちを忘れずに小学校年代のサッカーを満喫してください。

これから先、サッカーを続ける限り、日々の小さな壁にも、大きな壁にも選手たちはぶち当たります。
その時にミスを指摘したり、プレーの質を求めたりするのではなく、その中でもいいプレーや成長の変化を探し、声をかけてあげてください。
どんな変化でもいいのです・・。

「いつもより声が出ていた。 いつもより走っていた。 シュートが打てた。 ボールを奪えた。GKでゴールを守った。 ベンチでチームのために応援していた。 楽しくサッカーしていた。」

1年間という短い時間ではありましたが、勝利する事以外にも大切な事があって、それは身近なところから見つかられる。
という事に少しでも気付いていただけたらと思います。

2年生は新たなコーチの元、今まで通り仲間と協力してサッカーを楽しんでください!!

1年生もいままで通り元気にサッカーを楽しんでいきましょう!!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17

イメージ 20

この記事に

開くトラックバック(0)

丸子橋の2年生のトレーニングマッチの後は、大豆戸FC招待していただき、トレーニングマッチに参加してきました。

暖かくなった午後のトレーニングマッチ。
さて、結果やいかに!?

【参加者】
イメージ 4

トレーニングマッチ
vs 大豆戸FC
2−0 ○ こうた×2
1−2 ● じょるでぃ
2−2 ▲ りょうた こうた
0−2 ●
0−3 ●
2−1 ○ こうた×2
0−1 ●
3−1 〇 じょるでぃ×2 こうた

サッカーの技術、戦術の向上が選手たちを成長させるのです。
たくさんトレーニングを積み、試合で成果を発揮する。
そして、試合での課題を抽出してまだ日々のトレーニングに戻っていく・・・。

選手たちは大きく成長します。
でも、さらに成長する場面があります。

それは、拮抗した試合が行われた時です。

今回の試合がそれでした。

守備の部分は非常にハードに戦い、攻撃では積極的にゴールへ向かう。
特に攻撃の部分では、前回の宮内小学校でのトレーニングマッチで学んだ「ボールに寄らずに離れて受ける」という部分を今回のトレーニングマッチでも実践し、多くのチャンスを作り出し、ゴールを生むことができました。
しっかりと積み重ねができています。

しかも、今回はかなり拮抗した試合でこういったプレーが多く表れたのは非常に良かったと思います。

今回のトレーニングマッチでは、全試合の合計点では負けてしまいましたが、「逆転しよう!!」という強い気持ちと明確な目標の元、選手たちは試合を戦っていました。
全員が一つの目標に向かって突き進むときに生まれる力は本当に強く、選手たちのパフォーマンスに多大な影響を与えてくれます。
あと一歩のところまで追い込みましたが惜しくも敗戦してしまった。
この悔しさや、それでも積極的に攻撃してゴールを奪った達成感が選手たちの成長を飛躍的に向上させると思っています。

本当にいい試合ができました。
また次回が楽しみです。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日の暖かさはいったいどこ行ってしまったのか・・・。
早朝の丸子橋は非常に寒い。
そんな中、本日はエンジョイSCさんを招待してトレーニングマッチを行いました。
さて、結果や如何に!?

【参加者】
イメージ 3

トレーニングマッチ
vs エンジョイSC
2−1 〇 しゅんご れんすけ
0−1 ● 
4−0 ○ れんすけ×2 れいじ しゅんご
1−2 ●
3−0 〇 ゆうり×3
2−0 〇 そうた×2 れんすけ
3−1 〇 いおり×2 りゅうのすけ

朝の丸子橋は本当に寒く、選手たちはタフな環境でしたが選手たちはよく走りました。
今月のテーマはファーストタッチ・・・と言いつつも、試合ではポジショニングを求めます。
なぜなら、正しくポジションを取れれば、よりフリーでボールをうける事が出来るのです。
フリーであれば正確なファーストタッチも可能となります!!!

試合中にこのポジショニングを求めるようになって数試合が経過しました。
その成果は間違いなくプレーに現れ始めています。

味方がドリブルでボールを運んでいる時やボールを保持して顔が上がっている時に、走りながら相手DFを観て、多くの選手がボールをに寄らずに離れてポジションを取れるようになってきました。
そして、正しいポジショニングから正確なファーストタッチが出来る、いいファーストタッチは正確なパスやドリブルを生み出しました。

その結果、選手たち全員がボールに寄らずにフリーなポジションを見つけ、ピッチ内にバランスよくACの選手たちが配置され、パスやドリブルと言った複数の選択肢を常に持ちながらゴールへ進む事が出来てきています。

本日の試合でもスムーズにパスが繋がり、多くのチャンスを作る事が出来ました。

少しづつサッカーの試合にも変化がでてきました。
それでも急には上達しません。
我慢して、少しずつ向上していく姿を見守っていきましょう!!


イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

2月も中旬・・。
朝晩は相変わらず寒く、日中も雪が舞う日もありました。
しかし、本日は快晴!!
風もなくいい天気!!!
最高の環境でAC等々力招待杯 U−7大会を開催する事が出来ました。
今回は1年生チームを2チームに分けての参加となりました。
さて、結果や如何に!?

【参加チーム】
FC中原ブルー FC中原ホワイト 大谷戸SC 黒滝SC バディーSC中和田 GHU 
AC等々力①  AC等々力②

【参加者】
AC等々力①チーム
イメージ 8



優秀選手はアルト。得点王です

【参加者】
AC等々力②チーム
イメージ 1
優秀選手はゆうでした!!!
良く集中して本当によく頑張りました!!!

【結果】
AC等々力①チーム(監督・・・あべしコーチ)
予選リーグ
vs中原ブルー
1対2 (タカアキ)
vsGHU
2対2 (レオン・タカアキ)
vs黒滝SC
1対2 (アルト)

5.6位決定戦
vs中原ホワイト
10対1 (アルト×4・タクミ・オウタロウ×2
テンキ×2・ケンタ)

5位



【感想!!】
皆さんお疲れ様でした。


結果としては5位。優勝出来なかったのは悔しいですね。コーチも悔しいです。
決勝戦でACダービーが出来なかったのは残念です。
しかし、みんな頑張りました。全員で戦い、掴んだ5位だと思います。

しかし、あと一歩が足りないのかもしれません。
相手にシュートを打たせない為に、寄せる事や自分達のシュート時にボールを置く場所などなど、細かい所はたくさんあります。
こう言った細かい所を治せて行けたらまた一歩、優勝に近づくのではないでしょうか。

今はまだ他のチームに比べると5位なのかもしれませんが、5位ということは成長出来る可能性がたくさんあると言う事だと思います。
これからの練習や練習試合を頑張り、次は優勝出来るように上達して行きましょう。

決定戦の時に、応援してくれたオレンジチームのみんな、ありがとう。
みんなの応援は力になったと思います。
チームが分かれても、AC等々力の仲間であり、ライバルでもあります。
全員で応援し合い戦って行きましょう。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19










【結果】
AC等々力②チーム(監督・・・いくまコーチ)
予選リーグ
vs FC中原ホワイト
1−0 ○ ひろと

vs 大谷戸SC
0−0 ▲

vs バディーSC中和田
2−0 ○ けいた×2

決勝
vs FC中原ブルー
1−2 ● ゆうすけ
準優勝

【総括!!!】

結果は準優勝!!!
良く戦いましたが、あと一歩・・・。
本当に少しだけ届きませんでした・・。
しかし、予選から決勝まで普段のトレーニングの成果が多く表れ試合でした。
ボールを止める、蹴る、運ぶといった基本的な技術の部分と、球際の強さ、最後まであきらめない守備の部分。
そして、ボールを受けるためのポジショニングの部分。
成功もミスもあったものの、一番良かったところはこういったプレーを全員が手を抜かずにチャレンジし続けた所!!!!
この部分が選手たちのレベルを大きく引き上げ、チームに勝利をもたらすのです!
いいチャレンジが出来ていました!!!

今大会は主催大会という事もあり、選手達も自然と気合が入っていたと思います。
その気持ちがプレーに表れていたと思います。
そして、その気持ちの入ったプレー、勝利に向かって必死に戦う姿が保護者の皆様やコーチ達の心を動かし、「応援したい!!頑張って欲しい!!」という気持ちになったと思います。

いいプレーには選手と一緒になって喜ぶ。
試合中はミスもあったと思います。失点もありました。
しかし、そんな事があっても笑顔で、懸命に声を上げて選手達に声援を送る。

出場していただいた全チームがこういった姿でした。

今日のこの会場の雰囲気というか、選手、コーチ、保護者の姿が本来の「少年、少女のサッカー」であると思いました。

小学校年代のサッカーは始まったばかりですが、今日のような選手たちの姿と、皆様の温かく、心強い声援をどうか忘れずにいてほしいと思います。

最後に、準備の段階で多くの方の協力を頂きました。
ゴールの設営やピッチ作成の場面では皆様のご協力のおかげでスムーズな大会運営が出来ました。
本当にありがとうございました。

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 6
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 7


イメージ 14


イメージ 15


この記事に

開くトラックバック(0)


宮内小学校でのトレーニングを終え、お次はGHUさんにご招待していただき1年生+2年生のトレーニングマッチに参加させていただきました。

はてさて結果や如何に!?

【参加者】
イメージ 1

トレーニングマッチ
vs GHU
2年生
0−2 ●
0−0 ▲
1−0 〇 そうた
2−0 〇 とうま そうた
1−2 ● しゅんご
0−0 ▲
0−4 ●

1年生
0−0 ▲
1−1 ▲ ごめん!!聞き損ねた!
1−0 〇 てんき
0−0 ▲
2−0 〇 ひろと はやと
1−0 〇 ゆうすけ

今回は本当に多くの試合を行いました!!
試合の中で多くの課題を発見する事ができました。
そして、それを改善できるチャンスがたくさんありました。

1年生も2年生も課題は共通のものです。
それは、どこでボールを受けるのか?
といった部分・・。
今月のテーマはファーストタッチですが、そもそも相手選手の近くでボールを受けようとしても正確な技術を発揮する事は難しいです。
だからこそ、どこでボールを受けるのか?という部分を学ばないといけません。

スピードのある選手がプレッシャーの少ないポジションでボールを受ければスピードに乗ってドリブルがスタートできる。
テクニックのある選手はより正確なテクニックを発揮し、パスが得意な選手は、フリーな状態でラストパスを送る事ができるのです。

正しいポジショニングはチームにたくさんのメリットを与えてくれます。

正しいポジショニングを取るためには相手とスペースを認知しないと行動に移すことはできません。
しかし、サッカーは常に選手、ボールが縦横無尽に動き回ります。
そして、選手とボールが動けば生まれるスペースも変わるのです。
その結果、選手たちは常に走りながら観る事が必要になってきます。

頭も体もフル回転です。

SLの試合でもゴールへ向かうため、正確な技術を発揮するために有効なスペースを使う事は絶対に必要です。

1年生と2年生でプレースピードが違うのですが・・・。
両学年共に変化が出てきました。
この少しの変化の積み重ねが数か月後、数年後のプレーの質、選手のレベルを向上させてくれます。

ただ、間違えてはいけないのは・・・。
正しいポジショニングを学べても、正確な技術を習得しないといいプレーは成立しません。
今月はファーストタッチ。
技術も学びながら・・・。同時にポジショニングも学ぶ・・。

どんどん複雑のなっていきますが、選手たちがは確実に成長していきます。
これからもゆっくり、のんびり見守っていきましょう!!



AC等々力 SLクラス担当 永元郁真

この記事に

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事